ピクシブ百科事典

ゆで理論

ゆでりろん

漫画家・ゆでたまごの作品『キン肉マン』シリーズで登場する理論。 現実的な科学法則を無視したかのような、自由で独特の発想のこと。 キン肉マンの世界では常識にとらわれてはいけないのであ~る!!

ゆで理論

キン肉マンの世界における特有の法則である。見ていて突っ込む気力も吹き飛んでしまう超理論であふれかえっている。
箇条書きであげると・・・・

ブラックホールホワイトホールでやぶれる。」
「物質は硬ければ硬い程対衝撃力が強くなる。」
「物体は回転すると上昇する。」
「塩水が蒸発した水蒸気や、その水蒸気が結露した水滴ですら塩分を含む。」
「寝ている人の背骨地面と垂直。」
を飛べる正義超人たちがわざわざよじ登っていく。
メタンガスは超人にとって猛毒である。」
「視力が良ければ東京駅から遥か彼方の新幹線のレールを目視できる。」(実際は地球の丸みがあるため何十㎞も先の線路を目視するのは透視能力でもない限り視力1万でも無理)
「モノは重いほうが早く落ちる。」(物理学上これは間違い。実際は落下速度と質量は関係無く、重い物体も軽い物体もほぼ同時に地面に落ちる。ただし大気中では空気抵抗があるため物体の形状や材質によって重い物体の方が早く落ちるシーンが多いのは確かだが・・・・)
「リングのロープを1本でも引きちぎったり、コーナの鉄柱もろとも壊しても、いつの間にか3本線のロープやコーナーが元に戻っている。」
「死んだはずのオメガマンの遺体がいつの間にかリング状に戻っている。」
太陽は50数億年前に既に存在していた。」
「10tの鉄塊を持ち上げるようなヒーローたちが束になっても持ち上げるのに苦労するようなプロレスのダイヤモンド状のリング(一体何百tあるんだ!?)が存在する。」
「下にクッションになるはずのキン肉マンとペンタゴンがいるはずなのに、キン肉バスターの威力が10倍になる。」(注:計算上、一番下のペンタゴンのダメージは本当に10倍になるそうです)
ノースリーブシャツペンキに浸しただけで長袖のロングコート並の面積になる。」
関節技さえかけていれば、上になっている超人に体重が何百㎏あろうがどんな高さから降下しようがダメージは全て技を掛けられている側にしか行かない」
「電荷を帯びた物体が通り過ぎた個所は2週間以上たっても半永久的に帯電している。」
「なんか適当に回転していたら時間が逆行する。」
「100万パワー×二刀流×2倍のジャンプ×3倍の回転で1200万パワー。」
100万パワーの超人が試合に1つ勝つごとに1万パワずつー上昇、1000人倒したら、1000万パワーになりました。」(※原作のみ。アニメでは計算が合うように台詞が修正されている)
マグネットパワー電流を固体に固めることができる。それどころかその上を走る事も可能」
「世界中で試合が行われているが、時差が全くない。」
名古屋城姫路城がドッキングすると関ヶ原格闘城になる。」
「大人数が入れたり、リングが増設出来る程キン肉ハウスの中が広い。と思ったら明確に1Kとされたりもする(同じ建物なのに広さが一定しない)。」
はアルファベットの『I』の字をだと思ってしまう。」
「激しい戦いが繰り広げられている室内は水が干上がるほど暑くなる。」
サンシャインは使い捨てカイロにもなる。」
「パーツを外して体を軽くする事で分身の術瞬間移動等が出来るほどスピードアップする。」

などが有名。

ニュートン力学など物理法則の基礎の基礎から完全に外れた法則だが、そんなものにとらわれていてはキン肉マンの魅力を味わう事は出来ない。
というよりは、この法則がまかり通るように見える世界観を構築してのけるゆでたまごの世界観構成力が凄まじいのかもしれない。

その他
7人の悪魔超人というコメントがあるシーンに8人いる。」
「500億光年離れた地球キン肉星がリアルタイムで通話可能。」
正義超人オリンピックやプロ格闘大会を開催できるぐらいいるはずなのに、宇宙怪獣襲来を知っても誰一人戦いに行こうとしない。」
マスク剥ぎは犬畜生にも劣る行為だ、と言っておきながら試合中に喜々としてキン肉マングレートマスクを剥ぎにかかるはぐれ悪魔超人コンビの態度。」
「自分たちで処刑しておいて『これでスクリュー・キッドケンダマンの敵が取れました』とほざくヘル・ミッショネルズの倫理観。」
『このヤローッ そんなチンケな技でこの将軍様喧嘩を売ろうなんざ10年早いぜーっ!』
前方後円墳地球の運航を司る鍵穴。」
甑島五稜郭国立競技場もすべて超人の作った遺跡の跡地。」
ピサの斜塔をまっすぐに立て直すとリングが復活する。」
ゴールドマン金閣寺を、シルバーマン銀閣寺を作った。」
「ナスカの地上の絵の猿は実はトイレ中の人間。」
「キン肉王族のように長期に渡ってマスクを着用していると、脱いだ上星系が違うレベルで距離を離されても自然とマスクと持ち主が引きつけあう。」(※あくまでミートとテリーマンの推測です)
ウルトラマンがバイクに乗らないのはのせい。」
ナポレオンの正体は時間超人
「地球を守る正義のヒーローたちを全力で殺し合わせるという超人オリンピックの矛盾。」
「その他、とにかく根性が悪すぎる一般市民や観客勢。」
ザ・マン&悪魔将軍の激しいスパーリングで巨大な岩山であったエアーズロックが削れていき現在の形になった。」

などといった常軌を逸した世界観に関しても、ゆで理論と呼ばれることがある。
かくして、キン肉マンワールドではあらゆる史跡や偉人が超人関連にされていくこととなる…。

ちなみに「肉マークを剥されたら数分と生きていられないはずのキン肉マンが、マスクを外したまま寝ている」については「あくまでキン肉星王族の掟で素顔を公開したら処刑と決められているだけで、別に生命維持機能とかがあるわけではない」として説明がつけられている。それでも(この漫画における)覆面レスラー、そしてキン肉星王位継承権保有者の態度としては疑問が残るが。

まぁ、早い話が『キン肉マン世界だから』で済む話。

関連タグ

ゆでたまご だってゆでだから・・・ 作画ミス 後付設定
民明書房(同義語?)
この幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!
ジェロニモ現象

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆで理論」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 972567

コメント