ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

不治の病

ふじのやまいまたはふちのやまい

(現在の医学では)治すことが不可能な病のことである。
目次 [非表示]

もしかして……編集


概要編集

現在の医学では治すことが不可能ないし極めて困難な病気のことである。必ずしも命に関わる病気ばかりではなく、アレルギー男性型脱毛症なども含まれうる。


21世紀の現在で不治の病としては狂犬病エイズパーキンソン病アルコール依存症糖尿病・ほとんどの遺伝病などが挙げられる。ただ、エイズや糖尿病などは治らないまでも症状を抑えることができるようになり、長期の生存が望めるようになっている。


依存症などの精神疾患は再発しやすいため完治と言わず、症状が完全に収まった場合は完全寛解と呼ぶことが一般的であるが、不完全寛解であっても社会生活が営めるまでに回復することも多い。


かつては結核など多くの感染症も医療で治すことが困難で遅かれ早かれ死に至る病とされていたことがあったが、医学の発達によりエイズなどの一部を除いて治るものになった。ただ、感染症や寄生虫などは薬剤耐性を持ったり戦争や災害で衛生状況が再び悪化したときに死の病に逆戻りすることがあるため油断は禁物である。


老化を不治の病と考え、治療を模索する研究者もいる。


創作における不治の病編集

かつては創作の中で悲劇を演出する上で不治の病がよく登場した。「サナトリウム文学」というジャンルを生み出した結核をはじめ、白血病などが多かった。


だが、現実の医学の進歩により過去に不治の病と設定されていた病気が治るようになることも多い。


そのため、物語の舞台をあえて過去の時代に設定したり(ヒロインが白血病で亡くなる『世界の中心で、愛をさけぶ』は2001年に発表されたが、物語の主要な舞台は1980年代である)、現代や未来設定のフィクションでは架空の病気を設定することもある。


pixivにおいて編集

pixivにおいては、何か特定のフェティシズムに沿った作品を描かずにはいられない状態を指して「不治の病」と表現する場合がある。


編集

  • を描かないと死んでしまう
  • おっぱいを描かなければ激しい苦痛に見舞われる
  • つるぺた幼女を描かないと禁断症状を発する

関連タグ編集

病気 難病 依存症

釘宮病

ブロキーナ:『おしりぴりぴり病』『くるぶしつやつや病』『ひざがしらむずむず病』等の複数の不治の病を患っている(ただしこれらは自称仮病の可能性もある)。ちなみにこういった病は本編開始前の時系列の頃から患っていたようである。

淵乃屋麻衣:不治の病をぎなた読みすると……?

関連記事

親記事

病気 びょうき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5363050

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました