ピクシブ百科事典

バルログ(ストリートファイター)

ばるろぐ

バルログとは、格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「我が美に酔いしれるがいい…!」

プロフィール

出身地スペイン
生年月日1967年1月27日
身長186cm
体重72kg
スリーサイズB121 W73 H83
血液型O型
好きなもの美しいもの、自分自身
嫌いなもの醜いもの、敗者の返り血
特技自己陶酔、壁張り付き
所属シャドルー四天王
ファイティングスタイルスペインニンジュツ
キャッチコピー
  • 仮面の貴公子(ストII、ZERO3、カプエス)
  • 血塗られた鉤爪(ストIV)
  • 血に染まる薔薇(ストクロ)
  • 爪弾く闘争の輪舞曲(ストV)
  • 宙を舞う仮面の貴公子(モンスターストライク)
担当声優
  • 塩沢兼人(アニメ映画版、TVアニメ版、『ストリートファイターEX』シリーズ)
  • うえだゆうじ(『ストリートファイター ZERO3』、『CAPCOM VS SNK』シリーズ)
  • 諏訪部順一(『ストリートファイターⅣ』シリーズ、『ストリートファイター VS 鉄拳』、『ストリートファイターV』シリーズ)

概要

初代スト2から登場するシャドルー四天王の一人。
女性のように長い茶髪、あるいは金髪で、それを後ろで一つにまとめて三つ編みにしてる場合が多い。戦う時は上半身裸で、腰の辺りに長い布を巻いている。片手に鉤爪を装着し、これを得物として相手を切り刻む戦闘スタイル。その際に浴びる返り血で自分の顔を汚さないため仮面をつけている。
美意識が異常に強く、美しいものを好み醜いものを嫌う。また、自分より美しいものが存在することも許せないという、非常に偏執的な性格のキャラ。代表的な必殺技「フライングバルセロナアタック」「ローリングクリスタルフラッシュ」。コンセプトは「スペイン忍者」。

【TEPPEN】バルログ



キャラデザインの元ネタは、素早い動きで「ヒョー!」「ヒャオ!」という気合の声と共に斬撃や空中殺法を繰り出すさまはレイ、美に執着するナルシストな性格はユダ、鉤爪に仮面という外見はウォーズマンからと思われる。

シャドルーに入る前

母親は没落貴族であったが大変美しい女性であった。しかし父親は醜悪な外見を持つ大富豪だった。この為に父は常に「妻が自分を愛してはいないのでは無いか?」と言う、猜疑心に悩まされる事になる。やがてこの狂気に取り憑かれた父親は、妻を自らの手に掛けて殺してしまう。この現場を目撃してしまったバルログは、反射的に父親を殺害してしまう。この時の記憶が彼の一生のトラウマとなっている。
但し、極初期の設定では、母親の生家が没落した際に、ある大富豪(=後のバルログの父親)が「彼女を自分の嫁にする」のを条件に、彼女自身と彼女の家を救った。
だが、父親は酒癖が悪く酔う度に彼女に暴力を振るった。母親は暴力に逆らえないまま虐げられると同時に、プライドがその事実を受け入れられなかった為、彼女はバルログが産まれた際に「弱い自分のようにも、醜い父親のようにもなるな(要約)」と言う、強迫観念を植え付けたからとされている(出典:ゲーメストムックVol.41『野郎島 ゲームヒーローコレクション』より)。
『ZERO3』では、シャドルーの構成員ではなく、ベガの圧倒的強さに美しさを認め、理想的な対戦相手を用意させる事を条件に、シャドルーへの一時的な協力を承諾している。
「ZERO3」のエンディングで洗脳されて自我を失ったキャミィを見てシャドルーの在り方に疑問を感じ、最終的にベガに反旗を翻した。その後エンディングでキャミィを保護する話がある。

ストリートファイターⅡの頃

悪の組織シャドルー」の幹部ではいるが、最高責任者であるベガの部下と言う立場ではなく、あくまでもその思想の共鳴者、自身の理想を体現する為のパートナーと言う立ち位置である(これは他の幹部であるM.バイソンサガットも同じ)。
UDONによるアメコミ版では、シャドルーの実働的な役割を担っており、ベガが不在の間はシャドルーの指揮を代行していた。
アニメ版『ストリートファイターⅡⅤ』では「バルログ・ファビオ・ラ・セルダ」のフルネームで、18歳の闘牛士と言う設定になっている。仮面のデザインが一部異なる、褐色の肌色、肉体に刺青がない、パンツは紫色一色など、容姿に細かい変更点が見られる。また、途中から素顔のままで闘うようになっている。

ストリートファイターVの頃

シャドルーの下部組織の1つを持ち、その組織の部下がいる模様。その部下の1人が「『グーハウ』なる組織がシャドルー傘下に入った」事をバルログに報告しているシーンがある。

性格

スペイン人には少ない美しい金髪と白い肌、そして何よりその美しい美貌はスペインの没落貴族であった母親譲りのものであり、彼自身もその事を非常に誇りに思っている。その反面、その母を殺害した醜悪な父親の血も半分受け継いでいるという事実に苛まされている。そしていつしか自分も、父親の様に醜くなるのではないかという恐怖に捕らわれており。その反動としてか、偏執的なまでに美を追究する性格になっていった。
醜いと言う理由だけで理不尽にいたぶる性格である為、シャドルー内でもバイソン以上に彼を嫌う者も少なくない。

キャラクター設定の変遷

初出時の設定はスペイン出身の独身貴族で、闘いと美をこよなく愛する男となっていた。しかし当初から「スペイン人の様なラテン系の男は自己主張が強いので、自分の顔を仮面で隠すのはおかしい」と指摘されていた。
また同様にスペイン系の出身なら、通常は黒髪浅黒い肌が一般的なので、ゲーム中の「金髪碧眼で色白痩身の優男風の外見も違和感がある」と海外のゲーマーから指摘されていた。
これを受けて、『ストリートファイターZERO3』では、前述のとおりスペインの没落貴族である母と、貴族階級ではないが大富豪の父の間に生まれる、と設定を見直され、髪色も4以降は若干金髪寄りの栗色となった。キャラクターの背景が構築されたことで5では再びまっさらな金髪に戻したが、どちらのファンにも配慮して4,5ともに茶髪と金髪の両方のカラバリが用意されている。
仮面については、"顔を傷をつけられることを嫌う"という性格設定は残しつつも、決闘時に返り血を防ぐための装具であることが強調され、改めて防具であるという紹介がなされた。

海外に於ける名称の変更

海外では「ベガ(Vega)」という名称に変更されている(映画、ゲーム共に)。これは同じくシャドルー四天王のバイソンの名前と外見が明らかに実在のボクサー(マイク・タイソン)を連想させるもので、その肖像権の問題を避けるために急遽キャラクターの名前を変更しなければならなくなったため。
しかし時間や当時のゲーム基板の容量上の問題などから、シャドルー四天王の名前を入れ替えるとことで対処した。
ただし、サガットは既に『ストI』でラスボスとして登場済みだったため、この名前変更には巻き込まれなかった。

特徴日本語版海外版
シャドルー総帥(ムッハー)ベガ(Vega)バイソン(M.Bison)
ムエタイの帝王(デヨ・変更無し)サガット(Sagat)サガット(Sagat)
スペインの闘士(ヒョー)バルログ(Balrog)ベガ(Vega)
黒人ボクサー(オアー)バイソン(M.Bison)バルログ(Balrog)

ちなみに海外(特に英語圏)ではベガは“Vega”、即ち琴座の中に輝く主星ベガを意味する言葉なので、非常に女性的な印象を与える(ベガはアジア圏でも"織女星(織姫)"として知られ、世界的にも女性的な印象が強い星である。例えば日本アニメGEAR戦士電童』にもヒロインの一人にこの名を冠するキャラがいる)。また乙女座の“Virgo”やギリシア神話の女神ヴィーナス(Venus)”を連想させる言葉であるため、少なくとも犯罪組織のボスの様な悪漢の名前には相応しくない。このため女性っぽい印象のバルログの海外版の名称として使われる様になった。
また逆に「バルログ」という名前は、海外では先に存在した『指輪物語』の魔神バルログ(作中言語で「力強き悪鬼」を意味する)のイメージから極めて男性的、野性的なイメージがある。そのためシャドルー四天王の中で最も粗野なイメージのあるマイク・バイソンの海外版の名前がバルログとなっている。
これらの名前変更に関しては突貫工事的な入れ替えではあったものの、上記の通り一応は理に適った変更となっている。

ゲーム上のバルログ

登場した当初はCPU専用のボスキャラと言う事もあって、その高速戦闘でプレイヤーを翻弄し、専用ステージにある金網フェンスに貼り付いてよじ登り、そこから高くジャンプして相手を襲う必殺技「フライングバルセロナアタック」「イズナドロップ」をかましてくることで、一時は嫌いなキャラの上位にランクされるほどであった。プレイヤーキャラとなって親しみが出て来たのか、最近では「ヒョー!」の掛け声と共にギャグ要員となる事も多い。

