ピクシブ百科事典

ナチグロン

なちぐろん

ナチグロンとは、『キン肉マン』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:山本圭子 (旧アニメ版)永澤菜教(王位争奪編)
ナチグロンとは、『キン肉マン』のキャラクター。

宇宙一弱いとも言われる全身真っ黒な怪獣
キン肉マンに憧れ彼の家の居候となる。
原作とアニメでは扱いが異なっている。

原作では、当初はスキンヘッドで身長が60mもあり巨大化したキン肉マンより大柄だった。気が弱く怪獣の中では落ちこぼれだったためキン肉マンに説得され故郷に帰った。
再登場した際にはカツラをかぶったのか髪型が変わり、ミートより一回り大きい程度の小柄な体格になっていた。
その後キン肉マン達と行動を共にしていたが、キン肉マンがキン肉星に里帰りした際にキン肉マンの女性癖に愛想を尽かし「流れ者にゃあ女はいらねえ」と吐き捨ててて去ってしまい、その後はレフェリーとして二度程登場したが、7人の悪魔超人編の決戦時に他の正義超人と共に観客席にてキン肉マンの試合を見守ったのを最後に登場しなくなった(この時も僅か一コマだけの登場で、カツラも外していた)。
続編の『キン肉マンⅡ世』でもエキストラ的に登場したため、辛うじて存在は忘れられていない。

アニメではキン骨マンの部下ザンギャク星人(原作ではキン肉マンに倒された悪の宇宙人の息子と言う設定で別にキン骨マンとは関係ない)のお供として登場した。しかし、元々悪事は嫌いでザンギャク星人が倒された事がきっかけで、ミートに次ぐキン肉マンのセコンド兼太鼓持ち役となった。
体重が40tと重たい設定が生かされたのか、空を飛ぶのが苦手であり、真弓とミートの二人がかりで持ち上げてもらったシーンがあり、「自分でもどうしようもない」と発言したことがある。7人の悪魔超人編では、バラバラにされ人質になったミートの代わりにツッコミ役となっていた。

余談

市民に虐げられるナチグロンを見たキン肉マンはダメ超人として虐げられている今の自分と重ねて激怒、市民に対して「落ちこぼれの何が悪い!?世の中ウルトラマンゴジラばっかりじゃないんだ!」と一喝する
そしてその精神はネメシス(キン肉マン)との闘いにおいて完璧超人の思想を根本から覆すこととなる

関連タグ

怪獣 真っ黒 弱い

pixivに投稿された作品 pixivで「ナチグロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3892

コメント