ピクシブ百科事典

レオパルドン(キン肉マン)

れおぱるどん

「キン肉マン」に登場する超人。
目次[非表示]

「めっちゃ強そうやん、身体デカいし!」(後述の番組でダウンタウン浜田が最初にレオパルドンを見た時に言った台詞)

概要

CV川津泰彦
身長230㎝
体重776㎏
国籍ドイツ(東西どちらなのかは不明)
年齢王位争奪戦開始時24歳
超人強度460万パワー


キン肉星王位争奪編」に登場した超人。ビッグボディ率いる強力チームの次鋒。
名前の由来はドイツ語で「豹」を表す、西ドイツ軍の戦車レオパルトからと思われる。
背中に砲台を背負い、左腕は銃になっている。あと、何故か裸足。
対戦相手であるマンモスマンの必殺技「ノーズフェンシング」によってほんの数コマ、わずか1ページで秒殺され何の技も出さないままの退場となった。作中の台詞もたったの3つ(しかも内2つは叫び声)しかない。

どう見ても心臓を貫かれたようにしか見えないが一命は取り留めており、作者公認のファンブック「キン肉マン 特盛」で入院中に大将のビッグボディが瞬殺された件にコメントを求められたがノーコメントとしていた事が明らかにされた。

次峰レオパルドン行きます!
グオゴゴゴ
ギャアーッ!

彼もまた読者の応募ハガキから誕生した超人なのだが、そのかませ犬どころの騒ぎじゃない扱いっぷりにネタキャラとして人気が出てしまった。人気投票「超人総選挙2013」では、なんと16位ジェロニモウルフマンより上)を獲得した。

なお、どう見ても登場から入れても30秒もかからず終わっている(アニメ版ではリングインして10秒程でぶっ倒れている)にも関わらず、後のラーメンマンモーターマンの試合(試合時間37秒)が「王位争奪戦最短(当時)試合」となっているが、ゆでなので気にしてはいけない。
(後付では後述の『ダウンタウン』で明かされた通り本当に一瞬でやられたが、ゴングがなる前に終わってしまったため試合時間が計測されていないという設定らしい)
カラーリングはアニメでは赤色だったが、漫画やゲームなどの媒体では緑色として描かれている。
また、アニメ版では両腕とも素手になりリングシューズを履いていた。

派生作品

その後、ゲーム「キン肉マンⅡ世~超人聖戦士~」では他の強力チームメンバー同様どういうわけかピンピンした状態で登場し、楽しげに大砲を試し打ちして古代遺跡をぶっ壊していた

スタッフの評価

2012年にCS日テレプラスで放送されたキン肉マン放送開始記念特番「夢の対決でゴーファイト!スペシャル」という、夢の対決の結果をゆでたまごの嶋田先生に判定してもらうという番組の中で、嶋田先生は「本当は強い」「『次鋒レオパルドンいきまーす!』と宣言したためにマンモスマンに奇襲された」などと答えているため本当に実力出したら強いらしい。
ちなみに対戦相手はスペシャルマンで、判定はレオパルドンの勝ち。

2014年にTBS系列で放送された「水曜日のダウンタウン」で、FUJIWARA原西孝幸の「レオパルドンよりも一瞬で殺されたものなどいない説」での嶋田先生のインタビューによれば、「超人だから人間よりずっと早く動ける」「マッハのスピードだから」ということで、マンモスマンには0.9秒で殺されたらしい。言うまでもなく、キン肉マンシリーズ最短撃破時間であろう。
しかしこのレベルですら、番組の秒殺ランキングでは2位だった。余談だが、『チャージマン研!』第19話のジュラル星人(1.5秒、4位)や『バキ』212話の郭春成(2秒、5位)、『ウルトラセブン』第1話のクール星人(4.5秒、7位)などもランクインしていた。


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「レオパルドン(キン肉マン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16945

コメント