タメキャラで飛び道具は持たないものの、移動速度の速さ、通常技のリーチの長さと通常投げの投げ間合いの広さ、さらに華麗な空中殺法が売りで、スピードを生かしたジャンプ攻撃や、相手の間合い外からの攻撃、相手の技の隙をつくような攻撃が得意。その代わり防御力は低く、連続技が少ない。相手の攻撃をガードし続けると後述の仮面と爪を落として弱体化してしまうのがネック。
基本的に火力に乏しく立ち回りで圧倒しなければならないが、個々の技には明白な返し技があることが多く、相打ちではダメージ負けが酷い。持ち前のスピードに任せて手数で押すだけではまず勝てない。

2種類の三角跳びが実装されており、ひとつは通常のもの、もうひとつはイズナドロップなどの必殺技を出す時のもの(ただし『EX』シリーズでは後者のみ)。
地上戦では隙の少ない「ローリングクリスタルフラッシュ」が強い。
なお『ストリートファイターII'TURBO』までは、通常技に立ちキック攻撃と空中パンチ攻撃が実装されていない。

独特の癖やそのスピードに慣れないと使いこなすのが難しいため、総じて中級者以上向けのキャラクターである。
基本的に強キャラだったためか、ストリートファイターⅣでは意図的に弱体化させられたことでガイルらと並ぶ最弱クラスのキャラクターとなっている。

スパIVでは全体的な能力の底上げがされた。
強化点として

  • 脆すぎた仮面と爪の耐久度がアップ(投げやセービングアタックでの耐久減少が無くなった)
  • EXバルセロナ及び小ローリングアタック絡みのコンボが安定して繋がるようになった
  • スカーレットテラーの無敵属性がいくつか追加された
  • ウルコン「ブラッディーハイクロー」が壁張り付き時にも攻撃判定がついて実用可能な技に
  • 無敵突進で確定反撃にもコンボにも使える新ウルコン2「スプレンディッドクロー」
  • 屈ガード時の喰らい判定の減少

また、爪がはがれた状態はリーチと攻撃力が減るものの、攻撃判定が強化されるようになった。
総じて、ストIV時代よりは遥かに扱いやすい良キャラとなったと言えるだろう。

続編のストVではいくつかの技が削除された他、全ての技がタメ技からコマンド技に変更された。
ただ、このゲームでは重要なVスキルとVトリガーが他キャラと比較してあまり優れているとは言えない性能で、バージョンアップを重ねても弱キャラとして評価されている。
  • Vスキル: マタドールターン
その場でクルッと回って決めポーズ。ボタン長押しで回転後に攻撃できる。
技の途中から無敵が付く部分があり、相手の攻撃を避けつつこちらの攻撃を当てることができる。
  • Vトリガー1: ブラッディベーゼ
「見惚れるがいい!」
相手に一輪の薔薇を投げつけ、ヒット時には真っ直ぐ飛びかかり切り裂く。
地上では正面と斜め上、空中からは斜め下と様々な角度に投げることができる。
  • Vトリガー2: アレグリアス
「遊んでやろう!」
上半身を大きく逸らし、相手の攻撃を受けると自動で蹴り返す当て身の一種。
蹴り上げ部分は攻撃を受けなくても、コンボの一部をして繰り出すことができる。

爪と仮面

ラウンド開始時は仮面と鉤爪を装備しているが、攻撃を喰らい過ぎると外れ、攻撃力とリーチが下がる。
『ZERO3』以降は鉤爪が外れている状態でさらに攻撃を受けると仮面も外れるようになり、防御力が落ちる。『CAPCOM VS. SNK』からは仮面が外れると攻撃力は上がるようになった。どちらも『スパIIX』以降は画面内に残るため、再装着することはできる。しかし装備は立ち状態でないと拾えないため、拾おうとしたところに相手の下段技で攻められる恐れがある。
『IV』では特に外れやすくなっている。鉤爪は体力が半分相当減ると必ず外れる。また仮面も体力が6、7割相当減ると外れるなど非常に外れやすい。仮面が外れた後は防御力が豪鬼より低くなる。なお、『スパIV AE』のでは装備が落ちている間は自分の装備は "YOU"、相手の装備は "RIVAL"、CPUの装備は "CPU" と表示される。『ウルトラ』では仮面を拾う際に↙or↓or↘+PPのコマンドが必要になった。
『ストV』では爪がダメージによる強制解除のほかに、自分で任意に切り替えることが可能になった。これにより爪を装備しているかどうかを自由に決められ、戦闘スタイルを自分で変えることができる。またダメージが蓄積して爪が剥がれた場合は再装着不可になった。
仮面も攻撃を受け続け剥がれた場合は再装着不可。

