ピクシブ百科事典

マッスルスパーク

まっするすぱーく

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』に登場する必殺技。キン肉族三大奥義のひとつ。
目次[非表示]

概要

『キン肉星王位争奪編』から登場。
キン肉マンの故郷であるキン肉星・キン肉大神殿に安置された「フィニッシュ・ホールドの壁画」に描かれたキン肉族三大奥義のひとつ。

キン肉族の先祖は当時、絶対攻略不可能な完全無欠のフィニッシュ・ホールドを開発するため、それまでの概念を打ち破る二つの必殺技を複合させた二体重層技を考案。それが現在のマッスルスパークであり、三大奥義の中でも究極中の究極と呼ばれる超必殺技である。

当初は、キン肉マンが壁画に記された通りに再現した空中でクラッチ技を極める「スグル版」と、キン肉マンソルジャーに扮したキン肉アタルが使用する地面に相手を激突させる「アタル版」の二種類が登場し、後に更なる構想を練ったスグルにより2つの技を融合する形で完成された。

続編『キン肉マンⅡ世』では、スグル版には「マッスルスパーク天」、アタル版には「マッスルスパーク地」という呼称が存在することが明かされた。壁画にはマッスルスパーク天しか描かれていない様に見えるが、実はマッスルスパーク地は壁画に細工彫りで描かれており、アタルはこちらの方を確認したとされる。

強力な技である共に最も難解な技であり、同時に術者への負担も大きい。
とくに天の体勢は身体に大きな負荷がかかる事が判明しており、その事が原因でキン肉真弓はマッスルスパーク習得を諦め、キン肉スグルは王位争奪戦終了後に集中治療室で昏睡状態となり、万太郎は負担を減らすためにマッスルスパーク地のみを体得することになった。この身体に大きな負荷がかかる点に関しては後述の似て非なる技のアロガント・スパークも同様である。

マッスルスパークとは「対戦相手を確実に倒す決して殺さない」という矛盾したテーマを徹底的に突き詰めた結果生み出されたフィニッシュホールドである。真弓曰くマッスルスパークとは詰まるところ”究極のみねうち”であるとのこと。

技の構成

①まず、体をブリッジさせるように何度も勢い良く反らせながら、その腹筋で相手を弾ませるように跳ね上げる。

②跳ね上げた空中で相手の首と片足、両腕を固定しエビ反りになるようにクラッチする(スグル版 / マッスルスパーク天)。

宮子よ何をしたw



③その後、続けざまに相手と背中合わせの姿勢で手足を固定し、相手の頭と体を地面に叩きつけるように落下する(アタル版 / マッスルスパーク地)。

地獄車(残り使用回数1)



なお、それぞれの技を極めた際の相手の姿勢が、キン肉族の王位継承者の証である「KINマーク」の「K」と「N」を表しており、正にキン肉族を象徴するに相応しい技となっている。技の完成形を目の当たりにしたロビンマスクも「これまでのキン肉バスターキン肉ドライバーにはなかった華麗さ、優美さが感じられる」と語っている。

使用者

キン肉マン(キン肉スグル)

壁画を参考に技を研究していたキン肉マンは当初、壁画における腕の姿勢が曖昧であったこともあり、両脚のフックのみを使用した「未完成マッスルスパーク」を使用、当然ながら簡単に技を解除されてしまう。後に両腕により相手の両腕を固定することで脱出不可能な強固な体勢を完成させるが、『Ⅱ世』ではその姿勢を維持するには強靭かつ柔軟な筋肉が必要であることが説明されている。

その後、キン肉マンソルジャーに扮し王位争奪戦に参加した兄・キン肉アタルの使用した「アタル版マッスルスパーク」により、壁画に隠されたもう一つのマッスルスパークの存在を伝えられ、完璧マッスルスパークを完成。

更に本編の最終戦であるキン肉マンスーパーフェニックス戦では火事場のクソ力による「7000万パワーマッスルスパーク」を使用している。

ちなみにキン肉マンによるマッスルスパーク完全版の初の犠牲者はテリーマン
薬師寺で人形相手にマッスルスパークの練習をしていたのだが、一面鏡池に写るマッスルスパークの完成形を見るや否やいてもたってもいられなくなり、テリーマンにマッスルスパークを仕掛けてしまった。

