ピクシブ百科事典

サグラダ・ファミリア

さぐらだふぁみりあ

スペイン・バルセロナ市にある「建設中の」教会。世界遺産。
目次[非表示]

概要

サグラダ・ファミリアは聖家族贖罪教会(カタルーニャ語:Temple Expiatori de la Sagrada Família)という正式名称を持つ、スペインバルセロナ市にあるカトリックのバシリカ(教会堂)である。
カタルーニャ出身の建築家アントニ・ガウディの未完作品。
1882年に着工。ガウディが詳細な設計図を残さないまま1926年に没した後も代々の建築家による補完を経ながら建設工事が続けられた。
2005年世界遺産指定。2010年にはローマ教皇ベネディクト16世により聖別が行われ正式に教会堂となった。
なお、現在の所2026年に完成する見込みとされている。

余談

  • 2006年、直下にスペイン高速鉄道AVE)の地下線建設計画が持ち上がったが、その調整途上で当局には未届けの"違法建築"だったことが判明した。その後追認される形で建築続行が承認されている。
  • 横浜駅は「(1928年の現在地での開業以来)長期間にわたり工事中の状態が続いている」ことから一部で「日本のサグラダ・ファミリア」という別称がある。サグラダ・ファミリアの方に上記の通り一応の完成目処が立ったため、本家を追い越してしまう可能性すら出てきた。
  • 工事期間がやたら長いもの、完成の目処が立たないものの代表格のように扱われているが、実際、教会としては工事期間は短い方だったりする。ドイツケルンの大聖堂は、着工から300年経っても完成せず、財政難を理由に工事が中断。19世紀になってからようやく完成したため、中断期間も含めれば600年以上も未完成だったことになる。
  • サクラダファミリアは本来の意味では誤記に該当するのだが、さりげなくサクラクエストにおいて言及される事になった。


関連タグ

教会 世界遺産 スペイン バルセロナ お宝返却大作戦!!

pixivに投稿された作品 pixivで「サグラダ・ファミリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25484

コメント