ピクシブ百科事典

腱鞘炎

けんしょうえん

腱の周囲を覆う腱鞘を傷める病気。
目次[非表示]

概要

腱の周囲が腫れて傷む病気。
指や手首等が痛み、ひどいと物をもつことが困難になる。
手首の母指側に症状が起こるタイプを「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」とも呼ぶ。

手や指を酷使しがちな職業の人がかかりやすく、漫画家小説家アニメータープログラマー調理師などの職業病の筆頭でもある。
また、野球などのスポーツ、専業主婦でも育児で重くなった我が子を長時間抱いてあやすなどしているうちになることもある。
特に多忙な漫画家やアニメーターなどは締切に追われて重症化するまで病院に行けず、最悪廃業を余儀なくされた者もいる。
ドケルバン病はなぜか女性の発生率が高い。

対処法としては整形外科などで診てもらい、投薬や注射を受けることである。
軽度のうちならば、抗炎症剤を塗り続けたり、湿布で治ることも多いので、痛みが出たら早いうちに診断を受け治療にかかることが大事である。
悪化した場合、手術も対処法のひとつとしてあるが、整形外科医で腱の手術を得意とする医師は意外と多くない(骨まわりの治療が得意な人の方が多い)ので、手を酷使しがちな職業の人は良い病院を早めに探しておくことも大事である。

予防法

これといった決定打はないが、まずは指を酷使せず時々休ませること、鉛筆やペンの持ち方を工夫して筆圧が高くならないよう工夫したり、鉛筆やペンにグリップや輪ゴムを巻きつけたり、負担を軽減するようなやり方を見つけてみよう。
また、筆記用具やPC作業の際使うマウスなども、手に合わないものを無理して使わないこと。
面倒がらず自分の手にあったものを探そう。
手指のストレッチをこまめに行ったり、時々マッサージなどをしてもらうことも対策の1つ。

関連タグ

整形外科 ラッラ運動

外部リンク

いててて……キーボードにいつも手を置いていたら腱鞘炎に! 座ったままできる腱鞘炎予防ストレッチ
手指の腱鞘炎

pixivに投稿された作品 pixivで「腱鞘炎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79840

コメント