ピクシブ百科事典

怪獣退治編

かいじゅうたいじへん

「キン肉マン」のエピソードの一つ。
目次[非表示]

概要

 そもそも、キン肉マン」とはプロレスマンガではない
 本作はウルトラマンパロディとして発表されたギャグマンガが連載に昇格したという経緯であり、連載版第1話も宇宙怪獣とキン肉マンが戦うという話だった。
 したがって、本作に登場する正義超人悪行超人とのリング上での「決闘」の他、人類にあだなす怪獣や侵略者と闘うのが本来の役目である。そうしたことを中心に描かれていたのが、原作初期の「怪獣退治編」である。
 この頃はキン肉マンニンニクを食べて巨大化し、40m級の怪獣相手に戦い、シメにはキン肉フラッシュで相手を爆殺していた。アニメOPの「飛び散れキン肉ビーム♪」というフレーズもこの頃のキン肉マンを現した歌詞である。
 後に超人オリンピックアメリカ遠征編を終えた後に再び怪獣と闘った際には、キン肉マン本人が「読者の諸君 私はニンニクで巨大化できるのだよ」と発言している。
 だったらリングの上でも悪行超人相手にキン肉フラッシュとか使えばいいじゃんなどと言うのは禁句である。いや、今のゆでたまごならやりかねないのが怖いけど。

 ちなみに巨大化能力は失われたわけではないらしく(新世代超人は不明)、やろうと思えばできるが、仮に巨大化して捻り潰そうとしても相手もスーパー戦隊のロボットのように巨大化してタイマンを張るだろうし、被害がデカくなるだけで大して意味が無いのでやらないらしい。

 なお、原作では27話目までが該当するが、アニメでは6話目から超人オリンピックが開催されている(その後もしばしば怪獣退治編のエピソードが本編に取り込まれている)。

 また、中盤からは読者から怪獣公募するシステムが採用されており、以降の「君の考えた超人募集コーナー」の先駆けとなった。かくいうロビンマスクラーメンマンなどの大人気超人も、実は公募キャラである。

あらすじ

 東京田園調布美馬里公園に居を構える超人キン肉マンは、怪獣と闘おうと意気込むものの毎回連戦連敗。鍛え抜かれた鋼のボディも心がヘタレで頭もアホではどうしようもなく、「ヒーロー界の面汚し」とまで蔑まれていた。
 そんなある日、キン肉マンのもとにミート君と名乗る少年が現れる。彼によれば、キン肉マンは500億光年彼方のキン肉星王位継承者であるとのこと。なんやかんやあってキン肉星を救ったキン肉マンは、ミート君と共に地球に留まり怪獣と闘うことになった。
 アメリカ最強スーパーヒーローテリーマンも加わり、今日もキン肉マンはと戦う。テリーマンの技量とミート君の知恵もあって、キン肉マンは怪獣たちを次々に葬り去れるまでにパワーアップしていった。
 そんな中、かつてキン肉マンに土を付けた凶悪怪獣・猛虎星人が、仲間のアブドーラを連れてキン肉マン&テリーマンに決闘を申込み…。

登場人物

キン肉星関係者


正義超人


人間


怪獣悪行超人


関連項目

巨大ヒーロー ギャグ漫画
いただき!!キン肉マン:時系列は黄金のマスク編以降だが、ノリは完全にこっち。

pixivに投稿された作品 pixivで「怪獣退治編」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 741

コメント