ピクシブ百科事典

オリオン財団

おりおんざいだん

『イナズマイレブン オリオンの刻印』に登場する組織。
目次[非表示]

概要

サッカーを活動源とする財団。所在地はロシア。本作の世界で世界サッカー協会を運営している。
サッカーをビジネスとして徹底的に管理することを目的に「フットボールフロンティア・インターナショナル」を利用し、「ルール」に従った試合で世界経済を意のままに操る「パーフェクトワールド」計画を立ち上げる。
分かりやすく言えば八百長試合を行わせ、それをギャンブルにしているようなもの。
(無論、八百長試合はスポーツマンシップに違反するものであり、厳しい罰に問われる。計画が実行すれば経済に莫大な利益が出る代償にスポーツ界全体が光を失ってしまうと趙金雲の口から語られている)

オリオンの使徒」と呼ばれるサッカープレイヤーを代表チームに送り込んでおり、試合のバランスを調整するため、相手チームや味方のチームメイトを怪我や策略などで離脱に追いやっている。任務に失敗した場合はどこかへ連行されることもある。
FFIの審判や警察なども財団が抱きこんでいる可能性があるため、簡単に不正行為を告発するのは一筋縄では行かない。
今後の展開によってはシリーズに出てくる悪役の中でガルシルドに並ぶ強敵になるかもしれない。
そのため、試合前に円堂守が暴行の冤罪をかけられ、同行してた神門杏奈が違うと弁明しても警察官が聞き入れず事情聴取で連行された(試合後には釈放されたが)。審判も同様だが全員に息がかかっている訳では無く、他の審判に密告すれば追放して入れ替えることができる。
本戦のグループリーグでも財団への抵抗の意思を示している日本代表スペイン代表を人為的な操作で対戦させる措置をとった。

イナズマイレブンGOで登場したフィフスセクターの管理サッカーという部分は一緒だが運営方針は違い、フィフスの方は「結果平等」の試合を指示して学校間の実力格差を埋める社会主義的、オリオン財団は八百長試合で勝った国を経済効果で盛り上げる資本主義的である。

所属者

ギリカナン
理事長。高齢の男性で、ポンパドールの黒髪と斑模様の長い白髭が特徴。スーツの上に大きい襟のコートを着ている。世界サッカー協会の理事長も兼任している。
目的のためには多少の犠牲が出ても成し遂げる冷酷な人物。

新条琢磨
ギリカナンの側近。褐色肌で前髪をM字に分けた灰色の長髪が特徴。
元サッカー選手であるが現時点では経歴は不明。なるべく組織の行動に問題が生じないよう慎重に抑制する役割を担っている模様。
イナズマジャパンレッドバイソンの試合では稲森明日人に視線を向けており、アジア予選後から直接会いに来たりと彼を気にかけているが・・・。

オリオンの使徒
一星充 ペク・シウ レイナルド・バラハ
シャイニングサタンズ所属者 エターナルダンサーズ所属者 アラブの火の鳥軍団代表所属者

関連タグ

イナズマイレブンオリオンの刻印
フィフスセクター

コメント