ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エル・フォルテ

えるふぉるて

エル・フォルテとは、カプコンから発売の格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズのキャラクターである。
目次 [非表示]

「it's super dynamic cooking time!」

プロフィール編集

初登場作品 ストリートファイターIV
格闘スタイル ルチャリブレ
出身地 メキシコ
誕生日 10月29日
身長 168cm
体重 70kg
スリーサイズ B120 W82 H90
血液型 B型
好きなもの ノパール(ウチワサボテン)
嫌いなもの 添加物
特技 首ブリッジ2時間
キャッチコピー 「熱風ハリケーン」
声優小野大輔

概要編集

メキシコのプロレス、ルチャ・ドールとコックの二足のわらじを履いた2008年のストリートファイターⅣより初登場4キャラ(クリムゾン・ヴァイパーアベルルーファス)の内の一人である。

究極の料理を求めて旅をしているが、料理人としての腕前は壊滅的で、しかもそれを自覚できていない。真っ向からそれを指摘されても自分にとって都合のいいように解釈してしまうため、一向に改善が見られない。

かつてとある船でコックとして働いていた時も、彼の出す料理は僅か1週間足らずで「悲劇のスーパーダイナミッククッキング」なる伝説として語り継がれてしまっている。

ここまで壊滅的な料理センスなのは「味付けは勢い」「美味いもの+美味いもの=もっと美味い」という極端な思考が原因で、シリーズ内のストーリーでもエドモンド本田ザンギエフから各々思い浮かべる究極の料理(ちゃんこボルシチ)を聞いた際、その二つを混合した事でとんでもないゲテモノを生み出してしまったり、基本的に食べ物に好き嫌いがないリュウですら彼に料理を振る舞われた時の出来事を「あれほど苦しんだ経験は後にも先にもなかった」と語っている。


破滅的な創作料理へのセンスと突き抜けたお馬鹿キャラはネタ要因としてもよく使われている。ストⅣでは彼を象徴する称号に「素材の良さ、殺します!」なんてとんでもないものも用意されている。

デビュー作のストⅣ以降、スピンオフ作品への出演がないのがアミーゴ達にとってはとても辛いようだ。…もっとも、フォルテ自身が「マッスルボマー」のエル・スティンガーがそのままだと著作権の関係で使えない代理と噂されており、ルチャ使いの宿命かも知れない。

アピールの「ビバ!メヒコ!」はフォルテ使いたちの試合開始直後の挨拶となっている。必見なので是非一度見てみよう!


バトルスタイル編集

同じプロレスキャラのザンギエフとは対照的に、小柄で俊敏にステージを動き回りながら空中殺法を仕掛けることができるキャラクターである。繰り出す技はメキシコ料理名からもじったものが多い。前後に走る移動技「アバネロダッシュ」からの豊富な派生技で相手に択を迫れるほか、ダッシュキャンセルからの大パンチループという高火力コンボも持ち、嵌れば一方的に試合を有利に進めることが出来る。しかしスピードキャラだけあって防御面の頼り無さと体力の少なさが目立つ。クールな判断力とホットな情熱を求められるキャラクター。

アバネロダッシュが立ち回りの要であるため、対戦中は基本的に前後にせわしなくダッシュを繰り返す奇怪な挙動を取ることとなり、プレイヤー間では「止まると死ぬ」と親しまれている。必然的に手元もガチャガチャと忙しく、プレイヤーの手に優しくない


関連性のあるキャラクター編集

ザンギエフ編集

アーケードモードの7戦目ライバルキャラとして立ちはだかる。お互いに名乗りを上げロシアンレスリングとルチャリブレの熱い闘いを行う。「見たか!この技を!この味を!これこそがルチャ・リブレ、最強の格闘技だ!」EDにも登場する(メニューはロシアのウクライナ郷土料理、ボルシチ)。

エル・フォルテ


エドモンド本田編集

フォルテがライバルキャラとして登場。勝負のあとで本田のちゃんこ鍋を食べる約束をし、ぶつかり合いをする。EDにも登場する(メニューは何故か、本田のちゃんこ鍋を持ってきている)。

「飛び!跳ね!突く!スモーは面白いな!」


サンダーホーク編集

フォルテがライバルキャラとして登場。同じメキシコ出身だけあって幼馴染設定があり、Ⅳにて数年ぶりの再会を果たすとともに手合わせをする。フォルテの落ち着きの無さに呆れながらもホーク自身、彼を認めているようだ。しばらく会っていなかったらしくフォルテはホークの辛い過去を知らずにいる。ちなみにホークと比べるとフォルテの方がバストが大きい(ホーク:B114 フォルテ:

B120)。流石レスラー。

「どうしたアミーゴ!?お前がテクス・メクスのような試合をするとは!」

(テクス・メクス=メキシコ風アメリカ料理のこと。中途半端の意味かと思われる)

逃がさん!


ブランカ編集

フォルテがライバルキャラとして登場。初対面でありながら互いに睨み合い、警戒し合うところから

始まる。ブランカが「顔を隠すやつは卑怯者のすることだ」と言うとフォルテはショックを受けると共に、神聖なマスクをけなされたことに激しい怒りを覚える。

「とりあえず・・・謝れっ!」


アベル編集

フォルテと同じⅣのデビューキャラ。スパ4のエンディングではフォルテがアベルからチョコレートをもらっている。

「まだ家族は見つからないかもしれないが友ならいるぞ!元気を出せアミーゴ!」


ルーファス編集

同じくⅣのデビューキャラ。

「アロス・コン・レチェならどうだ!?お前なら何杯でもイケるだろう!」

(アロス・コン・レチェ=お米と牛乳で作るスペインのデザート)


クリムゾン・ヴァイパー編集

同じくⅣのデビューキャラ

「隠し武器ならば、隠して使え!」

スト4メンツ


余談編集

資料集等で見ることのできるデザイン案では

・稲妻とフォークを合わせたマスクの刺繍

・体に髑髏とナイフとフォークのタトゥー

・スカーフを首に巻いている

……等のフォルテが見れる。


「ストリートファイター×鉄拳」ではプレイアブルキャラとしての出演は叶わなかったものの、ステージの背景で「EL RESTAURANT」の看板として描かれている。

また、同作品ではマーシャル・ロウがアレンジコスチュームでエル・フォルテのコスチュームを着こなす。アートワークスではキング、ボブにもそれに似た未使用デザイン案が描かれている。


二次創作では幼馴染でメキシコ出身のサンダー・ホークと、ライバルであるザンギエフとの掛け合いが目立つ。


操作キャラとしては前述の通りだが、プレイヤーによってはその速さが制御困難となる原因にもなりやすく、さらに動きの速さが災いして目的の技へ繋げるのもなかなか難しく、「自分でも何をやっているのか分からない」と感じるプレイヤーも少なくない。

また、対戦相手にとってもちょこまかと動き回られる上に弱い攻撃で長時間ハメられて拘束されるというストレスフルな動きをされるので、エル・フォルテというキャラクターを知る格ゲーファンからの総評は「見たり使う分には面白いが、相手にするのは絶対にイヤ」といったものとなっている。

現時点における最新作『ストリートファイター6』には未参戦なものの、かつての対戦環境で暴れ回った彼の姿を知る古参の格ゲーファン達は彼がいつかDLCで参戦してしまうのではないか、と戦々恐々としているんだとか。


関連動画編集

theme of EL Fuerte編集

OP、ライバル戦、ED編集

同キャラ戦編集

関連記事

親記事

ストリートファイターⅣ すとりーとふぁいたーふぉー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210069

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました