ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

会津若松城

あいづわかまつじょう

会津若松城は福島県にあった日本の城であり100名城のひとつである。
目次 [非表示]

概要

福島県会津若松市に存在するで、別名「鶴ヶ城」(地元民はこちらの名前で呼ぶ。大河ドラマ『八重の桜』で城が映るシーンでも表記は「鶴ヶ城」である)。


歴史

葦名氏が弘和4年・永徳4年(1384年)に黒川城(東黒川館)として築城。

その後戦国時代まで葦名氏が城主をつとめるが天正17年(1589年)、伊達政宗によって葦名氏は滅ぼされ会津は伊達家に支配される。


しかしその翌年には政宗は豊臣秀吉に臣従し、小田原攻めへの遅参を咎められて黒川城は没収。蒲生氏郷が92万石で会津に入り、新たな城主となった。


蒲生氏郷は名を若松城と改め近代城郭として改修を行う事となる。

この時完成した天守が望楼型、7重と呼ばれる超巨大天守であったが、慶長16年(1611年)の会津地震で倒壊、「幻の天守」とも言われている。

江戸時代には層塔型5重天守として新たに再建されている。


氏郷の死後、子の秀行が後を継いだが、慶長3年(1598年)、御家騒動を機に宇都宮に減転封、上杉景勝が120万石で入封したが、慶長5年(1600年)に起きた関ヶ原の戦いにより出羽米沢30万石に減らされ、転封を余儀なくされた。

その後、関ヶ原で東軍に属した秀行が宇都宮から60万石で会津に入封したものの、若くして病死。やがてその子忠郷は伊予松山に転封、次いで加藤嘉明が40万石で入封したがお家騒動による混乱のために子の明成は自ら会津の加藤家領地を幕府に返上。目まぐるしく藩主が変わったものの、3代将軍徳川家光の異母弟・保科正之が入封されてからようやく落ち着き、以降は松平家が代々藩主を務める形で幕末に至った。

幕末の戊辰戦争ではは会津若松城は1か月持ちこたえたと言われているが、新政府軍の砲撃(当時としては最新の大砲であるアームストロング砲による)に文字通り蜂の巣になった写真が残されている。

明治の世に入ってからは、政府の手により城の大部分が取り壊された。


現在の天守は昭和40年(1965年)に鉄筋コンクリートによって外観復興されたものであり、平成23年(2011年)にはが明治以前の赤い瓦に葺き替えられた。

天守からは、磐梯山や飯盛山などを拝むことができる。

当時の遺構には、阿弥陀寺に移築された御三階がある。


キン肉マンキン肉星王位争奪編ではキン肉マンスーパーフェニックス率いる知性チームキン肉マンビッグボディ率いる強力チームの試合が場内特設リングで行われた。


pixivでは、御城プロジェクト:REおよび城姫クエスト関連のイラストが殆どである。


関連タグ

蒲生氏郷 上杉景勝 保科正之 加藤嘉明

鶴ヶ城

八重の桜 キン肉マン

若松城:こちらは福岡県にある城


城郭合体オシロボッツ:こちらの作品にも登場するが、何とロボットに変形する。


外部リンク

Wikipediaでは「若松城」として表されている。

関連記事

親記事

しろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124660

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました