ピクシブ百科事典

ランペイジマン

らんぺいじまん

ランペイジマンとは、『キン肉マン』の登場人物。
目次[非表示]

「我が名は"戒律の神"」
「だが実体を得た超神には それにふさわしい新たな名が生じる」

「その名は"ランペイジマン"!!」

概要

属性超人の神→超神
出身地天上界(スクエアマンではジャマイカ)
身長228cm(スクエアマン)
体重200kg(スクエアマン)
超人強度9999万パワー(スクエアマンでは1200万パワー)
主な必殺技パニッシュメントエングレイバー


「調和の神編」で初登場。
超人滅亡を企てる調和の神に賛同する超神の1人。
元々は超人の神の一柱戒律の神であり、調和の神や他の同志達と共に下天を行い地上に襲来した。
二人称に「汝」を使う。笑い声は「テ〜トテトテト」。

ランペイジマン


全身黒いボディに、表情を読み取れない骸骨のような見た目の顔、胸や脚部にバツ印の模様が施された、シンプルながらも不気味な印象を与える姿をしている。

キン肉マンビッグボディにカピラリアの欠片を見せて反応を引き出したり、「超人はリングの上で立てた誓いは破らない」ことを逆手に取って条件付きの勝負に引きずり込むなど、手札の使い方が上手い。
一方で神を侮辱するような発言には怒りを見せており、少々短気なところがある。
ビッグボディに憑依していた邪悪五神強力の神とは、互いに旧知の仲である。
普段は他の超神同様厳格な口調だが、コーカサスマンとの会話時はフランクな口調になっている。

実体化して間もないのにもかかわらず、圧倒的なまでのパワー、強力チームの必殺技を連続で受けても余裕で耐え切る強靭さ、高度な超人格闘テクニックなど、力・技・タフネスの三拍子そろった完璧なまでの強さを誇っており、ザ・マンが史上最大の脅威と憂慮する超神の強さを満遍なく見せつけた。
また、何もない空間からリングを創り出したり、マグネットパワーに似たエネルギーを掌から放つなど、魔術のような力を持つ。

活躍

対強力チーム戦

中国の秦始皇帝陵に降下し、その内部の兵馬俑坑へ駆け付けたビッグボディの前で、超神の一番手としてその姿を晒した。

ビッグボディの実力を図るべく、小手調べと称して彼に襲い掛かるが、そこへ兵馬俑に扮していたペンチマンゴーレムマンキャノンボーラーがビッグボディを守るべく登場。
3対1という状況になるが、まずはキャノンボーラーの渾身のラリアットを受けても微動だにせず、逆に腕を掴んで片手で投げ飛ばし、地面に叩きつけるだけで撃破。
続けてペンチマンのペンチクローを顔面に受けるが、余裕の笑みを浮かべながら鋼鉄のペンチを飴細工のように容易く捻じ曲げ、パニッシュメントエングレイバーで倒す。
更にゴーレムマンのゴーレムジャイアントスウィングをボディシザースで返し(同時にゴーレムマンの身体を足で締め付けて砕いている)、最後にカシードラルボンバーでトドメを刺した。

その後、自らの持つカピラリアの欠片を使いカマをかけ、強力の神との仲や「実体の慣らし運転」を口実に欠片に関する情報を賭けた戦いに誘うが、そこに割り込む様にレオパルドンが乱入。「何だこやつは?」とある種当然の反応を示しながら彼を無視して、再度ビッグボディをリングに誘う。
しかし、レオパルドンの覚悟と決意を汲んだビッグボディはかつての号令を再現、同じくそれに再度答えたレオパルドンと対峙することとなった。

