ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「当たり前であろう 私が慈善事業でお前たちを支援してやるお人よしに見えるのか」 

「我は 悪の権化 大魔王サタンであるぞ」

概要

CV:郷里大輔

キン肉マン』に登場する悪魔。一人称は「私」。
悪魔超人と深い関わりがあるのは間違いないが、「悪魔サタン」「大魔王サタン」「魔王サタン」「魔界の領袖サタン」と作中でもさまざまな呼び方をされており、未だに詳しい実態は判明していない。
魔界の真の支配者である悪魔将軍とサタンの関係も話が出る度にコロコロ変わり、何が正しいのか一定していない。
少なくとも、「この世の怨念の集合体」という設定だけは確定済みのようだ。
好きな動物はクロゴケグモ

笑い声は「ゲギョゲギャー」「ギレラレ~ッ」「バゴアバゴア」など。

『キン肉マン』での活躍

7人の悪魔超人編で初登場。
超人強度100万パワーの三流超人だった昔のバッファローマンに、身体と血を売り渡す代わりに1人超人を倒すごとに1万パワーずつ超人強度を上げる契約を持ち掛け1000万パワーの悪魔超人にする。
キン肉マンとの最終決戦の際に一時的にその魔力を貸し与え憑依するも、バッファローマンがキン肉マンに敗れ、改心したため、逆上して分離しバッファローマンの背中を串刺しにして致命傷を負わせた。

黄金のマスク編ではシルバーマンと引き分けたゴールドマンの復讐心に呼応して登場。
新たな肉体として悪魔六騎士を貸し与え、首だけのゴールドマンを悪魔将軍として復活させた……という設定だが、六騎士は依代に過ぎないので、「ゴールドマンそのものとバッファローマンがスパーリングをした」というセリフも出ている。作中でも将軍は胸に風穴が空き六騎士が完全に分離した状態でも普通に動き回ってるし。

激戦の末にキン肉マンが悪魔将軍を倒し、正義超人の友情に心打たれたゴールドマンは自らの意思でサタンを分離させ、シルバーマンと共に金銀合体マスクとなった。

公式ガイドブック『77の謎』においても、「作中一番の悪行超人は、間違いなく悪魔将軍です。しかも、ゴールドマンの部分はまだ改心する余地があったのですが、残されたサタン部分は完全なる純粋悪で同情の余地も全く無い」とまで断ぜられている。

キン肉マンⅡ世』での活躍

悪魔の種子編で登場。人間から迫害を受けている超人たちにジェネラルストーン(後述)を与え、新世代悪魔超人悪魔の種子(デーモンシード)」に変える。
超人界の頭脳線たるミートくんの身体を媒体に悪魔将軍を復活させようとするも、最後の最後でアシュラマンに裏切られ失敗。
なお、アシュラマンがサタンの影に「将軍様」と語りかけたり、『夢の超人タッグ編』冒頭で将軍に見切りをつけたはずのサンシャインが「光栄の極みにございまする~!」とペコペコしていたり、悪魔将軍が六騎士と分離しているにもかかわらず黄金のマスクを奪い取る為にキン肉星に向かう(ジェイドの思い違いの可能性あり)など、この頃は「サタン=悪魔将軍」という意味合いが強かった。

次の究極の超人タッグ編でも登場(時系列は1983年が舞台)。このシリーズのサタンは今までのシリーズと違いよく喋る。

マンモスマンの裏切り行為により悪の磁場が発生し、上野公園が「あらゆる禍や負のエネルギーの結界」で覆いつくされたのを受けた時間超人
「マサランガ スクリット ブラックウィドーズ」
「マサランガ スクリット ブラックウィドーズ」
「悪魔の領袖よ、今こそ我に力を与えたまえ。マサランガ スクリット ブラックウィドーズ」
という呪文によって降臨した。

サタンの影を見たミートは
「悪魔超人最強と呼ばれたあの悪魔将軍でさえ サタンの威光の前にはただのあやつり人形にすぎなかった」
「”最強”の異名を持つ悪魔将軍と双璧…いやそれ以上の悪魔かも」
とサタンを分析している。

自分の声を耳障りと言われて怒ったり、「自分を召喚しておいて何か手土産は無いのか」と時間超人に催促したりとコミカルな一面を見せた後、悪魔としての本領を発揮する。
ブラックウィドーズという巨大な黒後家蜘蛛を召喚し、時間超人・完璧超人の負のパワーを込めてキン肉マンの身体に取り付かせ、三日後の試合で試合開始のゴングが鳴った666秒後に必ず死ぬ「黒後家蜘蛛の呪い」をかける。

さらに正義超人が苦しむ姿をより楽しみたいサタンは呪いを解く唯一の方法を教える。
一縷の望みが絶望を倍化させる、という趣向によるもの)
それは「全宇宙のキン肉マンを愛している数えきれないほどの人々の中から一人居るキーパーソンを見つけ、それと抱擁をする」という、砂浜に埋まっている一本の針を探し出すような無理難題であり、後に「姦計の達人」と呼ばれるだけの知性をこの上なくアピールした(その一人というのも、当時のキン肉マンにとってはとても苦しい選択となる人物であった。最底の部類とか言われるわけである)。

しかし絶好調のサタンの活躍もここまで、呪いの解き方を教えた直後にサタンは用済みと見なされ時間超人に始末されてしまった。とはいえその程度でくたばるわけもなく、一時的に撤退しただけに過ぎないらしい。

オール超人大進撃』での活躍

ドゥームマンの回想に登場し、弱小超人だったドゥームマンを唆して地獄のアーマーを装備させ悪行超人に変貌させた。

『キン肉マン』新シリーズでの活躍

完璧超人始祖編は悪魔将軍(ゴールドマン)がキン肉マンと並ぶもう1人の主役として描かれたシリーズであり、当然サタン関連の話も展開されると期待されたが一切サタンの話は出なかった。
それどころか、シルバーマンとゴールドマンがお互いに首を刎ねた話も真相は伝承と大幅に違うものであったり、悪魔将軍そのものも「ゴールドマンが自ら下野した姿」という設定に変わったりして、サタンはゆでたまごの中から居なくなったものと思われた……。

が、完璧超人始祖編の次のシリーズでついにサタンが完全復活を果たす。
今まで幻影しか登場しなかった全身を露わにし(メイン画像の姿)、正義悪魔完璧の各属性の主要超人を全て結界の中に封じ込めたのである。
そしてゴールドマンとしての自我を取り戻した悪魔将軍や友情パワーに目覚めた悪魔超人たちに見切りをつけ、「我が憎しみの感情を体現する真の悪魔となりうる一族」ことオメガ・ケンタウリの六鎗客を地球に送り込んだ。

その真の目的は超人でありながら神の領域である1億パワーに到達できそうな逸材オメガマン・アリステラを新たな依代とし、超人世界の支配者として君臨することだった。
しかしアリステラがフルメタル・ジャケッツ(キン肉アタルブロッケンJr.)に敗れたため見限り、処刑を試みるが、マリキータマンが庇いに入ったことで失敗。そこで悪魔将軍のボディに幻影の顔をくっつけたような姿(実在のプロレスラー獣神サンダーライガーに酷似している)で自ら実体化してアリステラの処刑を続行、すでに疲弊している三超人を蹂躙する。

実体化サタン0002


今まで自力で実体化しなかったのは「依代がいた方が効率的だから(それに加え、異様なまでの用心深さから実体化を避け依代にこだわっていた)」とのこと。
しかしそこへ現れたジャスティスマンが立ち塞がり、アリステラたちの逃亡を許してしまう。邪魔をされたことに激昂しながらサタンはアリステラたちを追おうとするが、ジャスティマンに技を掛けられ阻止される。
なお、ジャスティスマンのことは「ザ・マンに引き上げられた元は地上の一超人」と見下しており、素性は知っているようである。一方でジャスティスマンからは「旧時代の遺物の中でも、最低の部類」「こんなもの」「黙れゴミ屑」と蛇蝎の如く嫌悪されていた。
また、実体化してよりテンションが高くなって悪役らしい言動が増え、対立の分かりやすいプロレス空間と昭和らしいデザインとあいまってヒールムーブやマイクパフォーマンスは完璧と読者から評価を受けている。

ジャスティスマンとの戦いでは「超人界に未来など不要、絶望の堆積こそが更なる我が力の増強に繋がる」と語り、一気呵成に攻撃を加える。しかし巨体を活かした打撃をどれだけ加えてもジャスティスマンは平然としており、次第に苛立ちを募らせていく。必殺技サタニックソウル・ブランディングを放つが、「……こんなものか」と不敵な笑みを返されてしまう。

直後にジャスティスマンが吐血したのを見て調子づくも、すぐさまジャスティスマンに圧倒され、裁きの技を次々と掛けられ、肉体にヒビが入る程のダメージを受けてしまう。実体化を避け安全な場所から謀略を駆使していたサタンと、日々の研鑽を怠らずにいたジャスティスマンとでは力の差は歴然であった。
追い詰められたサタンは、裁きの天秤がジャスティスマンの方に傾いているのを見るとジャスティスマンの身体を乗っ取ろうとするが、それはサタンを地上にのさばらせていたことへの罪悪感であり、簡単に跳ね除けられた上にジャッジメント・ペナルティを受け四肢と頭部を破壊されてしまった。

上記の必殺技といい、簡単にダメージを負うことといい、その様子からジャスティスマンはサタンが何らかの焦りを抱いていることを見抜き、更にその原因についても理解しているようだが……。

この後に何かあるのかと思われていたが、肉体を完全に破壊されてしまったサタンは元の幻影状態に戻り、「だが私は決して滅びはせぬ!この世から人の邪念が消えぬ限り……その時には、今度こそお前達を皆殺しにしてやる。私らしく策を練ってな……」という捨て台詞を吐いて退場した。もう一度言う、本当に退場してしまった。
ジャスティスマン曰く「ああは言っているが、これでヤツはしばらく実体化出来ない」とのこと。

”ジャスティスマンを噛ませ犬にすると見せかけてジャスティスマンに噛ませ犬にされた”、”新章のラスボスかと思ったら只の火事場泥棒で本当の脅威は別のところにあった”等々、サタンの退場は読者に大きな衝撃を与えた。

ザ・マンによると、サタンは神になり損ねた中途半端な存在だという。そのため神への格上げを最大の悲願としており、「ザ・マンが所持しているカピラリア照射装置の破片を回収すれば神に昇格してやる」と調和の神に唆されて今回の計画を企てた事が判明した。
そこでザ・マン打倒の切り札(依代)として神超えの可能性を秘めた逸材アリステラと、さらに超人墓場への侵入経路も確保していたオメガの民に目を付けて彼らを利用しようとしていた。
だがアリステラに憑依する目的が果たせず、普段ならそこで諦めるところだが今回だけは諦めきれず、自ら実体化して超人墓場に乗り込もうとした。
ザ・マンに勝てなくても、最悪照射装置の破片を盗み出せばいいと判断していたようである。

戦闘スタイル(実体化時)

激戦の直後で疲弊しきっていたとはいえアリステラやブロッケンJrをいとも容易くいなし、相対したジャスティスマンも"並の超人程度なら圧倒できる"と評していることから、かなりの実力者であるということが伺える。
フルメタル・ジャケッツ及びアリステラと対峙した時も208kgもあるアリステラをワンハンドで掴み上げてからコーナーポストまで蹴り飛ばし、ブロッケンJrのタックルにビクともしない様子を見せ、その巨体に恥じぬ非常に高いフィジカルを有していることを示した。
また、ジャスティスマンに吐血程度ではあるがダメージを負わせることに成功している。大したダメージではないが、彼と戦ったテリーマンやアシュラマンが全くダメージを与えることができなかったことを鑑みると、彼らとひと味もふた味も違うということがわかる。

しかし、そんな"並の超人"を凌駕する戦闘力を有しているとはいえ完璧超人始祖であるジャスティスマンには全く歯が立たなかった。あくまで"並の超人より強いが、完璧超人始祖には遠く及ばない"ぐらいの強さの模様。

必殺技

  • 裁き(仮称)

幻影状態で使用。口から巨大な銛のようなものを飛ばし、相手の身体を貫く。
旧シリーズや『Ⅱ世』では地上の建物や尖った岩を使ったような描写(映画『オーメン』のオマージュ?)だったが、新章ではサタン自身によるものとされている。

  • サタニックソウル・ブランディング
実体化したサタンが使った技。ザ・マンとの決戦で使用するつもりだった技らしいが、ジャスティスマンとの戦いにおいて披露する。
地上でロメロ・スペシャルのような形に相手を捕らえた後、急上昇しながら片足を相手の両足に絡め、もう片方の足で相手を踏みつけながら全体重を込めてリングに叩きつける落下技。キン肉アタルのナパーム・ストレッチと似ているが、後頭部を踏みつけており、相手を足蹴にするような悪らしいえげつなさがある。叩きつけられたリングも大揺れするほどの衝撃はあったが、ジャスティスマンには軽く吐血をさせる程度のダメージしか与えられなかった。とはいえテリーマンやアシュラマンが渾身の必殺技をかけても彼にダメージを与えること自体全くできなかったので並の必殺技より威力は遥かにあるようだ。要は相手が悪かったのである。

ジェネラル・ストーン

『Ⅱ世』で使用した、サタンと超人との契約の証である巨大なダイヤモンド。悍ましいほどの魔力の塊である。
下級超人でも、この魔石を体内に取り込むことにより、超人強度が500万パワーを超えるほどにパワーアップするが、精神も魔に落ちてしまう。これを受けたものは「悪魔の種子(デモーンシード)」となった。
嘗てサタンと契約していたバッファローマンは悪落ちしたふりをして自らの胸を裂き、ジェネラルストーンを一時的に取り込むことにより悪魔の種子の張った結界(冷酷非情な悪の精神を持たねば通れないバリア。新章に登場したサタンの結界と同質かは不明)を突破したが、万太郎と共にジェネラル・パラストに突入した直後、「下品な宝石」と吐き捨てて投げ捨てた。

余談

新シリーズにおけるサタンは、完璧なヒールムーブをジャスティスマンに悉くスルーされたり、セリフがいちいち小物臭かったりする上に、特に見せ場もなくひたすらフルボッコにされるあんまりな様子から徐々にサタンへの応援コメントが増え、現在ではサタン様という愛称が定着し、愛され系ラスボスという謎の地位を作り上げた。

関連タグ

キン肉マン キン肉マンⅡ世
悪魔将軍 悪魔超人 悪魔六騎士 オメガ・ケンタウリの六鎗客

関連記事

親記事

キン肉マン きんにくまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サタン(キン肉マン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3592

コメント