キン肉万太郎

『キン肉マンⅡ世』では第2部『究極の超人タッグ編』においてキン肉マンの息子・万太郎が修行の末に「マッスルスパーク地」を体得。

時間超人のタッグ「世界五大厄(ファイブ・ディザスターズ)」との決勝戦を前に、祖父である真弓よりその技の存在を教えられ、太陽の塔にて他の新世代超人たちの協力を受けて猛特訓する。かつて奥義の体得を試みた真弓や未来の自分と知識を共有したミートの存在もあり技の全貌については早期に把握したが、天における固定体勢を維持することが出来ず技が不完全となってしまう。体得を諦めかけたが、謎のマント男よりマッスルスパーク地の存在を知らされ、こちらを体得する。

なお、キン肉万太郎初のマッスルスパークの犠牲者は、奇しくもテリーマンの息子であるテリー・ザ・キッドである。

決勝戦ではケビンマスクビッグベン・エッジと合体したツープラトン「マッスル・キングダム」で時間超人を倒している。

ネメシス

Web漫画の新シリーズでは、完璧・無量大数軍の一人である「完肉」ネメシスが、敗北した「完恐」ピークア・ブーの処刑としてスグル同様の完成形マッスルスパークを使用している。

そのマスクのデザインなどもありキン肉族との関連性を匂わせたが、後にその正体はキン肉マンから数えて2代前のキン肉星大王・キン肉タツノリの弟サダハルであることが発覚。しかも、この奥義を体得したのは13歳のときであるという。

許されざる世界樹(アンフォーギブン・ユグドラシル)でのラーメンマンとの戦いでは、既に瀕死の状態の彼に対して追い打ちとしてマッスルスパークを使用。完全に技は極まったはずだが、それでもラーメンマンは命を繋いでおり、同時にラーメンマンは彼のマッスルスパークを「キン肉マンの技とは別物」であるとし、キン肉マンのものとは似て非なるものであることを感じ取ったという。

備考

後に、この技を含むキン肉族三大奥義を書き記した「フィニッシュ・ホールドの壁画」の制作者は、キン肉族の祖先であり正義超人の開祖でもあるシルバーマンであることが復活した本人の口から語られる。

かつて完璧超人始祖の一人だった彼は、敗者を「弱者」として切り捨て、敗北からの成長の可能性まで摘んでしまうことに疑念を抱き、自らの持つ「相手を確実に仕留める技」を「相手を活かす技」へ昇華させる研究をすすめるが、それを見出すことは結局叶わず、兄との決闘を前に自身の子孫たちにその想いを託す形で壁画にそれぞれの技を書き遺したという。その為、この技には本来正しい形と言うものが存在せず、歴代の習得者はそれぞれ技の形が異なっている。
だがスグルの完全版マッスルスパーク、特にスーパーフェニックスに放った一撃はシルバーマン直々に完成系と認められており、その意味ではスグルこそが史上初めて完全なマッスルスパークを身につけた超人という事になる。

マッスルスパークの元となったのは、復活した彼がサイコマンとの戦いでも使用した「完璧・弐式奥義 アロガント・スパーク」という技。マッスルスパークとは桁違いの残虐性に満ちた技で、絶賛するネメシスとは対称的に、シルバーマン自身はこの技を「欠陥だらけの技」「血塗られた技」称し、悪魔将軍も『殺意の塊』と称し忌むべき存在としている。
マッスルスパークと比較して、「完全に決まれば必ず相手を死に至らしめる」程の破壊力の向上、それと引き換えに「必ず殺すという殺意を込めねば制御が不可能で、シルバーマンでも制御は困難」な程の負担の上昇と、「制御しきれなければ相手よりも自分にダメージが跳ね返ってしまう」と言うリスクが存在する。
その為、才気と資質溢れるネメシスでも死闘を重ね続けた状態で、ましてぶっつけ本番でまともに放てる技では無かった。

その他(パロディなど)

KOFシリーズでクラーク・スティルの超必殺技であるウルトラアルゼンチンバックブリーカーのフィニッシュ技(「96」~「2002(UM)」でのMAX版)にこれと同じ技、クラークスパークを繰り出す。また、キン肉マンソルジャーの必殺技ナパームストレッチも使用。

ストリートファイターシリーズのエル・フォルテのウルトラコンボの一つに『エル・フォルテウルトラスパーク』というものがある。⇒公式サイト内 エル・フォルテ紹介<ウルトラコンボの動画有り。>

関連タグ

キン肉マン キン肉マンⅡ世 必殺技
キン肉スグル キン肉アタル キン肉万太郎 ネメシス
キン肉族三大奥義 マッスルリベンジャー マッスルインフェルノ

pixivに投稿された作品 pixivで「マッスルスパーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389978

コメント