ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:北川米彦(アニメ版、マッスルグランプリ2)、太田真一郎(ジェネレーションズ)

概要

属性完璧超人
出身地日本
身長290cm
体重320kg
超人強度5000万パワー
主な必殺技メガトン・キング落とし

(以上のデータは『学研の図鑑 キン肉マン「超人」』より)


旧シリーズ

夢の超人タッグ編に登場した完璧超人ビッグ・ザ・武道の真の姿。

「完璧超人の真の首領」を自負し、普段はタッグパートナーであるネプチューンマン表向きの首領として立て正体を隠していた。


ビッグ・ザ・武道に化け、10万年もの間、ロンドンテムズ川の底で自分の意志を継ぐ者を待っていた。そこへ自身のあまりの強さに見合う相手を見出だせず自殺を図ろうとしていた喧嘩男(ケンカマン)を発見し、彼の実力を見込んでネプチューンマスクを授け、ネプチューンマンとして彼をパートナーに抜擢する(その後の活躍はビッグ・ザ・武道の記事を参照)。


新シリーズ

実は完璧超人の首領などではなく、主流から外れて独自に派閥を形成しただけの一幹部に過ぎなかったことが判明。しかも、ダルメシマンによれば無量大数軍を勝手に弟子と呼んでいたという。


彼の変装と酷似した完璧超人ストロング・ザ・武道が登場しているが、別人であるらしい(作者によるトークイベントでは、ストロング・ザ・武道(超人閻魔ことザ・マン)に憧れて変装姿を真似たことが語られた)。

彼曰く、完璧超人の幹部だったらしいが、超人タッグトーナメントでの「武器を使う」という完璧超人の掟を破る無様な行動によって超人閻魔の逆鱗にふれてしまい、その時点で幹部の座から脱落したという。


実は元無量大数軍の一員であり、完璧超人の中でも古株だったとのこと。当時は有望な完璧超人と一目置かれていたという。事実作中では「ロビンスペシャル」、「レッグラリアート」、更には「ロングホーントレイン」と「バスターバリエーションPart5」という数多くの必殺技を受けてもなお平然としている程の凄まじい耐久力を持っている上、金網でモンゴルマンを包みそれを片手で軽々と振り回す程の怪力も備えていた。

またサイコマンに師事していた時期があり、サイコマンもそんな彼に才を見出しマグネット・パワーの使い方を教授していた。これは同時に、グリムリパーの正体を知っていたということになる。ネプチューンキング以外の無量大数軍は全員彼の正体については知らなかったことが確定しており、これだけでも当時のネプチューンキングが格別の扱いをされ期待されていたことがわかる。


しかし、マグネット・パワー会得により次第に増長を始めてしまい、それを見かねた師であるサイコマン自身により無量大数軍の座を剥奪された。


その後、自らの手下(旧キン肉マンに登場した1000人の弟子たち)を引き連れ「完璧超人本隊」を自称し独自の派閥を形成。超人閻魔や始祖の許可などなく無断で地上に侵攻。

ネプチューンマンと共にタッグトーナメントに参加し圧倒的な強さで決勝戦まで勝ち進み、決勝戦でも圧倒的な強さを見せたが、キン肉マン達にマグネット・パワーを封じられたことが仇となって敗北。あえなく死亡(この時マスクが壊れた所から顔の皮が剥がれ落ちた、ミイラの様な凄まじい形相の素顔を晒した。保湿保温のためにオーバーボディを多くまとっていたという)。


死体は天上界に運ばれ、知性の神によってキン肉マンの脅威をほかの邪悪神に知らしめる為にさらし者にされていた。


自分が倒した訳でもないはぐれ悪魔超人コンビを制裁と称して試合外で虐殺したり、モンゴルマンの金網恐怖症を利用して苦しめたり、呪いの人形を使ってキン肉マンテリーマンを仲間割れさせたり、リングの地割れに落ち込んで身動きの取れないテリーマンを、凶器を使用してはならないとする完璧超人の掟を踏みにじり鉄柱で痛めつけ、それをネプチューンマンに責められても「時と場合による」と開き直るなど、無量大数軍や始祖と違い高潔さの欠片もない極めて非道で卑劣な性格をしており、自身もマグネットパワーがないと下等超人と変わらないと認めている。

かつての師匠サイコマンには「あんな小者にマグネット・パワーを教えたことが間違いだった」「勝手に地上に侵攻し無様に下等超人に敗れるような最低の小者」とまで吐き捨てられている。


王位争奪編では、オメガマンの亡霊超人の一人として取り込まれてしまっていた。

このことからも、彼が死後超人閻魔からぞんざいな扱いを受けていたと考えられるといえよう(スクリュー・キッドの様なスパイ活動目的ではないと思われる)。


ニックネームは完璧・無量大数軍“完傑(かんけつ)”


古代超人界ではカリスマ的存在だったらしく「ソードデスマッチ」もかつて彼が考案したものらしい。


余談

キン肉マンⅡ世ではd.m.p結成時の完璧超人首領がネプチューンキングだった…のだが、いつの間にか麒麟男に変更されている。現在の単行本やアニメでは最初から麒麟男であるが単行本3巻収録24話の回想ではネプチューンキングがいる。


『究極の超人タッグ編』にて摂食した超人に強大な力をもたらすとされ、少量でも瀕死もしくは死亡した超人を回復・蘇生させる「トロフィー球根」が登場している。また、死皇帝の口ぶりから察するに、これには不老不死の効果もあるとの説もあった模様。加えて、ネプチューンキングは無量大数軍の肩書きを剥奪された際、無量大数軍の特典である不老を奪われており(先述した素顔の特徴もうなずける)、正体が露わになった時の「やり残していることがある」という発言などから、覆面超人のマスクと共に球根を狙っており、優勝の暁にはそれを喰らって全盛期の若さと不死、そして宇宙最強の力を有する「より完璧な存在」にならんと企んでいた可能性がある。


上述の通り、サイコマンから吐き捨てられていたがサイコマン自身も

マグネットパワーに頼り切る様になった結果、根本的な技術が疎かになった』という本末転倒な事になっておりおまけに他の始祖からマグネットパワーは散々否定されており、その点では似た者師弟だったと言えるのかもしれない。

しかし「情を持ちながら否定し続けた」サイコマンと「情をそもそも持っていなかった」ネプチューンキングという点は対極と言える。


その一方で「地球の力を借りてマグネットパワーを用いる自分もマグネットパワーが無ければ下等超人と同じ」と断言するなど妙に謙虚なところがある。かつて期待されていた有望さの名残だろうか。


関連項目

キン肉マン

完璧超人 ビッグ・ザ・武道

ヘル・ミッショネルズ

ネプチューンマン

オメガマン

ネプチューン・キング表記揺れ

サイコマン

マグネットパワー

無量大数軍

リヴァイアサン(キン肉マン):オーバーボディをまとっていたり敗北時の演出がネプチューンキングのオマージュ。

小悪党

関連記事

親記事

ビッグ・ザ・武道 びっぐざぶどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105781

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました