ピクシブ百科事典

二階堂マリ

にかいどうまり

漫画およびそれを原作としたテレビアニメ『キン肉マン』の登場人物。
目次[非表示]

※なお、対魔導学園35試験小隊に登場する同姓同名のキャラクターについては二階堂マリ(対魔導学園35試験小隊)を参照のこと。

概要

CV:中島千里井上美紀(王位編、キン肉マンⅡ世)

本作のヒロインの一人。職業は幼稚園の保母。
キン肉マンの憧れの女性で、作中では「マリしゃん(マリさん)」と呼び慕われている。
自身の務める「住之江幼稚園(アニメ版ではひまわり幼稚園)」が彼の住むキン肉ハウスと近かったこともあり、キン肉マンとは園児共々親しい間柄。
雑誌記者の翔野ナツコとは友人(悪友?)であり、時に口喧嘩を挟みつつキン肉マン・テリーマンの応援に駆けつけている。

原作ではアメリカ遠征編を最後に物語から姿を消す。
続編『キン肉マンⅡ世』にて再登場した際は、その理由として自身の引っ込み思案な性格でキン肉マンに思いを伝えられず積極的で活発なビビンバこそキン肉マンの恋人に相応しいと自ら身を引いたことが語られる。

アニメ版

TVアニメ版ではナツコ共々終始ヒロインとして登場。7人の悪魔超人編を機にキン肉マンと恋人同然の間柄となる。放映期間中にはキャラクターソングも作られた。
悪魔将軍戦ではナツコと共に放送席を乗っ取り、二人で実況と解説を行っている。主にマリは劇中で登場した難しい言葉・単語に対する解説などを行っており、キン肉真弓から称賛されている。そんなマリさんが気に入らないらしく、キン肉王妃は毎度毎度歯噛みして冷静さを失っていたりする。早くも嫁姑の関係を築いていた。
キン肉マンが他の女性にデレデレしたりすると激しい怒りを見せたり、ボケに対し肘打ちを喰らわせるなど原作にはない新たな一面が描かれた。しかし、極悪超人編では、キン肉マンのデレデレした態度が仲間たちを失った悲しみを紛らわすためのものだと見抜き、最後まで応援することで愛を貫いた。
王位争奪編では決勝戦の前にキン肉マンにプロポーズされて承諾していた。



キン肉マンⅡ世

キン肉マンから身を引いた後幼児教育について学ぶため日本を離れていたが、同幼稚園の園長である父の死をキッカケに帰国し、父の後を継いで園長に就任する。その後、雪の日に幼稚園の前に捨てられていた赤ん坊を拾い、自身の娘として育てる。キン肉マンが勇姿をみせる「リング」に肖り「凛子(リンコ)」と名付ける。

それから数年後、入れ替え戦の後のある日、夜遊びをする不良娘の凛子が家に連れ込んだ少年が、かつての想い人の息子・キン肉万太郎であることを知り感涙し、以降は母娘揃って万太郎を応援するようになり、図らずも万太郎との出会いが母子の和解に一役買う結果になった。
しかし、アニメでは凛子の不良設定はカットされた為、万太郎・ミートと出会うタイミングなどが変更されている。

第22回超人オリンピック決勝戦前には地球に訪れたキン肉マンと再会を果たし、幼稚園で思い出話に華を咲かせた。

関連タグ

キン肉マン キン肉マンⅡ世
ヒロイン 保母 園長
キン肉スグル テリーマン 翔野ナツコ
二階堂凛子

関連記事

親記事

キン肉マン きんにくまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「二階堂マリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 271778

コメント