ピクシブ百科事典

ゴッドハンドW

ごっどはんどだぶる

『イナズマイレブン』シリーズに登場する必殺技。
目次[非表示]

概要

ゴッドハンドを両手で繰り出すキャッチ技。
必殺技名が明らかになったのは、劇場版『イナズマイレブンGOVSダンボール戦機W』で、ゲームに初登場したのは、イナズマイレブンGOシリーズの2作目クロノストーンだったが、初登場は初代アニメの13話で、皇帝ペンギン2号を止めるために、円堂が使用した。
劇場版『イナズマイレブンGOVSダンボール戦機W』では、松風天馬がフランの暴走を止めるために使用している。ここでは、2つの大きなゴッドハンドがフランを包み込むような演出になっていた。  

アニメイナズマイレブン

フットボールフロンティア地区大会決勝戦で円堂守が使用。
右手で出したゴッドハンドでボールを受け、左手からもゴッドハンドを繰り出すことで、さらに大きなゴッドハンドを作り出し、シュートを受け止める。
フットボールフロンティア全国大会決勝戦では武方三兄弟トライアングルZに押されそうになるが、壁大と栗松のサポートにより、トリプルディフェンスへと発展させる。

ゲームイナズマイレブンシリーズ

イナズマイレブン2では、イナズマ1号落としジャンピングサンダーメガネクラッシュトライペガサスツインブーストF等の必殺技がアニメから逆輸入されたが、何故かゴッドハンドWは実装されなかった。代わりにと言っては何だが、前述したアニメでのトリプルディフェンスをモデルにしたと思われる、3人でゴッドハンドを繰り出すゴッドハンドトリプルが実装されている。

劇場版『イナズマイレブンGOVSダンボール戦機W』

クライマックスで、暴走を始めたフランを止めるために、松風天馬が使用。
円堂の使用していたものとはモーションが違い、両手で出した2つのゴッドハンドで包みこむようなモーションとなっている。必殺技名と共に技が繰り出されたのは、シリーズを通して、この時が初である。

ゲームイナズマイレブンGOシリーズ

イナズマイレブンGOシリーズの2作品目クロノストーンにて、初登場のFF編から3シリーズを跨いで初実装。劇場版でのモーションが、円堂のものとは違っていたため、別の技だと思われたが、実装された技のモーションは、アニメで円堂が使用したものに近い両手で大きなゴッドハンドを作り出すもので、少年円堂が自力習得する事から、アニメで円堂が使用したものと同一の技だと判明した。

関連タグ

イナズマイレブン イナズマイレブンGO 円堂守 松風天馬 ゴッドハンド トリプルディフェンス ゴッドハンドトリプル

この記事のカテゴリ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴッドハンドW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント