ピクシブ百科事典

サタン(キン肉マン)

さたん

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場する悪の化身。
目次[非表示]

CV:郷里大輔

概要

キン肉マン』に登場する悪魔。
悪魔超人と深い関わりがあるのは間違いないが、「悪魔サタン」「大魔王サタン」「魔王サタン」「魔界の領袖サタン」と作中でもさまざまな呼び方をされており、未だに詳しい実態は判明していない。
悪魔将軍とサタンの関係も話が出る度にコロコロ変わり、何が正しいのか分からずじまい。
一応、「この世の怨念の集合体」という設定だけは確定済みのようだ。

笑い声は「ゲギョゲギャー」「ギレラレ~ッ」「バゴアバゴア」など。

『キン肉マン』での活躍

7人の悪魔超人編で初登場。
超人強度100万パワーの三流超人だった昔のバッファローマンに、身体と血を売り渡す代わりに1人超人を倒すごとに1万パワーずつ超人強度を上げる契約を持ち掛け1000万パワーの悪魔超人にする。

黄金のマスク編ではシルバーマンと引き分けたゴールドマンの復讐心に呼応して登場。
新たな肉体として悪魔六騎士を貸し与え、首だけのゴールドマンを悪魔将軍として復活させた。

キン肉マンⅡ世』での活躍

悪魔の種子編で登場。人間から迫害を受けている超人たちにジェネラルストーンを与え、新世代悪魔超人「悪魔の種子(デーモンシード)」に変える。
ミートくんの身体を媒体に悪魔将軍を復活させようとするも、最後の最後でアシュラマンに裏切られ失敗。
なお、アシュラマンがサタンの影に「将軍様」と語りかけたり、この頃は「サタン=悪魔将軍」という意味合いが強かった。

次の究極の超人タッグ編でも登場。このシリーズのサタンは今までのシリーズと違いよく喋る。

マンモスマンの裏切り行為により悪の磁場が発生し、上野公園が「あらゆる禍や負のエネルギーの結界」で覆いつくされたのを受けた時間超人
「マサランガ スクリット ブラックウィドーズ」
「マサランガ スクリット ブラックウィドーズ」
「悪魔の領袖よ、今こそ我に力を与えたまえ。マサランガ スクリット ブラックウィドーズ」
という呪文によって降臨した。

サタンの影を見たミートは
「悪魔超人最強と呼ばれたあの悪魔将軍でさえサタンの威光の前にはただのあやつり人形にすぎなかった」
「”最強”の異名を持つ悪魔将軍と双璧…いやそれ以上の悪魔かも」
とサタンを分析している。

自分の声を耳障りと言われて怒ったり、「自分を召喚しておいて何か手土産は無いのか」と時間超人に催促したりとコミカルな一面を見せた後、悪魔としての本領を発揮する。
ブラックウィドーズという巨大な蜘蛛を召喚し、時間超人・完璧超人の負のパワーを込めてキン肉マンの身体に取り付かせ、3日後の試合で試合開始のゴングが鳴った666秒後に必ず死ぬ「黒後家蜘蛛の呪い」をかける。

さらに正義超人が苦しむ姿をより楽しみたいサタンは呪いを解く唯一の方法を教える。
(一縷の望みが絶望を倍化させる、という趣向によるもの)
それは「全宇宙のキン肉マンを愛している人間の中から1人居るキーパーソンを見つけ、それと抱擁をする」という、砂浜に埋まっている1本の針を探し出すような無理難題であり、後に「姦計の達人」と呼ばれるだけの知性をこの上なくアピールした。

しかし絶好調のサタンの活躍もここまで、呪いの解き方を教えた直後にサタンは用済みと見なされ時間超人に殺されてしまった。

『オール超人大進撃』での活躍

ドゥームマンの回想に登場し、弱小超人だったドゥームマンを唆して地獄のアーマーを装備させ悪行超人に変貌させた。

『キン肉マン』新シリーズでの活躍

完璧超人始祖編は悪魔将軍がキン肉マンと並ぶもう1人の主役として描かれたシリーズであり、当然サタン関連の話も展開されると期待されたが一切サタンの話は出なかった。
それどころか、シルバーマンとゴールドマンがお互いに首を刎ねた話も真相は伝承と大幅に違うものであったり、悪魔将軍そのものも「ゴールドマンが自ら下野した姿」という設定に変わったりして、サタンはゆでたまごの中から居なくなったものと思われた……。

が、完璧超人始祖編の次のシリーズでついにサタンが完全復活を果たす。
今まで影のような姿でしか登場しなかった全身を露わにし、正義・悪魔・完璧の各属性の主要超人を全て結界の中に封じ込めたのである。
そしてゴールドマンとしての自我を取り戻した悪魔将軍や友情パワーに目覚めた悪魔超人たちに見切りをつけ、「我が憎しみの感情を体現する真の悪魔となりうる一族」ことオメガ・ケンタウリの六鎗客を地球に送り込んだ。

関連タグ

キン肉マン キン肉マンⅡ世
悪魔将軍 悪魔超人 悪魔六騎士 オメガ・ケンタウリの六鎗客

pixivに投稿された作品 pixivで「サタン(キン肉マン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123

コメント