ピクシブ百科事典

カピラリア七光線

かぴらりあななこうせん

『キン肉マン』に登場する光線。超人の最大の天敵。

概要

プリズマンの最大の奥義。太陽光線を体内に取り込んで変質させ、虹状の熱線レインボーシャワーとして発射する。

超人には非常に有毒な性質で、これを浴びた超人は体内にカピラリア毒素が発生し、急激な老化現象を起こして最悪の場合死に至る。担架で運ばれていたキン肉マンゼブラ一瞬で白骨化したほど危険な代物であるが、人間には無害という真逆の性質を持つ。
それでも物理的な破壊力はかなりのもので、アシュラマンの防具を一瞬で焼き払い、鉄柱を溶かし、立方体リングを貫通していた。
ブロッケンjr.はこの「人間には無害」という点を逆手に取り、自らの超人パワーの源である髑髏の徽章(アニメでは鷲の徽章)をリモコンハットから外し、疑似的に人間になる事で対抗策を得た。

ちなみに、使用者のプリズマン自身もカピラリア毒素の害と無縁ではなく、ラーメンマンのピラミッドパワーでカピラリア毒素を跳ね返された際には戦意喪失するほどダメージを受けていた。

元々は50数億年前、超人界の黎明期に自らの欲望のために力を使う超人達を抹殺するべく、超人の神(主に調和の神の一派)によって使われた光線。これにより、正義超人悪魔超人残虐超人の先祖達がほとんど壊滅した。
完璧超人の先祖は、神から超人に身を落とした元超人の神によって守られた。

その際使われた全宇宙規模の照射を可能にする唯一無二の装置は、その神の提言により現在は当時の神108柱に分割して与えられ、その全員の同意が必要な形に改められた。
そして装置のピースの一つは当のにより地上に持ち出されているため、現在の所は天上界の独断での再照射は不可能となっている。

関連項目

キン肉マン 王位争奪戦 完璧超人始祖
ビーム  光線
ゲッター線:似たような設定。

関連記事

親記事

プリズマン ぷりずまん

pixivに投稿された作品 pixivで「カピラリア七光線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127391

コメント