ピクシブ百科事典

ケンダマン

けんだまん

ケンダマンとは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場する超人。
目次[非表示]

概要

CV:広瀬正志

『夢の超人タッグ編』から登場した剣玉の化身超人
ネプチューンマンビッグ・ザ・武道と同じ完璧超人の一員で、相棒のスクリュー・キッドとともに乱入コンビ(後のゲーム版で「殺人遊戯コンビ」というチーム名が付けられた)として宇宙超人タッグ・トーナメントに急遽参戦した。

超人強度1500万パワー、加えて肉体は超人硬度10を持ち(後述)、攻防共に完璧な肉体を持つ。
巨大な鉄球である頭部は剣玉同様本体からの着脱が可能で、繋がれた左腕の鎖で鉄球を振り回す攻撃を得意とする。

ちなみに好物はたい焼き

作中での活躍

ブロッケンJr.ウルフマンの「モースト・デンジャラス・コンビ」と、モンゴルマンバッファローマンの「2000万パワーズ」によるトーナメント1回戦第2試合が開始された直後に、前述のスクリュー・キッドと共に両チームの戦いに割って入る。モースト・デンジャラス・コンビを全く寄せ付けぬ実力で蹴散らすと、続けざまに「2000万パワーズ」と対戦する。

先の戦い同様に、正義超人の中でも特に超人強度の高いバッファローマンをも圧倒するが、モンゴルマンとの連携により形勢は逆転され、自慢の鉄球も破壊されてしまう(頭部を破壊されたにもかかわらず、普通に歩いたり話したりしており、結構丈夫である)。

完璧超人の首領であるネプチューンマンから処刑を宣告され、なんとか再び逆転しようと凶器(ガラスの破片)を用いるなどの強硬手段に出るが、最後は2000万パワーズのロングホーン・トレインを喰らい敗北。

敗北後、ネプチューンマンに完璧超人の掟に背いた罪で制裁を受け、地獄のネジ回しで抵抗するも武道のオーバーボディを砕いたのみでキッドも砕け散ってしまい、恐れをなして逃げ出してしまう。
しかしネプチューンマンにあっけなく捕らえられ、喧嘩スペシャルで真っ二つに引き裂かれて死亡した。

硬度について

前述通り、彼の超人硬度は10である。
この数値は前エピソードである『黄金のマスク編』のラスボス・悪魔将軍と同スペックだが、悪魔将軍は自身を「硬度10のダイヤモンドパワーを持つただ一人の超人」と称していたはずである。

このことに関して、「悪魔超人は完璧超人のことをよく知らなかっただけかもしれない」という考察が一部でされていたが、新シリーズである『完璧・無量大数軍編』以降のストーリーにおいて悪魔将軍ことゴールドマン自身がかつては完璧超人、それもケンダマンのような一般の完璧超人とは一線を画した存在である“完璧超人始祖”の一人であることが明かされる。加えて、始祖の中には同じくダイヤモンドパワーを持つミラージュマンという超人も登場しており、全然「ただ一人」ではない。
(ただし、ミラージュマンの場合はゴールドマンが始祖から離脱した後にこの硬度に到達したと語っていることからノーカウント扱いかもしれない)

更に最近になって実はダイヤモンドパワーの正真正銘の元祖はゴールドマンたちの指導者で戦いの師でもあるザ・マンであったことが明らかになった。ゴールドマン時代にザ・マンの教えを受けていた悪魔将軍がそのことを知らなかったというのはあり得ないので大法螺もいいところである。
…まぁ、こうした多少の矛盾は作品の長いブランクや、それ以上に「ゆでだから」であり、今更かき回すのも無粋なのかもしれない。

話を戻すと、ケンダマンがこの硬度10を体得した経緯についてはファンの中で様々な推測がされており、現在では前述のミラージュマンがケンダマンにダイヤモンドパワーを伝授したという説が濃厚となっている。また、ケンダマンたちの首領であるネプチューンマンも硬度10のダイヤモンドアームを使用するので、始祖であるミラージュマンから直接指導を受けたのは幹部クラスのネプチューンマンであり、一般の完璧超人であるケンダマンはそのネプチューンマンからさらに指導を受けた…といったような流れも考えられている。

また悪魔将軍ことゴールドマンやザ・マンが使用するダイヤモンドパワーと他のキャラクターの使うダイヤモンドパワーでは表現に差があり、上述のセリフも本来は神の領域であるダイヤモンドパワーを地上でザ・マンと同レベルにまで高められた唯一の超人がゴールドマン=悪魔将軍、ということだったのかもしれない。


pixivでの扱い

pixivでは、彼のイラスト以外に「頭が胴体から外れている」イラストにもこのタグが付けられることがある。

関連項目

キン肉マン
完璧超人 殺人遊戯コンビ
ミラージュマン:同じくダイヤモンドパワーを持った完璧超人
剣玉 マミる デュラハン

pixivに投稿された作品 pixivで「ケンダマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59533

コメント