ピクシブ百科事典

キン肉マンゼブラ

きんにくまんぜぶら

キン肉マンゼブラとは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』の登場人物。
目次[非表示]

さえあれば、王位だって買えるんだーっ!!」

※ 他のゼブラに関してはゼブラの記事を参照。

概要

CV掛川裕彦
出身地キン肉星
国籍ナミビア
職業(元)農家
生年月日1960年4月1日
年齢初登場時24歳
身長220㎝
体重154㎏
超人強度1億パワー


キン肉星王位争奪編」から登場した運命の5王子の一人。邪悪五神の一人・技の神が乗り移った。
その名の通り、全身にゼブラシマウマ)模様の衣装とまとった超人。マスクのデザインも、キン肉マンキン肉マングレートに近いデザインをしている。

その正体は農夫・パワフルマン
貧しい農家の出身だった彼は、偉い超人を志して超人協会に裏口入会するために親友であったシマウマのキッドを殺し、鉄の精神(アニメでは非情の精神)を得る。

それ以降、金による取引でしか人を信用しない性格となり、チームメイトも金の力で集めた。

最後は、キッドを惨殺して以来使う事のなかった完全版マッスルインフェルノでキン肉マンに止めを刺そうとしたがキッドの魂が乗り移ったキン肉マンのロデオスキップで体勢を崩し、動揺した隙に「未完成版マッスルスパーク」を受けて敗北。
キン肉マンから「キッドの行為こそ友情である」と告げられ、キッドに涙ながらに詫びながら意識を失った。
なお、原作では殺された時のキッドの気持ちについてキン肉マンに尋ねられた際に「そりゃ俺を恨みに思って死んでいっただろうさ、しかしオレは後悔なんてしていないぜ」と嘲笑ったがアニメ版では「知るか!だが貴様にも分からせてやる」と苛立たしげに吐き捨てており、キッド殺しが心の傷となっている事が窺えた。

後のインタビューでは自分が王に向いていなかった事を痛感し、故郷に帰って再び農夫に戻るつもりだとコメントするなどかつての優しい心を取り戻しかけるが…担架で運ばれる最中にプリズマンから「レインボーシャワー」を浴びせられ、あっという間にだけになって死亡した

アニメ版ではあまりにも残酷すぎる為か上記の場面は描かれなかった。

戦闘スタイル

戦闘スタイルは、クリーンファイトの「白/黒」姿と、残虐ファイトの「灰色/黒」姿の2パターンを併せ持っている。普段は「白/黒」姿によって自分の残虐性を中和し、紳士的な性格と正統派のクリーンファイトを見せるが、パルテノンによって本来の姿である「灰色/黒」に戻ると反則技も辞さない残虐ファイトを展開した。
また、農作業に従事していた傍ら、超人ボクシングのスーパーヘビー級チャンピオンであった経歴を持ち、芸術的なテクニックを持つ一方で怪力を活かしたパンチを主体とするファイトも得意とする。

得意技はキン肉族三代奥義の一つ「マッスルインフェルノ」、「セイントマッスルパンチ」等。

技巧超人の名に相応しく、技を完全に仕掛けられた状態で特殊能力に頼ることなく純粋なテクニックのみでキン肉ドライバーを破った最初の超人でもある。(悪魔将軍は、股を閉じて技を仕掛けられるのを防いだり、特殊能力であるスネークボディで躱したりしたので除外。)


新章

新章「完璧・無量大数軍編」ではステカセキング超人大全集に加えており、ターボメン相手にマッスルインフェルノを放っている。
更に新シリーズでは他の王子たちと共に何の説明もなく復活を果たし、超人博物館からゼブラマスクを奪うとオメガマン・アリステラと戦いを始めようとするキン肉マンとウルフマンの前に登場した(なお、他の王子と違って死が明確だったゼブラの復活に関しては、ファンの間で「ゆでだから」で通っている)。
オメガ・ケンタウリの六鎗客との戦いではイタリア・デルモンテ城に向かい、マリキータマンと対決する。
なお、相手もパンチ殺法の持ち主であるため、激しい殴り合いが期待される。

pixivでは

フルネームの「キン肉マンゼブラ」より略称の「ゼブラ」のタグがよく用いられている。しかし、
同名の人物が数多く存在するため(『トリコ』のゼブラ・歌い手のゼブラ等)、彼のイラストを探す際は
「キン肉マン ゼブラ」でアンド検索することをオススメする。

関連タグ

キン肉マン
技巧チーム パルテノン バイクマン モーターマン ザ・マンリキ
キン肉マンスーパーフェニックス キン肉マンソルジャー キン肉マンビッグボディ キン肉マンマリポーサ

pixivに投稿された作品 pixivで「キン肉マンゼブラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35029

コメント