ピクシブ百科事典

モンゴルマン

もんごるまん

ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』および『キン肉マンⅡ世』に登場する超人。
目次[非表示]

概要

正義超人達の危機に必ず駆けつける蒙古出身の超人。1000万の技を持つ弁髪のマスクマン。
以下に彼の活躍を記す。

七人の悪魔超人編』での活躍
ミスターカーメンミイラパッケージを受けて危機に陥ったブロッケンJr.の助太刀として乱入し、レッグラリアートの一撃でミスターカーメンを瞬殺。
アトランティスの悪魔霊術に苦戦するキン肉マンを助けるために
霊界ポケットと呼ばれる秘技を使い、テリーマン達と一緒に悪魔超人の亡霊達を撃退。
試合後、疲労がたまっていたキン肉マンを休養させるためにあえて奇襲をかけ、レッグラリアートで気絶させている。
バッファローマン&スプリングマンとのラストバトルにおいて
キン肉マンのタッグパートナーとしてスプリングマンと戦い、これを撃破。
その後、リングから姿を消す。

※なお、最初の2試合ではパーカーのフードで素顔を隠しており、テリーマン達からは救世主(メシア)と呼ばれた。

黄金のマスク編』での活躍
最終戦、キン肉マンVS悪魔将軍の試合でレフェリーを務める。
この時の彼の活躍は、かつてゴールドマンシルバーマンの天上兄弟喧嘩を終結に導いた
裁きの神・ジャスティスの再来とも言われた。


夢の超人タッグ編』での活躍
バッファローマンと「2000万パワーズ」を結成した。
なおこの際、キン肉マンからの誘いも同時に受けており少なからぬ葛藤があった。
一回戦でモースト・デンジャラス・コンビとの試合開始直前に乱入してきた殺人遊戯コンビと対戦。
ロングホーン・トレインで辛くも勝利を収めた。


その正体

そのマスクの下の素顔を知る者はいない…と思われていたが
彼の戦いっぷりを見た多くの超人達が正体に感付き始める。
そしてヘル・ミッショネルズクロスボンバーを喰らって
マスクを剥がされてしまい、ラーメンマンだという事がわかってしまった。

ちなみに、救世主(メシア)としての初登場時から正体がラーメンマンであることをほのめかす描写があり、『七人の悪魔超人編』だけでもこれだけのものがある。

・ブロッケンJr.とミスターカーメンの試合の観戦チケット購入時、子供がぶつかった彼の鞄から中国服が飛び出す
・ミスターカーメンKO後、ブロッケンJr.がラーメンマンの姿を思い起こす
・悪魔霊術血しばりを破った後に立ち去る際と試合後のキン肉マンに奇襲をかけて立ち去る際、フードが風で外れて弁髪が見える
・バッファローマン&スプリングマン戦にて、ラーメンマンの得意技であるキャメルクラッチを使用する。
・同試合内で正体を隠すためキャメルクラッチを外した際に受けた反撃でウォーズマンから受けた頭の傷が開く
・スプリングマンKO後、去り際に肉襦袢(後述)とマスクを外してラーメンマンの素顔を見せる


余談

  • モンゴルマンは肉襦袢を着用しているため、ラーメンマンより少々体が大きい。
  • 当初は7人の悪魔超人編でラーメンマンを出す予定だったが、当時フレッシュジャンプで『闘将!!拉麺男』が並行して連載されており、同じキャラクターがふたつの異なる世界観の作品に登場することを避けるためにモンゴルマンが登場した。
  • 各シリーズの最初にキン肉マンと行動を共にする事がなく、シリーズで登場する際は他人の試合に乱入する形ばかりだったが、唯一シリーズの最初から登場していた夢の超人タッグ編では、自分の試合に乱入されるハメとなった。ラーメンマンに戻った王位継承位戦でも、やはり乱入しての登場となった。


関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「モンゴルマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139652

コメント