ピクシブ百科事典

キン肉マン

きんにくまん

ゆでたまごによる日本の漫画、及びその主人公の名前。
目次[非表示]

登場人物としての『キン肉マン』

→詳しくは「キン肉スグル」の記事を参照。
なお、キンがカタカナなのは作者が小学生の頃描いていた漫画のキャラクターの流用で、「筋」の字が書けなかったのをそのまんまにしたかららしい。

作品としての『キン肉マン』

週刊少年ジャンプ集英社)にて、1979年から1987年まで連載されたゆでたまごによる漫画作品。
主人公・キン肉マンをはじめとする「超人」たちの戦いを描いた作品で、プロレスを主軸とした試合展開や個性豊かなキャラクターと彼らが織りなす友情などで人気を博した。

当初は『ウルトラマン』のような「正義の味方」のパロディとして、人々にまったく頼りにされないダメヒーロー・キン肉マンの奮闘を描いたギャグ漫画であったが、「超人オリンピック」の設定が登場したのを機に格闘バトル漫画へと転向、記録的なヒットを遂げる(ただし作者の趣味もあってか、キン肉マンとテリーマンが怪獣退治をやっていた頃も格闘漫画としての要素はかなり強かった)。
もっとも、それでも下ネタやくだらないギャグが乱れ飛ぶノリは最後まで変わらなかったが。

なお、「ダウンした相手の口の中に蹴りをブチ込む」「関節技で相手の身体を引きちぎる」など、かなりキツめの残虐描写が盛り込まれており(四肢が千切れ飛ぶのは日常茶飯事)、アニメ化に際してはカットされたり変更されたりするケースも多い。
この残虐描写は、青年誌掲載となったスピンオフ作品『キン肉マンⅡ世』や『闘将!!拉麺男』ではさらに加速している。

ジャンプコミックスは全36巻で完結となっていたのだが、後述の37巻や「続編」の連載開始により事実上の完結撤回となり、現在もWEB漫画として隔週で連載が続いている。巻数は最近50巻を越えた。

あらすじ

第1次怪獣退治編

牛丼が大好きな万年金欠ダメ超人・キン肉マンは、ニンニクを食べて巨大化し、悪の怪獣や侵略者をやっつけるスーパーヒーロー。しかし市民からの信頼はゼロに近く、敵にすらバカにされていた。
そんなある日、宇宙からミートと名乗る少年が現れ、キン肉マンはキン肉星の王子であることを知らされる。
なんやかんやあってキン肉星を救ったキン肉マンは、アメリカ最強の正義超人・テリーマンとも友情を結び、キン骨マンを始めとする悪者たちに立ち向かう。

超人オリンピック

正義超人が4年に1度、最強の座を賭けて戦う「超人オリンピック」が開催されることを知ったキン肉マンは日本代表として出場。
キン骨マンの妨害も交えつつ、怪獣さえも恐れる三大残虐超人や前大会覇者・ロビンマスクと対決する。

アメリカ遠征編

第20回超人オリンピックを制したキン肉マンはハワイへと向かい、伝説超人プリンス・カメハメから48の殺人技を授かった。
前年にカメハメを破ったルーキー超人のジェシー・メイビアに勝利を収めたキン肉マンはアメリカ本土へと旅立ち、テリーマンとタッグチーム「ザ・マシンガンズ」を結成。悪の超人に支配されたアメリカ超人同盟を救うため奮闘する。

第2次怪獣退治編

紆余曲折あって超人オリンピック王者の座をはく奪されたキン肉マンは、再び怪獣退治の生活に戻る。
このシリーズでブロッケンJr.ビビンバが初登場。

超人オリンピック ザ・ビッグファイト編

再び開催された超人オリンピック。ソ連のファイティングコンピューター・ウォーズマンや、日本出身の相撲超人・ウルフマンなど様々な強敵相手に、キン肉マンがV2を目指し挑む。このあたりから、巨大化の設定が忘れられ始めた。

