ピクシブ百科事典

ザ・マンリキ

ざまんりき

ザ・マンリキとは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場する超人である。
目次[非表示]

CV:佐藤正治

概要

種別超人
出身スウェーデン
身長250cm
体重500kg
年齢25歳
超人強度721万パワー


概要

キン肉マンゼブラ率いる技巧チームの先鋒を務めた超人で、名前の通り万力の化身超人である。

両肩に備えた巨大な万力スクランブル・バイスが必殺の武器で、鋼鉄ダイヤモンドをも粉砕する破壊力を持っている。このスクランブル・バイスは挟むだけでなく左右に大きく広げることもできるので、対戦相手が挟まれないよう踏ん張ったとしてもマンリキは逆に相手の体をムリヤリ引っ張ることができる。
また、体内に予備の万力を収納しており、必要に応じて体外に展開することができる。これにより、試合中に肩のスクランブル・バイスを破壊されたとしても瞬時に予備のものと交換できるほか、無力化したと見せかけて油断した敵に不意打ちをかけることもできる。

固有の技がスクランブル・バイスのみで、暴走したウォーズマンにロメロ・スペシャルをかけた際には技を逆用されてウォーズ・レッグブリーカーで足を折られるなど、典型的な一発屋ではあったが、あの大きな万力の生えた巨体でコブラ・ツイストやローリング・クレイドルを難なく決める器用さも持ち合わせており、腐っても技巧チームの一員であることがうかがえる。

作中における出番

王位争奪サバイバルマッチでキン肉マンチームの先鋒ミートと対戦。
ミキサー大帝との戦いで負った傷の癒えていないミートをスクランブル・バイスで徹底的に痛めつけ、瀕死になったところを姫路城の抜け穴に放り込んで葬ろうとしたが超人墓場から生還したウォーズマンに阻止された。

その後キン肉マンによって強引にミートからウォーズマンに先鋒が変更されたが、彼を含め技巧チームの面々は誰一人異議を唱えなかった(アニメ版では「選手交代は二人まで認められる」と設定変更が成された)。

ウォーズマンとの対戦では、超人墓場から生還した際に戦闘記憶を失ってしまったウォーズマンをいい様に痛めつけたが、師匠であるバラクーダの指導で残虐超人として蘇ったウォーズマンの反撃で、脳天をスクリュードライバーで削がれ、足の骨をへし折られ、スクランブル・バイスをも粉砕されてしまう。

しかし、スクランブル・バイスは前述の通りすぐに予備と交換出来るので油断したウォーズマンの隙をついて捕えようとしたが、ウォーズマンを助ける為に乱入したキン肉マンが身代わりに捕えられてしまう(この時、試合中に選手以外の超人がリングに乱入したのにまたも技巧チームからの抗議はなかった)。

キン肉マンの捨て身の行為と仲間達の説得で正義超人に戻ったウォーズマンをスクランブル・バイスで今度こそ仕留めようとするが、30分以上継続して戦うと体内のメカが異常をきたし煙を吹くと言う弱点を逆用したウォーズマンに煙を浴びせられて怯んだところをパロ・スペシャルに捕えられて逆転負けを喫した。

自身は対戦相手を殺すことを躊躇わない残虐性を見せたが、ウォーズマンの回想シーンでよく描かれるような両腕のもげる描写は無かったことと、両腕及び肩甲骨等を強烈にへし折られて血を吐きダウンした描写等から、死亡にまで至らずも再起不能の重傷を負ったことが示唆される。原作ではその後は登場していないが、アニメでは回復し、ラストシーンにてキン肉ハウス内で行われた宴会に参加。他のサバイバルマッチ参加者たちと牛丼を食べていた。


関連タグ

キン肉マン キン肉マンゼブラ 技巧チーム

関連記事

親記事

技巧チーム ぜぶらちーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザ・マンリキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81930

コメント