ピクシブ百科事典

一星充

いちほしみつる

一星充とは『イナズマイレブンオリオンの刻印』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:大町知広(幼少期は藤原夏海

プロフィール

「青き一等星」。

概要

イナズマイレブンオリオンの刻印から登場する新キャラクター。中学1年(アニメージュ11月号より)。出生日は1月23日(イレブンライセンスカードより)。
稲森明日人らとともに日本代表「イナズマジャパン」のメンバーに選ばれた。ポジションはMF、背番号13。
留学中にロシアのクラブチームでプレイしていたというが、その経歴などは一切不明。初対面の明日人たちに敬語口調で話し、周りへの気配りも良い。

しかしFFIアジア予選第1試合・韓国代表「レッドバイソン」戦のベンチで「残念だけどこの試合、日本は必ず負ける」と呟く。
実はオリオン財団に所属する「オリオンの使徒」の一人で、イナズマジャパンの勝利を阻止するスパイである。左足首にオリオン座の刻印が刻まれている。
経緯がイナイレキャラの中でもかなり重く、幼少の頃に家族とドライブ中に多重事故に巻き込まれ、運転していた父親は他界しは重症の怪我を負う。親を亡くした一星の前に財団のギリカナン理事長が現れ、彼の素質を見込まれて支援と引き換えに使徒となる取引を交わした。
その後財団の教育施設に入ったことで社会から隔離され、指令によりロシアへ渡りクラブチームに入団した(アニメージュ2019年3月号のQ&Aより)。
また8話の回想では弟がなんらかの怪我を負っていることが示唆され、10話で重病を負っていることが明らかとなり、弟の治療費を条件にイナズマジャパンの予選進出を阻止するため度重なる妨害行動を起こす。 
 
アニメ1話で代表選考会に姿を表さず刻印をレーザーで刻まれている場面があり、3話で趙金雲監督が財団と敵対していることから、代表発表直後に使徒として送り込まれたと思われる。

第1試合後に円堂守を潰すべく、円堂に第2試合の出場を直談判する(その際に前からファンと告白しているがロシアのチームに居て円堂を知る機会の少ない彼が言うのは胡散臭い話である)。
その後の特訓中にボールに仕込んだ針で円堂を狙おうとするが、鬼道によって不発に終わらされ、特訓中断後の夜もふけた頃に円堂から貰ったタオルを見つめライターの火を灯し鬼道が邪魔と語り、円堂より先に狙うことを決める。

他にも灰崎吉良ヒロトを揉めさせようとするが失敗し、その様子を見ていた不動に偽善者な事を指摘され要注意人物として認識した。
また伊那国メンバーには相手チームの嘘の情報を与え、タイヤを使った特訓で無駄に体力を消耗させようとしたが、途中で趙金雲からのお使いで中断される。

第2試合・オーストラリア代表「シャイニングサタンズ」戦ではシューズに仕込んだ鏡の反射光を鬼道や明日人に当てて妨害行為を行う。
また他国で2年以上プレー経験があることから「国家友好親善大使」の肩書も持っているため、趙金雲は彼を必ず出場させなければならず、ベンチに下ろすわけにはいかないとのこと(第1試合では出さなかったことにより警告が来ていた)。
鬼道と彼に理解を示した灰崎やヒロトに妨害行為をことごとく邪魔をされ、同点まで追い付いたあたりで鬼道への憎悪は増し、潰してやるという想いをいっそう強めた。
試合後、鬼道のバッグに増強剤を仕込んだことで彼をドーピング容疑の濡れ衣を着せて排除させることは実現したものの、円堂を除くチームメイト全員が彼を疑うことになる。一方で不動は悪党としては中途半端だとチームメイトから見えない場所で独り言を残している。

一度円堂から「どんなことがあっても仲間である」と言われ心が揺れ動くことがあったが血の繋がりだけを信じられると決め、第3試合・ウズベキスタン代表「エターナルダンサーズ」戦前に不良たちをけしかけ、円堂を暴行沙汰で警察官からの事情聴取でチームから離すことに成功。また見返りがガム1つだけに文句を付けた不良たちを返り討ちにした上でスマートフォンに証拠写真を撮り、「誰かに言ったらネットに晒す」と脅しをかけた。
試合では後半から出場した野坂悠馬をエターナルダンサーズと共に潰しにかかるが、先を読んでいた彼に尽くかわされ苦戦する。
試合後は鬼道と同じ手口で増強剤入りケースを仕込むも、既に察知していた野坂がチョコマーブル入りのケースと差し替えていたため不発に終わり、野坂に憎悪を向ける。

その後財団からの圧力がかかり、ターゲットを新たに風丸吹雪に向ける。第4試合・サウジアラビア代表戦前に財団から移動バスのタイヤに細工を施したスイッチを渡され、試合会場への移動中に背に腹は変えられない覚悟でスイッチを押すも仕掛けが作動せず、代わりに灰崎のスマートフォンの音量が上がっただけに終わる。
試合中は相手チームと共に風丸と吹雪を負傷させ交代させることに成功するが、そのターゲットは野坂が事前に仕組んだダミーであり、それに気づかないまま彼の策略にはまることになる。
その後、明日人からのパスを受けたことがきっかけで弟のことを思い出し、自分のサッカーと財団の指令の間で板挟みになり、相手チームのアンドレアスから野坂の頭を狙うよう指示される。
しかし事前に野坂から決断を迫られ、高く上がったボールに野坂と共にジャンプし、彼の頭目掛けてオーバーヘッドを決めかけて倒れたことで、自らの意志で「自分のサッカー」を選んだと証明され、ついに改心する。

しかし財団を裏切ったことで相手チームから狙われる中、突如弟の「光」の人格を持つ二重人格者のような言動をとるようになる・・・。

特徴

サイドに分けた紺色の髪、的のような形状の瞳(外から黒→水→白)が特徴。幼少期は瞳の形状が異なり黒と水色が横に分かれている。
回想によると、父親はサッカー選手として活躍していた模様。
8話では上述にもある通り喧嘩が強いのも判明しており、第7話でも鬼道の件もあり灰崎とヒロトの2人に喧嘩を仕掛けられ寸前のところを明日人や円堂などが仲裁に入ったが、本気を出していたら返り討ちにしていた可能性もある。
罪悪感に苛まれないため自らを悪人と偽って使徒としての使命を全うするが、弟のことに関しては葛藤にする面を見せている。特に前述の財団からバスの仕掛けスイッチを渡された時に交通事故の記憶を思い出し、一瞬躊躇していた。

二次創作での扱い

アニメ4話でスパイであることが確定した以降では、様々な策略を張り巡らすも失敗・裏目に出るオチだったり、チームメイトを苦しめようと地味なイタズラを企んだりと、ネタキャラとして確立しつつある。
そのためか彼に思い入れている視聴者からは第6話で鬼道と灰崎とヒロトが彼の妨害をする様はイジメだと評する者も少なくなかった。
とはいえ一星は円堂の選手生命を断ってもおかしくないレベルの傷害未遂を起こしているうえ、なおかつ悪行を起こしたり妨害されたりした際に反省や葛藤を見せる事も前述のバスの移動中に事故を起こすようにうながされるがいざ実行するのに躊躇する11話までは殆ど見られなかったため自業自得ではある。

余談

刻印が刻まれている足はギリシャ神話のオリオンがサソリに刺された位置であるが、意識はしておらず偶然の一致とのこと(アニメージュ2019年3月号のQ&Aより)
ちなみに彼の背番号13番はキリスト教などの影響で、不吉とされる数字である。(仏教などでは吉数とされる他、)
また、オリオンの刻印『人狼』がベースになっているとされ、彼がその人狼に当たるのではないかという説がある。(ちなみに13が不吉とされる理由は他に北欧神話のロキに由来するというものがあり、彼の息子に当たるのがフェンリルである。)
いずれにしても、13は裏切り者に縁のある数字であるが、ギャラハッドはこの13の呪いを克服して円卓の騎士になった逸話があるが、一星も同様に本当の意味で味方になる日が来た模様。

関連イラスト

青き一等星可愛い…
🌠


オオカミ
一星 充


























ネタバレ



























光と充


実は充本人は事故後に亡くなり、彼自身は兄の人格を持った一星光であることが趙金雲の口から明らかとなる。
父と兄を失い失意の底にいた光が充の様に振る舞うようになり、人格が生成。
「光」としては病院に入院していたが、病室から出ると「充」の人格が身体を支配しており、二重人格であることに自覚はしていなかった。オリオン財団はそこを付け込み、彼を「充」として「光」が病気にかかっているとウソを吹き込み、利用していた。
前半終了後に人格が混乱していたが、サッカーの思いで人格統合をするために後半も出場。
一星を救うべくチームメイト全員が支え続けたことで心の兄に「頑張らなくていい」と語り、2人で1人のサッカーチームと誓い、人格統合を果たす。

人格統合を果たしたときには本来特化していた分析能力と、兄の人格として必死の努力で手に入れた身体能力が合わさったことで最強のサッカープレイヤーとなり活躍する。

試合後は周りに迷惑をかけたことでイナズマジャパンの前から去ろうとするも、野坂からその並外れた分析能力を見込まれ参謀役としてスカウトされ、チームに残留した。

ちなみに充本人は光のおよそ2歳上であるため、もし生きていれば中学3年になっていた模様(アニメージュ2019年3月号のQ&Aより)。

関連タグ

イナズマイレブンオリオンの刻印
イナズマジャパン オリオンの使徒
一星光 多重人格
吹雪士郎…正史の世界での二重人格繋がり、弟アツヤの人格を持っていた。同じく人格統合を果たしている。
立向居勇気…円堂のファンを名乗る人つながり(一星と違い本気で慕っている)
瞬木隼人…本当の性格を隠している人つながり
剣城京介…黒幕からのスパイ、兄弟の医療費の為に従っているという意味で最もポジションが近い人物。

pixivに投稿された作品 pixivで「一星充」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 495475

コメント