ピクシブ百科事典

超人閻魔

ちょうじんえんま

超人閻魔とは、漫画『キン肉マン』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:平野正人
死亡した超人たちが流れ着く「超人墓場」を取り締まる支配者。
超人強度は9999万。

初登場は『運命の5王子編』から。
夢の超人タッグ編』で死亡したはずのネプチューンマンが仲間の超人たちにより蘇生されたことを良しとせず、超人ハンター・オメガマンに彼の殺害を依頼していた。TVアニメ版では更に、運命の5王子に味方する邪悪の神々を取り仕切る黒幕という設定で、彼らを使い正義超人の中でも影響力の強いキン肉王族を掌握し、正義超人たちを滅ぼさんと企てていた。

続編『キン肉マンⅡ世』では、悪魔の種子メルトダウンが悪魔超人界に伝わる「鬼出しの釜」について語っていた際に悪魔将軍と肩を並べる姿が描かれている。

新章『完璧・無量大数軍編』

その前身は、原初の超人の完璧超人始祖の一人であり、その創始者でもある“完璧・零式”ザ・マンという人物である。

太古の昔に「神」であった彼は、抗争を続ける地上の超人たちを大粛清する計画に反発し、一人の超人として地上へ降り立ち、自ら見出した10人の超人を救出する。その後、その10人と共に完璧超人始祖を名乗り地上の監理を続けたが、後に別の手段で粛清を免れた超人たちの存在を知る。

以降は始祖と共に異空間へ移住し、彼らに介入することなく監視する道を選んだものの、地上の超人たちは再び争いを繰り広げ、粛清が行われる以前の何も変わらない結果に失望する。そこで彼は、自ら地上の「下等超人ども」に制裁を下すと共に、彼らの魂を監理する「超人墓場」を生成し、その番人である「超人閻魔」を自負するようになったという。
(経歴のより詳細についてはザ・マンの記事を参照。)

しかし、そうした形で超人を管理する上で、いつの頃からか、地上の超人たちの間で「友情パワー」のような不可思議なパワーの上昇する現象が頻発し、それがいずれ現在の管理体制におけるパワーバランスの崩壊を招きかねないと危惧した閻魔は、完璧・無量大数軍の一人“完武”ストロング・ザ・武道として正体を隠し、地上へ降り立つことになる。

関連タグ

キン肉マン 超人の神
閻魔大王 超人墓場 オメガマン
運命の5王子知性チーム技巧チーム飛翔チーム強力チーム残虐チーム:アニメ版での部下

完璧超人
完璧超人始祖 ザ・マン
無量大数軍 ストロング・ザ・武道

pixivに投稿された作品 pixivで「超人閻魔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26137

コメント