一部作品では一種の魅せ技として、自分で装備を外すこともできる。

人関関係

春麗
一部の漫画作品やアニメ映画で戦うことが多い。そしてバルログが「美しい人」と認める(嫉妬する)数少ない人物。

キャミィ
ZERO3のストーリーにてキャミィの抹殺指令を受けるが、最終的にそれを拒否。ベガに反旗を翻す。EDにてキャミィを連れ帰って保護した。ストリートファイターVのストーリーでも、なんらかの思い入れがある様な言動や振る舞いをしている様子が見られる。
­
M.バイソン
シャドルーの幹部という関係だが、がさつな性格や容姿などから嫌悪しており、バイソンも彼の事を快く思ってない(本人曰く「プラザ・デ・トロスの牛の方が遥かに美しい」)。『ストリートファイター×鉄拳』では「美醜の双撃タッグ」として、ベガの命を受けてM.バイソンと共にパンドラを手に入れるため南極に向かう。CvSシリーズでは彼(それ以外にもダルシム・ザンギエフ・エドモンド本田・ブランカも該当する)との戦闘での掛け合いでは後ろを向けて首を振る動作をする。

サガット
醜い者としては扱ってないが、敗北者という理由で好いてはいないようだ。なお彼の元弟子であるアドンは「サガットにはない醜悪さを持っている」ということでサガット以上に嫌っている。

ベガ
ベガの持つサイコパワーに一種の美しさを認め、組織の活動にはそこそこ協力的(ただし、裏を返せば「ベガが醜くなったら即座に裏切る」ということでもある)。

ダルシム
醜い者として嫌っており、「潔く死ねばいい」や「お前の神もさぞ醜い姿なのであろうな」などと暴言を吐いている。ダルシムも彼のことを快く思っておらず、「素顔が醜鬼の如く歪んでいる」と指摘している。

ザンギエフ
ダルシムやバイソン同様、醜い者として嫌っている。『ZERO3』では、ステージ5の相手がザンギエフになっている。ちなみに、『ZERO3』のザンギエフがバルログに勝った時の勝利台詞によると、バルログが仮面をつけているのは恥ずかしがり屋なのかと思っているらしい。

ブランカ
獣ということで嫌っており、クマも同じ理由で嫌っている。ちなみに、『ZERO3』とカプエスシリーズでは担当声優が同じうえだゆうじである。

エドモンド本田
肉の塊としか思っておらず、醜い者として嫌っている。ただし、ストⅡの設定ではエドモンド本田のふくらはぎが気になっている描写があった。ちなみに、ルーファスボブなども同じ理由で嫌っている。
­
火引弾
醜い者として扱ってないが、ピエロみたいな印象があって嫌いらしく、「哀れなゴミ」や「止めなど刺すのもおぞましい」などと酷評している。同じ理由でジョー・ヒガシポール・フェニックスなども嫌っている。
­

鉤爪使いということでライバル視されている。

二階堂紅丸鑑恭介
­彼にとって美形と評価されており、ベガを含めて掛け合いでは薔薇を投げる。

ライデンチャン・コーハン
CvSシリーズでは、SNKサイドにおける醜い者として嫌っている。
­
チョイ・ボンゲ
SvCで、自分のコスプレをしていると勘違いされている。バルログ本人は彼の事を醜い者としか思っていない。ちなみに、キムもバルログのことをチョイと勘違いしている。

ビリー・カーン
共に『頂上決戦 最強ファイターズ SNK VS. CAPCOM』では、上司の命令でプレイヤーを暗殺しようとするが、ライバルキャラにふっとばれるポジション。ただビリー・カーンはカプエスでプレイアブルキャラとして参戦していない。

山崎竜二
「何もかも歪みきっている・・・。存在すら許せぬ!」と露骨に嫌悪するほど、非常に嫌っている。山崎は彼の事をただの変態としか思っていない。
­
バルログ「賛辞は拒まない。この美しさに喝采を!」
山崎「・・・おい、コイツどうにかしろ!」

余談

なんでヨーデルを歌ってるの?

勝利メッセージの一つである「ヨ~ロラヨ~レヒ~♪」という謎の歌。恐らくはスイス地方などで歌われるヨーデルの一種と思われるが、スペイン出身の彼が何故、ヨーデルを歌うのかはである。

関連動画


­

関連タグ

ストリートファイターII シャドルー ベガ サガット マイク・バイソン
シャドルー四天王

外部リンク

バルログ (ストリートファイター) - Wikipedia
バルログ(ストリートファイター)とは(バルログとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

シャドルー四天王 しゃどるーしてんのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バルログ(ストリートファイター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 493378

コメント