ピクシブ百科事典

火事場のクソ力

かじばのくそぢから

キン肉マンおよびキン肉族の最大の武器。その正体は友情パワーである。
目次[非表示]

概要

キン肉マン」シリーズに登場する潜在的な力の総称であり、本シリーズにおいて、主人公のキン肉マン奇跡の逆転ファイターたらしめている要因である。最近、その力の正体は友情パワーであると判明した。

「家が火事になった時に、一人で抱えきれない量の荷物を持ち上げる、普段の力では開けられない扉をこじ開ける等、人は窮地に陥ると生き延びる為にとんでもない怪力を出せる」という「火事場の馬鹿力」が名前の由来かつ類似系の力である。

キン肉マンが強敵と対峙し生死の境目まで追い詰められた際に、己の限界を超えた力として発揮する潜在力であり、本来ならば超人強度95万パワーであるキン肉マンの力を7000万パワーに底上げしている。生存本能の赴くまま無意識に繰り出されるため、先読みの困難な柔軟な技が次々と繰り出される。
もっとも、キン肉マンは火事場のクソ力をミキサー大帝によって封印された状態でも強豪超人達と渡り合っているため、絶対的に必要な代物ではない模様である。
アシュラマンの言葉を借りるなら、超人強度に優劣があっても、より鍛え抜いた方が強いということだろう。火事場のクソ力とはキン肉マンが努力と根性、そして友情によって後天的に昇華させている能力なのである。

火事場のクソ力の根源はキン肉マンが戦いの中で他の超人達と育んできた友情であることは先述の通りだが、友情のパワー自体は他の超人や人間達にも伝播していくモノでもあった。
そのため、キン肉マンと戦い友情を交わした超人達は本来の超人強度を超える力を発揮するようになり(公式ガイドブック『77の謎』ではロビンマスク運命の5王子知性チームと言った超人強度1000万越えの超人と渡り合えたのもひとえに火事場のクソ力を発揮したおかげとしている)、引いては見ていた人間たちにも何らかの影響を与えるようにもなった。
しかし、そのことに危機感を覚えた超人閻魔により、完璧超人たちとの全面対決を引き起こしてしまった。

またオメガ・ケンタウリの六鎗客オメガマン・ディクシアの報告から、故郷のオメガ星を滅亡から救う希望としている存在でもある。
更に火事場のクソ力には三段階の強さがあり、「己のため」、「友のため」、「敵を含めたすべてを救うため」と状況に応じてより強い力が引き出されることが判明している。

また、キン肉族は代々この火事場のクソ力を有しており、王族に至っては101歳のヨボヨボ老人(Ⅱ世当時)であるキン肉真弓や、王位継承権を放棄したキン肉アタルでもランタン(後述)に火をともすことが出来る。

魂のランタン

習得!!火事場のクソ力!!!


キン肉王家に代々伝わるランタン。火事場のクソ力を持つ者だけが、正義の炎を灯すことが出来る。
二期生入れ替え戦後のキン肉万太郎は種火程度の炎しか灯すことが出来なかったため、凶悪囚「ノーリスペクト」との戦いという試練が課せられた。
炎の要素は三つあり、それぞれ「負けた敵を許すことのできる寛容の炎」「己の欲望を忘れて立ち向かう無我の炎」「絆を紡ぐ友情の炎」と呼ばれており、(後付けではあるが)火事場のクソ力の三段階に対応している。

類例

墓場のクソ力~!


この火事場のクソ力に類するものは他の超人にも存在する。
例えばアシュラマンは重傷を負っても魔界のクソ力と言い張って立ち上がり、ノーリスペクトの3人は墓場のクソ力という強欲、残虐、非道をエネルギー源とする負のクソ力を有している(先述のランタンでは火ではなく氷柱が展開される)。

キン肉マンⅡ世』では、ロビンマスクの息子ケビンマスクが「大渦(メイルストローム)パワー」と呼ばれる、火事場のクソ力に匹敵する潜在パワーを発揮していた。

火事場のおっぱい力

キン肉マンレディ


キン肉マンレディー』を参照

関連タグ

キン肉マン キン肉マンⅡ世 キン肉星

関連記事

親記事

キン肉マン きんにくまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「火事場のクソ力」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405633

コメント