ピクシブ百科事典

マッスルインフェルノ

まっするいんふぇるの

漫画「キン肉マン」に登場した必殺技。キン肉族三大奥義のひとつ。
目次[非表示]

概要

キン肉族三大奥義のひとつとして壁画に描かれている技。キン肉マンゼブラが初使用。
リングのロープを次々と飛び回り分身を作り撹乱(なお、八角形リングで使用した時曰くロープの本数が多いほど仕掛けの速さも威力も向上する)、
上空に蹴り上げた相手の背中にサーフィンの要領で乗り、壁(もしくはコーナーの柱)に激突させる。
要は『ドラゴンボール』の桃白白がやった「柱を投げて飛ばしてその上に乗って移動」の人間バージョンである。見た目がすごく楽しそう。
キン肉マン』でも特に物理法則を無視した技であるが、そこはゆで理論で解決しておこう。

使用者は前述のキン肉マンゼブラの他、後に技巧の神を取り込んだキン肉マンスーパーフェニックスや、ゼブラのカセットテープをセットしたステカセキングが使用している。
何気にゼブラは技の神に取りつかれる前、つまりキン肉王家との関係は何もないパワフルマン時代から使用している。
ゼブラ曰く作中で最初に放った未完成なものと愛馬のキッドに放った完璧なものの二種類あるとのことだが両者の違いは不明(後述するように完璧なものの方にも技として疑問が残る)。

他の二つの技に比べても何故これが奥義なのか分らないとファンの中では言われているほどの技である。
なにせこの技が完璧に決まってすらKOされた超人が作中に一人もおらず、痛め技程度に終わっている(一応、この技を食らった相手はいずれもタフネスさに優れている)。
さらにこの技で殺害されていた(ゼブラの愛馬キッド)ですら振り落とそうと思えば簡単に出来ていたとされ、技をかけられた側が身体を跳ね上げるだけで簡単に外すことが出来てしまう(キン肉マンもこの方法で攻略している)という三大奥義の外すことができないという前評判とは完全に異なる(これ自体はインフェルノに限ったことではないが…)。

このため奥義の中でも読者の考察が盛んな技で、

他の奥義であるマッスルリベンジャーマッスルスパークは相手を上空に持っていき、その後地面に叩きつける二段階の必殺技なのに対して、
こちらは上空に飛ばした後壁に激突させるという変則的なものであることから実はフィニッシュ部分が欠けているのではないかという説

大量の敵の中をサーフ移動する事で雑に始末するという作中のような実力の拮抗した相手と一対一で戦うことを想定していないの技なのではないかという説

マリポーサのようにゼブラは壁画にビームを撃たれていない事とキン肉族三大奥義が究極のみねうちを目的にしていると言う設定がついた事から、
殺害、致命傷や再起不能に追い込んでいない点(キッドは超人ではない馬であるし自殺のような側面もある)を逆手に取った不殺の方面を探求した技なのではないかという説(この説だと逃れやすさや威力不足も含めて奥義としても未完成なのは否めない)

そもそも劇中で披露された技は二大奥義ほど洗練されていない未完成の技であるという説

等が存在する

派生形

真・マッスル・インフェルノ

サタン編にてマリキータマンに対して黒ゼブラが使用。
従来のように「相手の背に乗ったのち、壁に頭部を叩きつける」点は変わらないが、左手で相手の両足を、右足で右腕をクラッチする動作が追加改良された。
これにより相手をのけぞらせた状態にするため、弱点であった相手の身体の跳ね上げによる技の解除を防ぐ事が出来るようになった。
マリキータマンは背中の羽根を開き飛ぶことで従来のインフェルノを破ったのだが、真では両足でマリキータマンの羽根を押さえつける形になっており、羽根を開いて技を中断させられることを防いでいる。
しかし技自体は完璧に成功したものの、マリキータマンをKOすることは叶わなかった。
黒ゼブラを受け入れた白ゼブラによって再び放たれるが既に瀕死の状態から立ち上がった満身創痍の身で放ったことでロックしきれず再び羽根による脱出を許してしまった。

関連イラスト

ねずみポケモン対決
一万発と二千発撃ってもアイシクル(フォール)



関連タグ

キン肉マン 必殺技
キン肉マンゼブラ キン肉マンスーパーフェニックス
マッスル インフェルノ
サーフィン スノーボード 桃白白

関連記事

親記事

キン肉族三大奥義 きんにくぞくさんだいおうぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マッスルインフェルノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 617359

コメント