ピクシブ百科事典

ネプチューンキング

ねぷちゅーんきんぐ

ネプチューンキングとは、漫画『キン肉マン』に登場する超人。
目次[非表示]

概要

旧シリーズ

夢の超人タッグ編に登場した完璧超人ビッグ・ザ・武道の真の姿。
完璧超人の真の首領を自負し、普段はタッグパートナーであるネプチューンマン表向きの首領として立て正体を隠していた。

ビッグ・ザ・武道に化け、10万年もの間、ロンドンテムズ川で自分の意志を継ぐ者を待っていた。
そこへ自身のあまりの強さに見合う相手を見出だせず自殺を図ろうとしていた喧嘩男(ケンカマン)を発見し、彼の実力を見込んでネプチューンマスクを授け、ネプチューンマンとして彼をパートナーに抜擢する。
(その後の活躍はビッグ・ザ・武道の記事を参照。)

新シリーズ

実は完璧超人の首領などではなく、主流から外れて独自に派閥を形成しただけの一幹部に過ぎなかったことが語られる。

彼の変装と酷似した完璧超人ストロング・ザ・武道が登場しているが、別人であるらしい(作者によるトークイベントでは、ストロングに憧れて変装姿を真似たことが語られた)。
彼曰く、完璧超人の幹部だったらしいが、超人タッグトーナメントでの「武器を使う」という完璧超人の掟を破る情けない行動によって超人閻魔の逆鱗にふれてしまい、幹部の座から脱落したという。

実は過去には無量大数軍の一員であり、完璧超人の中でも古株だったとのこと。当時は有望な完璧超人と一目置かれていたという(事実作中では「ロビンスペシャル」、「レッグラリアート」、更には「ロングホーントレイン」と「バスターバリエーションPart5」という数多くの必殺技を受けてもなお平然としている程の凄まじい耐久力を持っている上に金網でモンゴルマンを包みそれを片手で軽々と振り回す程の怪力である)。
またサイコマンに師事していた時期があり、その際に才を見出したサイコマンによってマグネット・パワーの使い方を教わり自らのものとした。
(これは同時に、グリムリパーの正体を知っていたということになる。現状ネメシスおよび武道以外の無量大数軍は全員知らなかったことが確定しており、これだけでもネプチューンキングの当時のすごさがよくわかるだろう)。

しかしその結果か、次第に増長を始めてしまい、それを見かねた師であるサイコマン自身により無量大数軍の座を剥奪された。
(つまり無量大数軍剥奪後も一応幹部だったわけである。改心するのを待っていたのだろうか、死ぬのを待っていたのかどちらかは不明だが、超人閻魔も気が長いと言える。)
その後、自らの手下(旧キン肉マンに登場した1000人の弟子たち)を引き連れ「完璧超人本隊」を自称し独自の派閥を形成。超人閻魔や始祖の許可などなく無断で地上に侵攻したがあえなく死亡。

自分が倒した訳でもないはぐれ悪魔超人コンビを制裁と称して試合外で虐殺したり、モンゴルマンの金網恐怖症を利用して苦しめたり、呪いの人形を使ってザ・マシンガンズを仲間割れさせるなど、偉そうにしているだけで、無量大数軍や始祖のような高潔さを持たず、自身もマグネットパワーがないと下等超人と変わらないと認めている。
サイコマン「あんな小者にマグネット・パワーを教えたことが間違いだった」「勝手に地上に侵攻し無様に下等超人に敗れるような最低の小者」とまで吐き捨てている。


王位争奪編では、オメガマンの亡霊超人の一人として取り込まれてしまっていた。
このことからも、彼が死後超人閻魔からぞんざいな扱いを受けていたと考えられるといえよう。

キン肉マンⅡ世ではd.m.p結成時の完璧超人首領がネプチューンキングだった…のだが、いつの間にか麒麟男に変更されている。現在の単行本やアニメでは最初から麒麟男である。

ニックネームは完璧・無量大数軍“完傑(かんけつ)”

古代超人界ではカリスマ的存在だったらしく「ソードデスマッチ」もかつて彼が考案したものらしい。

関連項目

キン肉マン
完璧超人 ビッグ・ザ・武道
ヘル・ミッショネルズ
ネプチューンマン
オメガマン
ネプチューン・キング表記揺れ
サイコマン
マグネットパワー
無量大数軍

pixivに投稿された作品 pixivで「ネプチューンキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46295

コメント