ピクシブ百科事典

ミスターカーメン

みすたーかーめん

『ミスターカーメン』とは、ゆでたまごによる漫画作品『キン肉マン』および派生作品に出演する人物の名称。
目次[非表示]

概要

残虐超人をも凌ぐ残忍性から超人活動資格を剥奪され、地球を永久追放された悪魔超人集団7人の悪魔超人』の1人。

非常に特徴的なフレーズマキマキ」、名場面「わたしはレフェリー」などで一部のファンから熱烈な支持を受けている。

構成

ミスターカーメンかわいいよね


生年詳細不明
出身エジプトアラブ共和国
年齢27歳
身長200cm
体重150kg
超人種別悪魔超人
超人強度200万パワー
異名ナイル悪魔
必殺技ミイラパッケージ
獲得タイトルピラミッドパワー・デスマッチ選手権

古代エジプト秘伝の闘法・魔術を駆使する神出鬼没、変幻自在のトリックファイター。技の名前などに「ファラオ」が散見されるものの、カーメン本人が王家出身者、あるいはその血族に連なるとされる記述は明示されていない。また、一部の外部作品などでは『ミスター・カーメン』の名称が使用されているが、厳密には区切り点を含まない『ミスターカーメン』が原典初出に則した正式名称である。

原作版がネメス(縞頭巾)をフェイスマスクとショートタイツとしたのに対し、アニメ版ではネメスとショートタイツを、フェイスマスクを金とした大きな相違点がある。細かく言えばウセク(襟飾り)やシェンティ(腰布)の形状・色柄の違いも指摘対象とすべき所、論拠となる原作中(アトランティスvsロビンマスク戦終了まで)にアニメ版のベースとなったと思われるデザインで登場しており、さらに一部の後発作品では原作版をベースにネメス、フェイスマスク、ショートタイツを金としたバージョンも存在するため、完全な指摘および分類はほぼ不可能。だってゆでだから・・・

  • 参考資料:アニメ版カーメン

ミスター・カーメン


教えてやろう、ミイラの作り方をよ…

先述のプロフィールは1990年代に公開された作品初の公式資料集『キン肉マン超人大全』の設定に準じたものであるが、以後の設定資料では以下5項目について変更が加えられた。

<変更点>

  • 身長200cm→189cm・体重150kg→98kg・超人強度200万パワー→130万パワー:超人大全以前に存在した設定を尊重して差し戻し
  • アラブ共和国出身→カイロ出身:すでにアラブ共和国の国名が存在しないため(1977年までにアラブ連合共和国およびアラブ共和国連邦が解体)再設定
  • 27歳→3500歳:『キン肉マンII世』中で示された新設定を引用

しかし、それでも後発の解説本や解釈によってはこれらが混在した状態であり、未だに筋の通ったプロフィールが確立されていない。

来歴

本項では、作品順ではなく作中の時系列順に説明を記載するものである。

7人の悪魔超人編

マキマキ~!


声優田中亮一
代演:戸谷公次(アニメ版第60話)、堀秀行テーマソングのセリフパート)

ステカセキングブラックホールを続けて撃破したものの、重傷と過労が重なってリングに立てる状態ではなくなり、しばしの養生を余儀なくされたキン肉スグルの代理として参戦を表明したアイドル超人のうちブロッケンJr.挑戦を受ける。

なお、他の6人とは違ってカーメンの登場時期は異様に遅く、原作版でようやくその全貌を衆目に晒したのはブラックホール戦終了後の同日夜、バッファローマンの頼みで執り行われた占星術の場面からである。これは、読者投稿によるカーメンの原案こそ手元にあったものの「7人目の悪魔超人にどの投稿者のデザインを採用するか?」という最終選定でゆでたまごが予想以上に手こずったためであり、カーメンの登板が決定するまでは不明瞭な形でごまかしていた。

北海道UFO発着所(所在不明)に設けた特製ピラミッドリングで最も得意とするピラミッド・パワーデスマッチを行う絶大なメリットにより、圧倒的不利を強いられたブロッケンJr.を試合開始直後から得意技「キバ地獄」で苦しめるも、ブロッケンJr.がカーメンの喰い付いた右ごと強引に引き剥がす怒涛の根性で戦況を変え、伝家の宝刀「ベルリンの赤い雨」の一撃で痛烈なダメージを負わされた。

この機を逃すまいと一気に勝負に出たブロッケンJr.だったが、直情的な未熟さを見抜いたカーメンが「怪光線」を発して動きを鈍らせ、解いたシェンティを使ったフィニッシュホールド「ミイラパッケージ」に捕えて容赦なくストローを突き立てた。ところが、水分を吸い尽くした姿を確認するべく包みを破って露わになったのはレフェリーの変わり果てた亡骸(アニメ版ではキン骨マンに変更)であり、技の掛かりが浅かったために間一髪でレフェリーと入れ替わって死角へ逃げおおせたブロッケンJr.の「ラーメンマン直伝・ローリングソバット」を喰らい、パッケージに必要なシェンティまで奪われてしまった。

※この時、ミイラパッケージの中身がブロッケンJr.でない事を強調する意味でギャグ描写的に「わたしはレフェリー」と書かれた看板が同梱されていたため、後に「ミスターカーメンvsブロッケンJr. ピラミッドリング決戦」を語る上で欠かせないキーワードとなった。この無残な犠牲者となったレフェリーも、死んでるのに「わたしはレフェリー」と主張するギャグ漫画的描写や、「超人なので、きっかけがあれば生き返れる」という記述が後年の『キン肉マン特盛』で明確になったことで、フォローも辛うじて入っている。

しかし、一瞬の隙を見逃さずリングシートを使ってミイラパッケージを強行し、今度こそ決着を迎えると思ったその時、突如として現れた謎の人物によって邪魔をされ、矢継ぎ早に放った煙玉でピラミッド内のみ黒煙に包まれた挙句、圧倒的な実力差の前に為す術無く絶命した。

夢の超人タッグ編

はぐれ悪魔超人コンビの悪魔霊術「地獄のキャンバス」によってザ・魔雲天、アトランティスなどと共に正義超人に対して深い遺恨を持つ怨霊として召喚されたが、目立った活躍の無いままマッスルブラザーズの即興技「マッスル・ローリング」の餌食となった。

完璧超人始祖

巳年ネタ:カーメン編


悪魔超人界の首領たる悪魔将軍が密かに抱き続けた「完璧超人始祖抹殺計画」をいよいよ決行するに当たり、その障害となる親衛隊『完璧・無量大数軍』の注意を引き付けておくために下された勅命に従い、東ドイツ・ブランデンブルク近郊に設営されたリングでクラッシュマンと交戦。『黄金のマスク編』時点で復活したバッファローマン、夢の超人タッグ編で復活したブラックホールを除く4人(スプリングマン、アトランティス、魔雲天、ステカセキング)と同じく蘇生の経緯は不明。

連載終了から24年後の2012年に再始動した第38巻以降の新解釈では、スプリングマン曰く「7年間2555日の修業期間」とあるように計画参加の7年前、つまりどんなに遅くとも黄金のマスク編終了までには復活して新たな修行に明け暮れていた事になる。ただし、この新解釈の代償として「地獄のキャンバス」の一件に釈明の余地すら無い矛盾を抱える結果となってしまった。だってゆでだから・・・

かつて辛酸を嘗めたブロッケンJr.戦の経験教訓としてキバ地獄の照準を頸動脈が走る首筋に絞り、さらに秘術「顔強の術」を使った鉄壁の防御でクラッシュマンを苦しめるが、弱点であるネメスのコブラを攻撃されて有利な戦況を持ち崩す。その後も秘術「ファラオ解骨術」を使って窮地を凌ぎ、遂にミイラパッケージに捕えるも予想外の事態で一気に劣勢に陥った末、クラッシュマン渾身のフィニッシュホールド「アイアングローブ」の餌食となって凄惨な最期を迎えた。

戦績

2戦0勝2敗(2死亡)

シングルマッチ

  • ×ブロッケンJr.+乱入者(決まり手:レッグラリアート
  • ×クラッシュマン(決まり手:アイアングローブ)


技一覧

  • キバ地獄(キバじごく)

古代エジプトの秘術によって頭部以外を透明化、あるいは別次元に分離させ、その状態で自在に飛翔、旋回しつつ持ち前の鋭いで相手に痛烈に噛み付くカーメンの十八番。また、頭そのものをネメスと同化させて一枚の布に見せかける撹乱にも利用可能。

対クラッシュマン戦では「ファラオ・カースヘッド」の名称で使用されるも、しばしの後には旧来通り「キバ地獄」に戻った。

  • ミイラパッケージ
大きく広げたシェンティに相手を包み込んで一切の身動きを封殺し、鋭利な先端を持つストローを刺して相手の体内の水分を残らず吸い取り、ミイラ化させて完全にを奪うフィニッシュホールド。

ある程度の大きさを保つ布であれば代用が効き、ピラミッドリングに限っては「ピラミッドパワーの中ではリングの何もかもが自身の体の一部となる」という能力強化によって相手が纏う衣服すら転用可能。ストローは相手や状況によって大小2種類を使い分け、対クラッシュマン戦の際に「カルトゥーシュ・ストロー」の名で呼ばれた。

  • 怪光線(かいこうせん)
「マキマキ」の呪詛と共にカーメンの両目から放たれる閃光。その光を浴びた相手は一瞬のうちに動けなくなる。

  • 顔強の術(がんきょうのじゅつ)
自身の頭部を超硬化して相手の攻撃を無力化する。その硬度は高位完璧超人であるクラッシュマンの拳をも砕く反面、『アキレス』に等しい唯一絶対の急所であるネメスのコブラを強打されると術を解除してしまうほどの苦痛に襲われる。

  • ファラオ解骨術(ファラオかいこつじゅつ)
全身を頭・胴体・腰・両腕・両脚の7つに分解し、自在に操るカーメン秘術中の秘術。これによって一度はアイアングローブを回避したが、全力を注いだ二度目のアイアングローブは解骨術の分離が間に合わなかった。

その他

キン肉マンファンの間で常識とされる「『マキマキ』=カーメン特有の笑い声」の図式は大きな誤解である。それが証拠に、第38巻以前の原作中では「カカカー」「クッククク」「ケケーッ」など他の悪魔超人同様の禍々しい笑い声を何度も見せており、肝心の「マキマキ」はを発動する際の呪詛、または口癖としてしか使われていない。

つまり、アニメ版の台本演出を発端とし、それを視聴した者の印象、あるいは勘違いが約30年を経る過程で誤解の連鎖を生み続けた末に公然の事実へと歪曲されてしまった「間違った常識」である。

関連イラスト

キン肉マン 御年賀カーメン
マキマキ〜♪


マキマキ~~ッ
ミスターカーメン



関連動画

  • ミスターカーメンのテーマ『ファラオの呪い』


関連タグ

エジプト ファラオ
漫画 集英社 週刊少年ジャンプ
キン肉マン 悪魔超人 7人の悪魔超人
悪魔将軍 バッファローマン ブロッケンJr. モンゴルマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ミスターカーメン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166499

コメント