ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ストリートファイターIVシリーズのラスボス。 声優は大塚明夫

犯罪組織シャドルーの兵器開発部門である"S.I.N (Shadaloo.Intimidation.Network)"の最高経営責任者である。
シャドルーは裏社会では名の知られている組織だが、S.I.N社は表の世界でも認知されている。
しかし、大元が大元なだけに黒い噂が絶えない。

クローン受精卵から生み出した人造人間をさらにベガの代替ボディとするため、
肉体を加工し、丹田エンジンを組み込むという非人道的計画
"リビング・インキュベータ計画"で生み出された一人である。
彼の金属的な印象の青白い体表、性器の無い姿は丹田エンジンを組み込む段階による加工のためである。
リビング・インキュベータ計画によって完成された代替ボディは彼を含め27人存在し、
そのうちセスは"No.15"である。ただし、セス本人はナンバーで呼ばれることを嫌っている。
受精卵の出自から、加工が完遂した代替ボディたちはみな同じ容姿を持つ。
セスはのちにプレイヤーキャラとして使用が可能になり、彼で最終面まで進むとNo.21が登場する。

他のナンバーと異なり、代替ボディとしてベガに捧げられる役割を拒否し、
強烈な自我意識、上昇志向を持つ。ベガを憎み、
彼に忠実な同胞たちを自我の無い者として軽蔑している。
彼らを打ち滅ぼし、自身が頂点に立つことを目論む。

丹田エンジン

丹田エンジン始動


腹部に収められた、太極図を思わせる模様のある球体。
代替ボディたちの生命活動のキモであり、気や波動を増幅し練り上げ、全身に行き渡らせる。
その過程でシャドルーが世界中から集めた格闘家のデータを反映させることで
彼らの技を擬似的にではあるが再現することができる。

気流のようなものを発生させ、対戦相手を自分のほうに引き寄せたり、
逆に衝撃波のように叩き付ける事もできる。
果ては丹田エンジンに敵を吸い込み、
ビーダマンのように勢いよく撃ち出す事も可能。
→『丹田ストリーム』参照。

また、首ブリッジの体勢でエンジンから竜巻を発生させる「丹田タイフーン」は、
その見た目の凄まじいインパクトから、「丹田ストリーム」程ではないがネタにされる事がある。

「丹田エンジンの力を見せてやろう! フゥンッ!!」


\ヾ丿ノ
  ヽ ノ
  )ノ
  ((
⊂⌒◎⊃。∀。)⊂ フハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

……とりあえずこっちみんな

他のキャラとの関係

ハン・ジュリ
腹に一物を抱えたハン・ジュリを、その野心を見抜いた上で利用している。

クリムゾン・ヴァイパー
CIAから送り込まれた潜入工作員のクリムゾン・ヴァイパーは
S.I.N社内では幹部候補として扱われている。

アベル
アベルは、代替ボディの素体であったが、肉体を加工される前に
ナッシュによって救出され、表の世界で傭兵として暮らしていた。
そんなアベルに対し、セスは憎悪と嫉妬の入り混じった複雑な感情を抱いている。

ギル
ユリアン
ストリートファイターⅢのギルやユリアンと似通ったモーションを持つが
両者との関係は公式で「ノーコメント」と言われている。

ゲーム中の性能

“技を盗む”というキャラコンセプトからか、飛び道具(ソニックブーム)、対空技(昇龍拳)、突進技(百裂脚)、といった格ゲーの三種の神器でも特に高性能な技を折衷している他に、コマ投げ(スクリューパイルドライバー)と移動技(ヨガテレポート)、更には空中特殊技(鷹爪脚)や急降下攻撃(天魔空刃脚)、通常技ではダルシムのズームパンチ、アッパーバージョンの『オメガエディション』ではユリアンの突進技(チャリオットタックル)など、技のバリエーションが恐ろしく豊富なキャラ。

しかし、コピー故の宿命か本家に比べると勝る部分もあるが全体的には若干性能が劣り、同じ名称でも本家と性質が異なるものも多い。
豊富な手数で攻め倒すのが得意で、一度主導権を握ると相手を封殺することもできる。
最大の欠点は全キャラ中最低の体力と気絶値で、下手な一撃で致命傷になる危険性が常に付きまとう。(なお、CPUボスで登場した際のみ、補正によりこれらの数値は上昇している)

以上のことからこのキャラの扱うには迂闊に飛び込まない慎重さと、豊富な手数を扱い切る器用さが求められるため、玄人向けのキャラである。

関連イラスト

Seth !!
セス&ジュリ【ウル4】
【スパⅣ】丹田セクハラタイフーン
セス使いが「あ、終わったな」と、思う瞬間。

関連記事

親記事

ストリートファイターⅣ すとりーとふぁいたーふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セス(ストリートファイター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29244

コメント