ピクシブ百科事典

プリズマン

ぷりずまん

プリズマンとは、ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』に登場する超人である。
目次[非表示]

概要

CV田中亮一
身長304㎝(サンシャイン以上)
体重200㎏
出身地南極
所属知性チーム
超人強度5200万パワー(あのビッグ・ザ・武道を凌駕)


キン肉星王位争奪編』に登場したプリズムの化身超人。キン肉マンスーパーフェニックス率いる知性チームの一員として王位争奪戦に参戦した。ただ本人の知性は微妙。
「キョキョキョ」と言う独特の笑い声が特徴。
プリズム状のボディは贅肉であり、本体へのダメージを防ぐ役割を持つ。

活躍

最初はミステリアスパートナー1号としてその姿を隠していたが、王位継承サバイバル・マッチ準決勝において、準決勝最後の試合である3対3のタッグマッチ戦で興奮を抑えられなくなり姿を現す。
レインボーシャワーや超人デコレーションツリーでブロッケンJr.を苦しめるも、人間へと戻ったブロッケンによるブレーメン・サンセット(アニメではフランケンシュタイナー)によって格闘城の鯱に叩きつけられ、引き分けとなった(ジャンプ初出掲載時はバラバラに砕かれたかの様に描かれて死亡したかと思われたが、単行本ではひび割れが入ってダウンしたように修正された)。ノックアウトにはされたものの準決勝終了時にはひび割れも治って再登場した。

王位継承サバイバル・マッチ決勝戦では次鋒としてラーメンマンを迎え撃つ。
戦いの舞台であるジャングルジムにあらかじめ仕込んでおいたプリズムでレインボーシャワーを自在に屈折させて有利に戦うが、心突錐揉脚でレインボーシャワーを発射する胸部を砕かれ二度とレインボーシャワーを使えなくされてしまった。
更に、ピラミッドパワーを駆使して体内のカピラリア毒素を排除したラーメンマンの反射レインボーシャワーを食らって大ダメージを受け恐慌。
フェニックスの入れ知恵であらかじめジャングルジムに仕掛けられていた安全地帯に入り、フェニックスがジャングルジムの解除装置を作動させてラーメンマンを無数のが待ち受ける地面に叩き落とした事により勝利を確信。
さらに、フェニックスの指示によりラーメンマンにとどめの一撃を見舞うべく飛び降りた。

しかし、ラーメンマンはピラミッドパワーの形成に使用したジャングルジムのパイプをコスチュームの中に入れて地面の刺に刺さるのを防いでいた為死んではおらず、逆に反撃の九龍城落地を食らってボディが粉々になり死亡した
ラーメンマンも力尽きてダウンしたため記録上は引き分けとなったが、事実上の敗北であった。


戦闘能力

必殺技は、自らのプリズムボディに太陽光線を取り込み、虹色の熱線として相手に照射するレインボーシャワー。
このレインボーシャワーには五十数億年前に全宇宙の超人を死滅寸前まで追い込んだという「カピラリア七光線」が含まれており、直撃すれば最悪死にもいたる恐ろしい武器である。(実際、レインボーシャワーを浴びてしまったキン肉マンゼブラはあっという間に骨だけになってしまった)。
ただし人間には無害である。
他にもコンパスの原理を応用してリングのマットを切り取り、投げつけて攻撃するキャンパスソーサーや、手裏剣状にカットしたキャンパス手裏剣などの技を持つ。
とは言え、能力頼りの超人で、根本的な地力や基本的な格闘センスに関しては決勝メンバーの中では数段劣るようで、ジャングルジムマッチもシングルではそう言った一面を補うべく組み込まれたものだったらしく、ラーメンマン戦での健闘はレインボーシャワーやリングのギミックの恩恵が大きく、普通の格闘戦では技巧派の彼に歯が立たなかった。

関連イラスト

プリズマン




関連タグ

キン肉マン
キン肉マンスーパーフェニックス
プリズム

pixivに投稿された作品 pixivで「プリズマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30773

コメント