7人の悪魔超人編

第21回超人オリンピック終了から数日後、ファン感謝イベントでキン肉マンが太った女の子に宇宙空間まで胴上げされ、宇宙牢獄に激突したせいで封印されていた7人の悪魔超人が解き放たれた。
悪魔超人の雄・バッファローマンはミートくんをバラバラにし、「生き返らせてほしければ7人の悪魔超人全員に勝利し破片を取り返せ」と挑戦状を叩きつける。

黄金のマスク編

悪魔超人たちの頂点に立つ悪魔六騎士が、キン肉星の神殿に安置されていた黄金のマスクを盗み出した。それにより多くの正義超人たちが超人パワーを封印されてしまい、黄金のマスクと対になる銀のマスクに選ばれたキン肉マンは単独で六騎士と対決することに。
やがてアイドル超人たちもパワーを取り戻し、戦いの舞台はウォーズマンの体内に作られた5重リングに移っていく。
このあたりから正義超人が飛べることは完全に忘れ去られ、やたら地面やコーナーポストに叩きつける系統の技が増え始める。

夢の超人タッグ編

超人タッグの世界一を決する宇宙超人タッグトーナメントが1億4000万年ぶりに開催される。しかし、アシュラマンサンシャインの陰謀により正義超人たちは友情パワーを奪われ、キン肉マンと袂を分かつことに。
途方に暮れるキン肉マンだったが、思いがけない助っ人の登場によって友情を取り戻すために立ち上がる。
そして会場には、正義・残虐・悪魔に続く新たな超人勢力の影も見え隠れしていた……。

キン肉星王位争奪編

超人オリンピック2連覇、宇宙超人タッグトーナメント優勝の3冠を果たしすっかり超人界の顔役となったキン肉マンを見て、キン肉マンの父・真弓は王座を退くことを決意。キン肉マンもすっかりその気になり、次代キン肉大王に就任することを承諾する。
しかし、それを良く思わない5柱の邪悪な超人の神は、キン肉マンと同じ日に同じ病院で生まれた5人の超人のいずれかに「本物のキン肉スグル」がいるに違いないと邪推し、彼らに憑依。
継承式の日、邪神たちはキン肉マンの王位継承権を認めず、「5人の候補者たちに勝てたなら認めてやる」と告げる。キン肉マンとミートくんは、たった2人で候補者たちに最後の戦いを挑む。

派生タイトル

キン肉マンⅡ世

週刊プレイボーイにて1997年から連載開始。
前作の時代から28年後の世界が舞台となり、地球上で再び活動を開始した悪行超人たちを止めるべく、かつて正義のために戦った伝説超人の意志を継ぎ立ち上がった「新世代超人」の活躍を描いた作品。

キン肉スグルの息子で本作の主人公であるキン肉万太郎を始め、前作の登場人物たちと縁深いキャラクターが数多く登場する。

また、アニメ版では神谷明(映画第1作のみ)、田中秀幸郷里大輔佐藤正治といった前作『キン肉マン』のTVアニメシリーズでの担当声優を、一部ではあるが当時の配役でキャスティングしていることがオールドファンの間で話題になった。
(ただし、ストーリー自体はオリジナルの結末で終了したアニメ版ではなく原作漫画から繋がる世界観になっている)

キン肉マンⅡ世 オール超人大進撃

Vジャンプにて2001年から2004年まで連載されたもうひとつの『Ⅱ世』。
登場キャラクターの大まかな設定は同じだが、青年誌向けの本編とは異なるストーリーが展開されている。
また、「悪行超人が超人委員会主催の大会に公然と参戦できる」「男性の超人に混じり女性超人が戦闘に参加する」など独自の設定も存在する。

闘将!!拉麺男

『キン肉マン』連載当時にフレッシュジャンプにて隔月連載された漫画。
本編の主要登場人物の1人・ラーメンマンを主役に置いた作品。後に一部の設定が『キン肉マン』側に逆輸入された。