レオパルドンとの戦闘では、初撃のパニッシュメントエングレイバーを回避され、レオパルドンパンツァーショットで怯まされるが、超神としての実力によってレオパルドンを苦戦させる。
ビッグボディの声援を受け奮起したレオパルドンは、ターンバックルクーゲルで瓦礫を吸い込んで放つ大技「地獄の砲弾」の一撃をランペイジマンに浴びせるが、結果は致命傷には至らず、それどころか続けて撃たれた砲弾を難なく回避。
その後はレオパルドンに猛攻を仕掛けるが、降伏を拒否したレオパルドンの予想外の粘り強さに戸惑い、満身創痍の状態でありながらも自分に喰らいつく彼の力に疑問を抱く。だが、最終的にはレオパルドンのタンクシューターを切り返して逆に石柱に彼の頭を叩きつけ、止めの一撃としてバニッシュメントエングレイバーを今度こそ命中させ、レオパルドンの肉体を貫通した。
ランペイジマンはレオパルドンをリングの外まで吹き飛ばす勢いで技を放ったが、最後の最後までリングに残る事に執着したレオパルドンはロープを掴んでリングへと戻り、そのままダウン。

他にビッグボディの仲間がいないことを確認すると、ワザと生かしておいたレオパルドンを人質に取り、「カピラリアの欠片の所在を吐かなければ、レオパルドンの肉体を八つ裂きにする」とビッグボディを脅迫する。
だが、「要求に屈しるようなことがあれば、仲間達が屈辱の余り自害の道を選ぶ」としてランペイジマンの要求を拒否。リングに駆け上がって来たビッグボディのタックルを喰らい、拘束していたレオパルドンを救出される。

仲間を助けようとするビッグボディのしぶとさに苛立ちながら、そのまま「死よりも辛い拷問」と称してビッグボディと対決しようとするが、そこへモニター越しにキン肉マンスーパーフェニックスが乱入。
フェニックスは、直ぐにビッグボディ達を解放させるのと引き換えに、カピラリアの欠片の情報源を用意することを調和の神一派に提案し、地球上のどこかに繋がっている4つの大穴と滝を開く。
フェニックスの提案の裏に知性の神の存在があることを「気に食わない」と言いつつも、調和の神がその提案を受け入れたことで、その意思に同調。
ビッグボディに「己の幸運に感謝するがいい」「またどこかで会おうぞ」と、彼が命拾いした趣旨の言葉を残し、コーカサスマンや超神1名と共に大穴の一つをくぐり抜けて行った。

その後、ソ連・ダルヴァザに存在する「地獄の門」ことダルヴァザガスクレーターに到着。そこへ駆けつけたラーメンマンウォーズマン、そしてマンモスマンと対峙する。

先鋒のコーカサスマンとマンモスマンの戦いを観戦し、敗北したコーカサスマンが「超人は手強い」と言い残して自ら命を絶つ光景を目にする。
マンモスマンも限界を迎え、所持していたカピラリアの欠片を自らの超人パワーと混ぜどこかに投げるのを目の当たりにするも、欠片を追おうとするもう一人の超神を「コーカサスマンに勝ったのだからそれくらい認めてやろう」「また別の機会に取り戻せばいい」と引き留める。

マイティハーキュリーズの敗北後、調和の神の指示によってバベルの塔で超人達を迎え撃つ展開となり、その場から撤収した。

  • パニッシュメントエングレイバー

胸からバツ形の杭を高速で突き出すことで、正面の敵を攻撃する。強力な威力を誇り、ペンチマンやレオパルドンの身体をいとも簡単に貫通し、胸にバツ形の風穴を空けている。
見た目は『キン肉マンⅡ世』の序盤に登場したd.M.p所属悪行超人ボーン・キラーの技「ボーン・クラッシュ・クロス」と酷似している。

  • カシードラルボンバー
背中越しに左脚で相手の右腕と右脚、右手と右脚で相手の頭部、左手で相手の左手をフックし、エビ固めの体勢で肩からマットに叩きつける落下技。

余談

デザインは応募超人「スクエアマン」が元になっている。スクエアマンの見た目はランペイジマンとほぼ変わらず、名前だけを変更した模様。
なお、スクエアマンの投稿者はマックス・ラジアルと同じ人物で、「完璧・無量大数軍編」の開幕を担当した超人の投稿者が、再び「調和の神編」の開幕を担当する超神で採用される事となった。

関連タグ

キン肉マン 超人の神 超神 戒律

関連記事

親記事

超神 ちょうしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ランペイジマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19515

コメント