ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

モンゴルマン

もんごるまん

ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』および『キン肉マンⅡ世』に登場する超人。
目次 [非表示]

概要

正義超人達の危機に必ず駆けつける蒙古出身の超人。1000万の技を持つ弁髪のマスクマン。

以下に彼の活躍を記す。


7人の悪魔超人編』での活躍

ミスターカーメンミイラパッケージを受けて危機に陥ったブロッケンJr.の助太刀として乱入し、レッグラリアートの一撃でミスターカーメンを瞬殺。

アトランティスの悪魔霊術に苦戦するキン肉マンを助けるために

霊界ポケットと呼ばれる秘技を使い、テリーマン達と一緒に悪魔超人の亡霊達を撃退。

試合後、疲労がたまっていたキン肉マンを休養させるためにあえて奇襲をかけ、レッグラリアートで気絶させる。

バッファローマン&スプリングマンとのラストバトルにおいて

キン肉マンのタッグパートナーとしてスプリングマンと戦い、これを撃破。

その後、リングから姿を消す。


※なお、最初の2試合ではパーカーのフードで素顔を隠しており、テリーマン達からは救世主(メシア)と呼ばれた。


黄金のマスク編』での活躍

最終戦、キン肉マンVS悪魔将軍の試合でレフェリーを務める。

この時の彼の活躍は、かつてゴールドマンシルバーマンの天上兄弟喧嘩を終結に導いた

裁きの神・ジャスティスの再来とも言われた。



夢の超人タッグ編』での活躍

バッファローマンと「2000万パワーズ」を結成した。

なおこの際、キン肉マンからの誘いも同時に受けており少なからぬ葛藤があった。

一回戦でモースト・デンジャラス・コンビとの試合開始直前に乱入してきた殺人遊戯コンビと対戦。

ロングホーン・トレインで辛くも勝利を収めた。

二回戦ではヘル・ミッショネルズと対戦。

マグネットパワーの餌食になり、クロスボンバーでマスクを剥がれ退場を余儀なくされる。


その正体

ブロッケンJr.ミスターカーメンの睨んだ通り、正体はラーメンマンその人。

スプリングマンをK.Oした際にマスクを外し、その場にいたキン肉マンやブロッケンJr.、テリーマンのみ、この事を把握していた。

世間には謎のマスクマンで通っていたが、ヘル・ミッショネルズクロスボンバーによりマスクを剥がれ、白日の下に晒されてしまう。


マスクを取る前から正体がラーメンマンであることを仄めかす描写があり、


・ブロッケンJr.とミスターカーメンの試合の観戦チケット購入時、子供がぶつかった彼の鞄から中国服が飛び出す

・ミスターカーメンKO後、ブロッケンJr.がラーメンマンの姿を思い起こす

・バッファローマン&スプリングマン戦にて、ラーメンマンの得意技であるキャメルクラッチを使用する。

・スプリングマンの反撃で、ウォーズマンから受けた頭の傷が開く。

等が挙げられる。


超人オリンピック編での毒気があったラーメンマンと比べて、優等生でヒーロー然とした性格。

モンゴルマンとしての活動を終えた後も、性格のベースになっている。


誕生の秘密は終点山にある。

植物状態となったラーメンマンは、この山に生えている霊名木から発せられるガスの効果で、一時的に回復していた。

そして居合わせたドクター・ボンベが霊名木をマスク状に加工してくれたため、外界でも活動できるようになった。

こうして産まれたのがモンゴルマンである。


王位編以降は、モンゴルマンマスクを小さなヘッドギアに加工し、ラーメンマンとして活躍出来るようになったたため登場しない。




・・・だが、完璧超人始祖編のラーメンマンvs.ネメシスにてサプライズ参戦した。

ラーメンマンが<完肉>バトルシップシンクに捉えられ、極まればK.Oという状況に追い込まれるなか、キン肉マンの救世主(メシア)を呼ぶ声に応じて顕現。この際、顔の流血が隈取を形成している。

闘龍極意ネコジャラシで技から抜け出し、レッグラリアートで反撃した。

出番は一瞬だが、インパクトのあるシーンとなっている。


容姿

シルエットはラーメンマンと同じで、赤(または黒)の隈取、もみあげ、瞳のない白い目が特徴。

アニメでは、隈取は赤で、目はピンクである他、目の上に黄緑色のメイクが追加されている。

恰好は上半身裸で、黄緑のズボンに黒のシューズが基本。タッグ編では「闘」の字があしらわれた肩当てをしている。

初登場時はピンク(アニメは赤)のフード付きスウェットとジャージ姿で、顔が見えないようにしていた。

名前付きの技はあまり見せていないが、1000万の技を持つと豪語するだけあって、通常技のレパートリーは豊富。特にキックや足腰の強さ、弁髪を活かした技が多い。

シングル技

  • レッグラリアート

フライング・レッグラリアートとも呼ばれる。

飛び上がり、相手の首へ強烈な回し蹴りをかます。

シンプルだが必殺の威力を持ち、ミスターカーメンを一撃でK.Oした。

汗を気化させて雨雲を作り、塩水の雨を降らせる秘技。汚なっ

スプリングマンの身体を錆びつかせ、バネボディに関節技が効くようにした。

  • キャメルクラッチ

ラーメンマン時代からの得意技。作中では正体がバレることを避けるため、中止した。

  • 闘龍極意ネコジャラシ

敵にロックされているとき、弁髪を解いて絡ませることで徐々に脱出する秘技。技によっては完璧無量大数軍にすら有効。


ツープラトン

  • ロングホーントレイン

バッファローマンを背中合わせで抱え上げて、瞬間的に突撃し、敵をロングホーンで串刺しにする技。

  • パワーアップ・ハリケーンミキサー

バッファローマンの背中をドロップキック気味に蹴ることで、勢いの増したハリケーンミキサーを繰り出す。

  • 20ミリオンアバランチクラッシュ(『Ⅱ世』で使用)

1人の相手をデスバレーボムの体勢で挟むように固めて、マットに叩きつける。

  • 猛闘・日月脚(同上)

モンゴルマンがバッファローマンの足を両手で掴み、そのまま跳躍してバッファローマンの脚を相手にぶつける技。


余談

  • モンゴルマンは肉襦袢を着用しているため、ラーメンマンより少々体が大きい。しかし後にモンゴルマンマスクの効力でビルドアップしていた事になった。
  • 当初は7人の悪魔超人編でラーメンマンを出す予定だったが、当時フレッシュジャンプで『闘将!!拉麺男』が並行して連載されており、同じキャラクターがふたつの異なる世界観の作品に登場することを避けるためにモンゴルマンが登場した。
    • そのため、モンゴルマンマスクがないと会話もできないという設定もなかったようで、(残虐超人だった)ラーメンマンは名を明かして人助けはしないという理由で変装していると推理されていた。
  • 謎の超人の筈なのに住所が分かっている。但し郵便配達員は「モンゴルマンなんて家あったかなァ」と言っていた。
  • ラーメンマンの好物は当然ラーメンだがモンゴルマンはキャラソンである「アジアの狼」にて(恐らく正体を隠す為に)焼肉と公言している。タッグパートナーですけど。
  • タッグ編での「闘」の肩当ては、『闘将!!拉麺男』でラーメンマンが身に付けているものと同じ。
  • 各シリーズの最初にキン肉マンと行動を共にする事がなく、シリーズで登場する際は他人の試合に乱入する形ばかりだったが、唯一シリーズの最初から登場していた夢の超人タッグ編では、自分の試合に乱入されるハメとなった。ラーメンマンに戻った王位継承位戦でも、やはり乱入しての登場となった。
  • 『キン肉マン77の謎』によればモーターマン戦で覚醒したラーメンマンとの対決ならラーメンマンの勝ちらしい。
  • アニメ映画ではモンゴルマンだった時期があっても、ラーメンマンの姿で登場してた。(キン肉マン音頭ではモンゴルマンの姿で登場している)

関連項目

キン肉マン モンゴル

ラーメンマン バッファローマン(2000万パワーズ)

ミスターカーメン

地獄のシャワー

ザ・サムライ……一時的に正体を隠してキン肉マンに助太刀した。

関連記事

親記事

ラーメンマン らーめんまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 361136

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました