ピクシブ百科事典

概要

イナズマイレブンに登場する必殺技。円堂大介が残した裏ノートに書いてある究極奥義。パンチング技。
ノートには
パッと開かず
グッと握って
ダン!
ギューン!
ドカーン!!
と書いてあり、円堂はギューンの意味が理解できずにいたが大海原中戦でたまたま発動できた。綱海によるとサーファーが波にのまれそうな時にボードから飛ばされないようにする動きらしく、を入れることがギューン!の意味だとわかった。そのためサーフィンを練習してその動きをできるようにし、正義の鉄拳を完成させた。

その力はイプシロン改ガイアブレイクを止めるほどの威力ではあるが、デザームグングニルに破られてしまった。だが、立向居の「ライオンはライオンでも子供のライオンを見ているような」という言葉で『究極奥義に完成なし』の意味を理解し、正義の鉄拳を進化させてグングニルを止めた。
その後はノーザンインパクトに破られたりしたが、立向居がGKになり、円堂がリベロとなったため、使用回数も少なくなった。

そして3期ではビッグウェイブスドルフィンメガロドンに一度は破れるが、G3へと進化させ止めることに成功した。
ネオジャパン戦でも下鶴改のグングニルV2に一度は破れるもG4に進化させ止めた。そして砂木沼のゴッドノウズ改もG5へと進化させ止めた。

ファイアードラゴン戦では途中で立向居と交代して出場。アフロディゴッドブレイクを止めるが、カオスブレイクに破れてしまった。しかし、いかりのてっついへと進化させ、カオスブレイクを止めることに成功した。

いかりのてっついを習得してからは使用していない。

関連タグ

イナズマイレブン
円堂守 円堂大介 究極奥義

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「正義の鉄拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1700

コメント