ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

イナズマイレブンオリオンの刻印に登場するイタリア代表チーム。メンバーは16人。監督はキンベン・ジョルダーニ。

オリオン財団を裏で操る「魔女」ことイリーナ直属のチームと言われている。チーム名通り「女王=イリーナ」を護るためのオリオンの使徒の中からよりすぐりの選手で編成され、女子選手が多数在籍しているのが特徴。

イナズマジャパンを徹底的に潰すためにこれまでの試合データを分析し、研究し尽くしている。


イナズマウォーカー内で行われた企画『第2回「イナズマイレブン オリオンの刻印」キャラクターコンテスト』で視聴者が応募した多くのキャラクターの中から、選考を経て選ばれたラケリト・スプトと掛橋継がこのチームの控えメンバーとして登場する。

アニメ45話放映前に日野社長のTwitterの宣伝ツイートで判明し、前作・アレスの天秤利根川東泉中の様に大々的な事前発表が無かったため、突然の登場に驚いた(宣伝ツイートを見ていない)視聴者は少なくないだろう。


FFI本戦からの登場で、決勝トーナメント準決勝戦でイナズマジャパンと対戦。

この試合ではメンバー全員の肘周りと膝周りに強化型サポーターを装着。

このサポーターを通じてタブレット端末で出力を調整し、身体能力を限界以上まで底上げし、常に超スピードで動くことができる。ただし力を制御しきれず一部は隙が出来たり連携が取れていない問題点もある。また使い続けることで想像以上の筋力への負荷がかかり、最悪暴走を起こして再起不能になるリスクもある。なおイリーナにとっては使い捨ての駒とイナズマジャパンを戦意喪失させる作戦にしか過ぎないため問題はない。

キャプテンのペトロニオを除き、サポーターの欠陥についてはメンバーに知らされていない。


試合前半から3点をリードするが、サポーターへの負荷により一部の選手が激痛で倒れる事態に。

明日人の説得を受けたペトロニオが「イリーナの命令」と嘘をついたことで全員サポーターを外し、道具に頼らない正々堂々とした試合を行えるようになった。

だがハーフタイム中にイリーナ直々にキンベンを解雇(物理的な意味も含めて)、後任としてオリオン財団のエージェント・ウラジミールが監督となり、サポーターの再装着を命令された上、サポーターのレベルを最大出力に設定したことでより危険な状況に追い込まれる。

これ以上被害を出したくない明日人は野坂に必殺タクティクス「グリッドオメガ」の使用を提案し、灰崎の真空波クッションのサポートを使って上手く不戦敗にさせようと出るが、野坂が仕掛ける前に逆に完全コピーした「グリッドオメガ」で不戦勝を狙うも灰崎のフォローにより失敗(灰崎自身もダメージを負うが続行。それでものりかアフロディ砂木沼の3名はクッションに当たることが出来ず負傷退場してしまう)。

そして互いにラストリゾートの蹴り合い合戦となり、最終的にイナズマジャパンの「ラストリゾートΣ」によってチーム全員が巻き込まれて負傷し続行不能。ウラジミールが棄権を宣言し不戦敗(試合得点は3-2)。

当然であるがイタリアが全員再起不能になる前に力業で倒してしまったイナズマジャパンにとって苦い勝利となってしまった・・・。


決勝戦ではほとんどのメンバーが観戦に来ており、重症だった様に見えたガブリエラもいたため全員怪我や後遺症は残らなかった模様。


メンバー全員がイリーナに対し仕方なく従っている様に見え、ペトロニオやジャスティノの様にチームメイトを気遣うという仲間意識が強い言動が目立っていた(逆に言えばイナズマジャパン戦まで自分たちが酷使されると想定していなかったと考えられる)。

ネイビー・インベーダーベルナルド直属のオーレ・デ・サンバの様に過去やイリーナに従う理由が描写されていないため、些か不明瞭さが残っている。



所属メンバー

ペトロニオ・パッティ

ポジション:FW、背番号:11/キャプテン


ラケリト・スプト

ポジション:GK、背番号:12

控え選手。

第2回「イナズマイレブン オリオンの刻印」キャラクターコンテスト最優秀賞。


カケハシ・ツグ(掛橋継)

ポジション:MF、背番号:13

女子メンバー(控え選手)、唯一の日本人(日系?)選手。

第2回「イナズマイレブン オリオンの刻印」キャラクターコンテスト最優秀賞。


ガブリエラ・アマティ

ポジション:GK、背番号:1

女子メンバー。


エルマ・キティ

ポジション:DF、背番号:2

女子メンバー。

筋肉質の長身体型、サイドを残し、オールバックで後ろまで纏めて伸ばした青髪が特徴。


アリーチェ・ベラルディ

ポジション:DF、背番号:3

女子メンバー。


ディアナ・スコラ

ポジション:DF、背番号:4

女子メンバー。

七三分けした茶のロングヘアーが特徴。


ネストレ・ガット

ポジション:MF、背番号:5

やや小柄な体型、ピンクのメッシュが入った灰色の天然パーマが特徴。紫のサングラスをかけている。


ニコロ・フィーノ

ポジション:MF、背番号:6

深緑色の寝癖ヘア、半目が特徴。

試合前半でサポーターへの負荷による激痛で倒れ負傷退場、カケハシと交代。


ピエトロ・モレスコ

ポジション:MF、背番号:7

褐色肌の小柄な体型、無造作な黄緑髪と八重歯が特徴。

必殺技は「アンバランス・ピサ(シュート技)」。


カルロス・ガロ

ポジション:MF、背番号:8

褐色肌の長身体型、赤茶のロングウェーブが特徴。


ルカ・ルッソ

ポジション:FW、背番号:9

やや長身体型、左側を刈り上げ、無造作に逆立てた金髪が特徴。

必殺技は「アンバランス・ピサ(シュート技)」。


マッテオ・ドメニコ

ポジション:FW、背番号:10


トニオ・キアラ

ポジション:DF、背番号:14

控え選手。

小柄な体型、茶のボブカット、げっ歯類の様な出っ歯と瞳孔が傾いているのが特徴。


モニカ・サーラ

ポジション:MF、背番号:15

女子メンバー(控え選手)。

褐色肌、前髪を左に流し、後ろを三つ編みにした赤茶髪、灰崎に似た形状の瞳が特徴。


ジャスティノ・ジョバンニ

ポジション:DF、背番号:16

控え選手。

褐色肌で大柄のマッチョ体型、右に流した黒髪と先端が折れ尖った長いもみあげが特徴。

他のメンバーがイリーナに従う中で、ウラジミールの非情な作戦に真っ先に食って掛かり危険性を訴えて止めようとするなど正義感に溢れている。

なおアニメイト福岡天神ビブレで開催された「イナズマイレブン アニメイトオンリーショップ」でのポスターとBOX4収録のリーフレットでは名前が「シャスティノ」となっている。


関連イラスト

🇮🇹イタリア代表ホスト部

試合前日の会話


関連タグ

イナズマイレブンオリオンの刻印

オルフェウス(イナズマイレブン)…正史の世界におけるイタリア代表のチーム。意図的か唯一日本人メンバーが在籍していることが共通している。

イリーナ

関連記事

親記事

イナズマイレブンオリオンの刻印 いなずまいれぶんおりおんのこくいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50568

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました