ピクシブ百科事典

邪悪五神

じゃあくごしん

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場する悪神。

概要

キン肉マン』旧シリーズ最終章「キン肉星王位争奪編」の諸悪の根源である、超人界の神々のうち邪な心を持つ

  1. 知性の神キン肉マンスーパーフェニックスの黒幕)
  2. 技の神キン肉マンゼブラの黒幕)
  3. 残虐の神キン肉マンソルジャーの黒幕)
  4. 強力の神キン肉マンビッグボディの黒幕)
  5. 飛翔の神キン肉マンマリポーサの黒幕)
の5柱ののこと。邪悪五大神邪悪の神とも称する。

超人の神の大半を占める100柱の善神とは異なり、下等超人にもかかわらず7500万パワーもの超人強度を生み出す「火事場のクソ力」を有するキン肉マン(キン肉スグル)の王位継承による天上界への干渉を懸念し、スグルが生まれた日の嬰児交換疑惑を引き合いに出して継承式での承認を突っぱねた。
彼らは同日にキン肉星総合病院で生まれた5人の赤子が超人として成長を遂げたのを知ると、その5人を「キン肉大王にしてやる」と唆して合体し、「王位継承サバイバル・マッチ」を引き起こす。

彼らは一貫してスグルの王位継承を阻止するという目的で動いていたものの、トーナメント開催を実行に移したことからもわかる通り実体は一枚岩とは言い難く、誰が次期キン肉大王を操れるかという目先の目標の奪い合いに興じていた一面は否めない。しかしながら、スグルから火事場のクソ力を奪うために試合を放り出してミキサー大帝に全員で協力し、フェニックス率いる知性チームが窮地に立たされた際には(すでに他4チームが脱落していたこともあって)総員でフェニックスに憑依するなど、卑怯な結託はここぞとばかりに行っていた。

最後はフェニックスの母・シズ子を殺そうと技~飛翔の4柱がフェニックスの体から抜けて4王子の姿となり、襲いかかるも正義超人たちに阻まれ、知性の神はフェニックスの敗北に伴い死亡。残る4神もいずこかへ消えていった(アニメ版では深紅のマントに封印される)。

なお、アニメ版では彼らをさらに操る黒幕の存在が明かされた。

2017年7月より開始された新章では死んだはずの知性の神が謎の復活を遂げ、隠遁生活を送っていたフェニックスの前に出現。この世を揺るがす暗躍を始めた「古い友人」を止めるため、フェニックスに再びスーパーフェニックスとして戦うよう要請する。

邪悪五神と呼ばれはするがスグル以外の歴代の継承に対しては何もしていない。「古い友人」を止める事を要請するなどの行動から秩序を守る側ではある。予想外の存在を許容する範囲が他100名の神よりも低く実力行使も行う点から邪悪と言うよりは急進的な神と言える(様子見の期間を長く取り決断時には「超人を絶滅させる」と言うやり方とどちらが良いのかは個人によるだろうが)。

後にザ・マンの口から、神に届きうる超人が生まれる意味が明かされる。
神々には超人の生存と存続を願う派閥と、超人の滅亡を目論む派閥が存在し、野に降った慈愛の神と100の善神と5の邪神たちは超人存続を推す派閥であり、彼等の役割は超人たちを、神々には不可侵の立ち位置で管理することで、滅亡派を抑え込む口実としていた。そのため、神々を敬わず自分達が神へと手を伸ばす超人は滅亡派の行動を誘発しかねない危険性を秘めていた。
そして、ついに思想ではなく超人強度において神の座に手をかけうる危険性を持った超人キン肉スグルが登場した。
これらを総合的に考慮すると、邪悪の神と称されているが、王位争奪戦の本質は「スグルを神との戦いで敗北させることで、管理を証明し、ひいては超人と言う種を守るため」だった事が明かされる。

ザ・マンの説明によると、彼らは神の立場でありながら天界の中枢を追われた者たちであり、超人の利用価値をよく知っていた事と、超人滅亡派のリーダーである(おそらく彼らを天界中枢から追い出したであろう)調和の神を失脚させるべく超人存続派に協力していた事が明らかにされた。
しかし、結局は私利私欲が目的だった模様で、どこまで協力を続けるかは不明瞭である。

関連項目

キン肉マン 全ての元凶 邪神 卑劣 俗物
サタンクロスプリズマンミキサー大帝:邪悪神の直属の手下と言われている超人。3人の内、サタンクロスは確定で残りの2人は状況や設定から可能性が高い。

関連記事

親記事

超人の神 ひとをこえしものをすべしかみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「邪悪五神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 424

コメント