ピクシブ百科事典

ターボメン

たーぼめん

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場する完璧超人。
目次[非表示]

概要

完璧無量大数軍の一員で、「完遂」の異名を持つ。
「ボシュー」という笑い声が特徴的。

名前が「マン」ではなく複数形の「メン(MEN)」となっているが、これが何を意味するのかは現時点では不明。一部ファンからは「元になった『ターボマン』の面をしているから『ターボ面』」という説がある。

最大の特徴は、相手の攻撃を受けることによってそのパワーを体内に蓄え、体内に内蔵されたターボチャージャー機能でパワーを増幅、再び相手の体内に送り出すことによって、相手の肉体は増幅されたパワーに耐え切れず自壊してしまうというものである。

7人の悪魔超人の1人・ステカセキングを迎え撃ち、ステカセの攻撃を受け続けてパワーを蓄え、増幅したパワーを送り出してステカセの肉体を崩壊させ、葬り去っている。

鳥取砂丘のピラミッドリングではバッファローマンと対戦することになるが、ピラミッドの崩壊によりスプリングマングリムリパーの闘う下層のリングに転落。両陣営の合意のもと、急遽タッグ戦に変更され、グリムリパーとタッグチーム「ジョン・ドウズ」を結成する。

即興タッグでありながら、往年の名コンビであるディアボロスに引けをとらないコンビネーションを見せる。
アースクラッシュでスプリングマンのバネの身体の弾性を失わせてデビル・トムボーイ~螺旋解体絞りを破るも、スプリングマンが勝利への執念で繰り出したロングホーン・トレインの連打を受けて最終的にロングホーンで身体を貫かれ、それでもなお戦おうとするも立ったままの状態で事切れる。
その後死体をグリムリパーに背中を毟り取られ、身体のアースユニットを奪い「ゴローン」とグリムに蹴飛ばされてしまう。

  • アースクラッシュ

相手の攻撃を受けて蓄積しターボチャージャーで増幅させたパワーを、アースユニットで相手に送り出す技。

  • 完遂刺し(コンプリート・スティング)
相手を空中に吹っ飛ばして上空で相手の足と肩を固め、そのまま相手を顔面からキャンバスに叩きつける技。

  • タービンチョップ
両腕のリボルバーを伸ばして、相手の左右のこめかみを狙う技。

  • <完遂>リボルバーフィン
両腕のリボルバーから針を出して相手の身体を貫く技。
スプリングマン戦で判明したことだが、『完遂』の名を冠する必殺技はどうもこの技らしい。

余談

web公開版第1話のラストで登場した際は、間違いなく旧「キン肉マン」に登場したネプチューンキングの1000人の弟子の一人である「ザ・ターボマン」だったが、第2話では何事もなかったかのように登場している(単行本では修正されており、第1話のラストのザ・ターボマンもターボメンになっている)
名前や容姿はそのザ・ターボマンをリファインした超人となっている。ちなみに自己紹介にも超人募集の公募者の名前があったのでターボマンの顔は引き継ぎ、体格などを合成されたと思われる。
実は37巻で故郷に帰るキン肉マンを見送る群衆の中に1コマだけだが顔が出ている(しかもキン肉マンに激励を送るバッファローマンの後方に)。

関連タグ

キン肉マン 完璧超人 無量大数軍
ステカセキング バッファローマン スプリングマン
グリムリパー

pixivに投稿された作品 pixivで「ターボメン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32536

コメント