ピクシブ百科事典

マッスルドッキング

まっするどっきんぐ

マッスルドッキングとは、ゆでたまご作の漫画『キン肉マン』に登場する必殺技である。

概要

夢の超人タッグ編』にて、マッスルブラザーズキン肉マンキン肉マングレートのタッグ)が使用したツープラトン。後にザ・マシンガンズキン肉マンテリーマンのタッグ)が使用。

相手の二人にそれぞれキン肉バスターキン肉ドライバーを仕掛け、キン肉ドライバーにキン肉バスターが肩車する形で空中合体し着地する。その威力はそれぞれの技の「十倍」といわれ、キン肉マンはこの技で四次元殺法コンビはぐれ悪魔超人コンビヘル・ミッショネルズといった強豪タッグチームを次々と撃破していった。

一番下のキン肉ドライバーをかけられている超人が一番ダメージを受けるのは納得できる。それこそ十倍のダメージもあるかもしれない。しかし普通に考えると次にダメージを受けるのはその上のキン肉ドライバーをかけている超人になりそうなものだが…。という疑問を抱く読者も多かったが
39巻の質問コーナーにて「テリーマンは陰で特別な修行をしているので大丈夫」というアンサーが出された。
ラーメンマンほどの超人でも、キン肉ドライバー側に回ったら大きく首を痛めてしまうだろうが、テリーマンなら大丈夫だそうで。陰の努力恐るべしである。
一見適当な回答なようで、妙な説得力も兼ね備えているこのアンサー、流石はゆで先生である。

ちなみにヘルミッショネルズ戦では、
反対にテリーマンがキン肉ドライバー部分、キン肉マンがバスターを担当するという今までの真逆でトドメをさしているが、これは単なる誤植・・・ではなく、逆にすることでキン肉マンとテリーマンの更なる力が発揮し、この形が定着したことが後の「究極のタッグ超人編」で語られている。

技名も初期版は「マッスルドッキングα(アルファ)」、ミッショネルズの逆バージョンは「マッスルドッキングβ(ベータ)」と命名され、未来から過去にやってきたネプチューンマンもこの技で敗北を喫した「β」版の方を評価をしている。

パチンコ版の「CRキン肉マン夢のタッグ編」ではグレートの正体(テリーマン)を隠しているためカメハメとの混合を避けるためか、ヘルミッショネルズだろうがマッスルドッキングは「α」版のみとなっている。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「マッスルドッキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 525113

コメント