ピクシブ百科事典

麺類は人類

めんるいはじんるい

アニメ『キン肉マン』において、まだ残虐超人だったころのラーメンマンの発した迷言。

概要

 アニメキン肉マン』第10話「ゴング!決勝トーナメントの巻」にてラーメンマンが発した迷言。
 第20回超人オリンピック決勝トーナメント1回戦において、ラーメンマンは同じく世界三大残虐超人が一人ブロッケンマンと対決。原作ではラーメンマンがキャメルクラッチでブロッケンマンの体をの真っ二つに引き裂いて殺害し勝利するのだが、さすがに放送コードに引っかかるためアニメでは修正が加えられることになった。
 しかしその内容は、ラーメンマンがキャメルクラッチでブロッケンマンの腰骨をヒネって二つに折り曲げ、掌から大量の胡椒をまぶして綿棒ですりつぶして粘土のようにこね回した挙句ラーメンの麺にしてしまうという、ある意味原作以上に悲惨な末路であった。
この光景に対しては観客席にいたキン肉マンたちも(原作以上に)すくみ上り、実況解説も「これは…なんと言えばいいのでしょうか!」「悪夢です!!」と放心状態になっている始末であった。
 なお、ブロッケン麺はリング上でちゃんとラーメンに調理された後どんぶりに盛り付けられた状態でテンカウントゴングを受け、ラーメンマンに少しだけ食われた。
 
 このシーンは原作とは違う意味で視聴者の脳裏に深く刻み込まれ、『アメトーーク』のキン肉マン芸人でもネタにされるなど知名度はかなり高い。

なおラーメンマンが食べたのは一部分で残った麺は後でキン肉マンの差し入れとして出された。
また殺された父親の復讐に燃える息子は対戦前に彼に黒パンの粉にしてやると言った。

関連項目

キン肉マン/キン肉マン(アニメ)
みんなのトラウマ シュール シリアスな笑い

関連記事

親記事

ラーメンマン らーめんまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「麺類は人類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1890

コメント