本作でのラーメンマンの活躍を受け、作者が「2つの作品に同じ顔のキャラクターが登場していると読者が混乱する」と判断し、『キン肉マン』の方のラーメンマンがストーリー上でマスクマンに転向することになったとか。

幻のエピソード『マッスル・リターンズ

1990年代、角川書店『月刊少年エース』に発表された読切漫画。
『キン肉星王位争奪編』編の後に姿を消した“それからのキン肉マン”を描いた作品。

前述の『キン肉マンⅡ世』よりも先に発表された続編タイトルだが、初版ではミートくんなど一部のキャラが成長した姿で登場するなど『Ⅱ世』とは設定がだいぶ異なる。
一時単行本されたものの絶版。本作の一部設定は後の『Ⅱ世』に引き継がれた。
(例:ロビンマスクの息子・ケビンマスクや、本作オリジナルキャラクターの「クァン」など)

そして2010年、単行本コミックス37巻に再録が決定。
こちらではミートくんがジェロニモに置き換えられたり、ケビンマスクのデザインが『Ⅱ世』準拠のものに変更されるなど大幅に修正が加えられている。
なお、時系列は後述の『完璧超人始祖編』の後にあたる。

黒歴史

読切版である『オカマラスの巻』&『エラギラスの巻』、記念すべきデビュー作ではあるが設定が本編とは違い「光の国の巨人の異母兄弟」という設定が問題になった。
1999年、集英社より刊行された『キン肉マン 特盛』に収録。入手困難?

キン肉マンレディー

キン肉マン生誕29周年を記念して2008年から2013年まで連載された漫画作品。作者は小川雅史。
原作者公認のパロディ作品で、キン肉マンを始めとする登場人物のほとんどが女体化されている。

いただき!!キン肉マン

キン肉マン生誕30周年を記念して出版された児童向け絵本。SD化された超人たちの活躍を描いており、バイクマンを操縦して出前を届けるラーメンマンなどのパロディネタも盛りだくさん。

まさかの続編

前述したとおり、WJでの連載は『キン肉星王位争奪編』で完結している。
しかし2012年、集英社のWEBサイト『週プレNEWS』にて24年ぶりとなる新シリーズの連載が始まった。
ジャンプコミックスでは38巻以降に割り振られている。

完璧超人始祖

『キン肉星王位争奪編』から数年後、王位を継承したキン肉マンは地球にミートくんを残してキン肉星へ帰還。正義・悪魔・完璧の各超人勢力の間には相互不可侵条約が結ばれ、平和な時が訪れた。
しかし、不可侵条約を快く思わないストロング・ザ・武道が率いる「完璧・無量大数軍」が地球に襲来。メディカルサスペンションで治療中のロビンマスクらに代わりテリーマンが彼らに戦いを挑み、激闘の末その1人であるマックス・ラジアルを撃破する。
が、残りの無量大数軍をなんとか倒そうとするテリーマンの前に黒装束姿の男たちが突如乱入!
それはなんとかつてのライバル、7人の悪魔超人たちだった!?

2017年5月をもって完結、6月からは新シリーズが開始される予定。

劇場版

すべて東映まんがまつり内で公開された。

作品数サブタイトル公開日
1キン肉マン 奪われたチャンピオンベルト1984年7月14日
2キン肉マン 大暴れ!正義超人1984年12月22日
3キン肉マン 正義超人VS古代超人1985年3月15日
4キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人1985年7月13日
5キン肉マン 晴れ姿!正義超人1985年12月21日
6キン肉マン ニューヨーク危機一髪!1986年3月15日
7キン肉マン 正義超人VS戦士超人1986年12月20日

その他

ゆで理論

少年誌のバトル漫画ではしばしば奇妙な「理論」が登場するが、この作品(というか、ゆでたまごの漫画)は特に一線を画したレベルであり、一般的な物理法則に囚われていては楽しめない部分が多い。
また、頻繁に設定がなかったことにされたり、常識的に考えてありえない思考が「正しい」とされたりと、作品自体の矛盾や世界観崩壊も1話に1回くらいのペースで起こるので、これらもひっくるめて「だってゆでだから・・・」と一蹴されてしまう。

→詳しくは「ゆで理論」の記事を参照。

キン消し

正式名称は「キン肉マン消しゴム」。
実際には消しゴムの機能性はない、所謂塩化ビニール人形であるが、ガシャポンやお菓子のオマケとして発売されキャラクターグッズとして爆発的な人気を博した。

キン肉マンの日

2008年、キン肉マン連載29周年にちなみ、日本記念日協会によって29(肉)日金(キン)曜日となる日は「キン肉マンの日」に認定された。
08年には各種イベントが行われたが定着した現在は特に変わったイベントは行われていない。
皆も29日の金曜日は牛丼を食べよう。

主要キャラクター

正義超人

キン肉スグル テリーマン ロビンマスク ウルフマン モンゴルマン ジェロニモ キン肉マングレート
カナディアンマン スペシャルマン スカイマン ペンタゴン プリンス・カメハメ ジェシー・メイビア カニベース
 

残虐超人

ラーメンマン ブロッケンマン ブロッケンJr. ウォーズマン
カレクック スカル・ボーズ デビルマジシャン

悪魔超人

7人の悪魔超人
バッファローマン スプリングマン アトランティス ザ・魔雲天 ミスターカーメン ブラックホール ステカセキング

悪魔六騎士
サンシャイン アシュラマン ザ・ニンジャ ジャンクマン プラネットマン スニゲーター

悪魔将軍

完璧超人

ネプチューンマン ビッグ・ザ・武道ネプチューン・キング) スクリュー・キッド ケンダマン オメガマン

運命の5王子とチームメイト

知性チーム
キン肉マンスーパーフェニックス マンモスマン オメガマン プリズマン サタンクロス

技巧チーム
キン肉マンゼブラ パルテノン バイクマン モーターマン ザ・マンリキ

飛翔チーム
キン肉マンマリポーサ キング・ザ・100トン ミキサー大帝 ミスター・VTR ザ・ホークマン

強力チーム
キン肉マンビッグボディ キャノンボーラー ゴーレムマン レオパルドン ペンチマン

残虐チーム
キン肉マンソルジャー ヘビー・メタル ブルドーザーマン ザ・ゴッド・シャーク ウールマン

新章から登場

完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ)
ストロング・ザ・武道 マックス・ラジアル ピークア・ブー ターボメン クラッシュマン マーリンマン ダルメシマン ネメシス ポーラマン グリムリパー ジャック・チー マーベラス

完璧超人始祖
ゴールドマン シルバーマン ミラージュマン アビスマン ペインマン
ジャスティスマン ガンマン シングマン カラスマン サイコマン
ザ・マン超人閻魔

その他(怪人・人間・ファイター以外の超人など)

アレキサンドリア・ミートミートくん
キン肉真弓 ハラボテ・マッスル
キン骨マン イワオ ナチグロン
二階堂マリ ホルモン・ビビンバ 翔野ナツコ アリサ・マッキントッシュ
吉貝アナ アデランスの中野さん
シシカバ・ブー ビーンズマン

関連イラスト

肉
永遠のヒーロー


あふれる友情パワーをありがとう!!


関連タグ

少年ジャンプ ゆでたまご 漫画
プロレス 牛丼 森永ココアさん
ゆで理論 へのつっぱりはいらんですよ ああ、心に愛がなければ…
額に肉

必殺技
キン肉バスター タワーブリッジ 地獄の断頭台 マッスルドッキング 喧嘩スペシャル パロスペシャル マッスルリベンジャー マッスルインフェルノ マッスルスパーク

タッグチーム
→コチラを参照。

関連作
キン肉マンⅡ世 闘将!!拉麺男 キン肉マンレディー いただき!!キン肉マン
マッスルタッグマッチ

外部リンク

キン肉マン - ゆでたまご公式サイト
キン肉マン - Wikipedia
週刊プレイボーイ web comic

pixivに投稿された作品 pixivで「キン肉マン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13688184

コメント