ピクシブ百科事典

キン肉マンビッグボディ

きんにくまんびっぐぼでぃ

漫画「キン肉マン」の登場人物。
目次[非表示]

概要

キン肉マンビッグボディとは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場する超人。
CV:平野正人

出身キン肉星
国籍カナダ
超人強度1億パワー
身長245㎝
体重215㎏
生年月日1960年4月1日
年齢24歳(初登場時)

運命の5王子のひとり。
開拓者ストロングマン強力の神が乗り移り誕生した超人。「強力巨人」の異名を持ち、5王子一の巨体と怪力を誇る。その巨体は他の王子たちより頭一つほど高く、ギヤマスターからは「デカブツめ! 手繰り寄せるのに一苦労だ」と嘯かれていた。
アメフト風のプロテクターと、モトクロス用ヘルメット風のマスクが特徴。

強力チームを率いて王位争奪サバイバルマッチに参加した。
1回戦、会津若松城キン肉マンスーパーフェニックス率いる知性チームと対戦。
しかしチームメイトはマンモスマンひとりに敗れ、自身はスーパーフェニックスのマッスルリベンジャーを食らい自慢のパワーを見せる暇もなく(アニメ版では少しだけ戦う姿が描写された)あっさりと敗れた。
やられる前に「オ・・・オレにもよくわからないんだ。強力の神にそそのかされてムリヤリ出場させられたんだ」などと弱音を吐くというヘタレっぷりをさらけ出していた。

作者によると始めからやられ役、要するにかませ犬として作られたキャラクター。デザインも安直のやっつけ仕事で、さらには技すらも考えてなかったとの事。
闘将!!拉麺男』に登場する魔颶拏謀(マグナム)とそっくりなことからもやっつけ仕事具合がうかがえる。名前も作者の読み切り作品「勇者ビッグボディ」からの転用と思われる。
しかし、意外とファンが多かったらしい。

新シリーズでは

新シリーズではキン肉マンソルジャーを除く他の運命の5王子と共に東京にある国立超人博物館に展示されていた自らのマスクを強奪し、復活を遂げる。そして他の3人と共にサグラダ・ファミリアに向かい、オメガ・ケンタウリの六鎗客と対峙するキン肉マン達の前に姿を現した。
他の3人と共に六鎗客に宣戦布告すると、オメガの民たちに縁のある地へつながる黒雲へ飛び込み、中国紫禁城に設けられたリングでギヤマスターと対戦する。
ちなみにファンの予想では巨漢で怪力という繋がりかパイレートマンとの試合予想が多かった(なお、ギヤマスターも十分な巨漢である)。

ゲーム

ゲーム「キン肉マンマッスルグランプリ2」においてキャラクターの一人として登場。
名前のみの登場だった「メイプルリーフクラッチ」や新技「マッスルインパクト」を披露した。
なお、攻撃力は高い(ゲーム中最強クラス)が動きは遅い。また、原作であっさりやられたためか体力がとても低くベンキマン以下である。

関連タグ

キン肉マン
強力チーム ペンチマン レオパルドン ゴーレムマン キャノンボーラー
カナディアンマン(同じカナダ関連の超人。大柄で怪力だがやはり実力不足は否めない)
かませ犬 ヘタレ 脳筋

pixivに投稿された作品 pixivで「キン肉マンビッグボディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76342

コメント