ピクシブ百科事典

チョイ・ボンゲ

ちょいぼんげ

SNKの対戦型格闘ゲーム『KOFシリーズのキャラクター。 第一作である『'94』から出場する最古参キャラの一人。
目次[非表示]

「斬るでヤンス♪」

プロフィール

■初出作品:KOF94
■キャッチコピー:
('96)「切り裂き通り魔」
('98)「コリア・どっきん・ナイトメア」
■格闘スタイル:
('94〜'96)身軽さと両手のツメを武器に闘う
('97〜)テコンドー+スピード攻撃
■誕生日:10月25日
■年齢:
('94)35歳
('95〜2001)36歳
■出身地:韓国
■身長:153cm
■体重:44kg
■血液型:B型
■趣味:ものを切り刻むこと
■好きな食べ物:カニ
■得意スポーツ:新体操
■大切なもの:フレディのツメをマネて自分で作ったツメ
■嫌いなもの:コンニャク

元は某映画の殺人鬼に憧れる危ないオッサンだったが、運悪くキム・カッファンに捕まって更生の道を歩まされることになる。チャン・コーハンとは似た者同士の相棒といった関係。「ヤンス」が口癖。こう見えて妻子持ち(!?)。

概要

エルム街の悪夢』のフレディに憧れ通り魔をしていたが、脱獄犯であるチャン・コーハンを追っていたキム・カッファンによって捕えられ、チャンとともに彼の下で更生することになりKOFに参戦。

漢字表記は崔稲妻であるが「崔」は通常「チェ」と読まれる。ハングル表記では「최번개」で、Choe Beongaeがそのローマ字表記である。これは「최」の「ᅩ」“o”と「ᅵ」“i”の綴りを反映したものとなっており、そのため「チョイ」と読まれたと推測される。またボンゲとは稲妻の意味であるが、漢語ではないので通常漢字では表記されず、漢字表記は日本語を当てたものである。

見た目は猫背の小さなオッサンだが、こう見えて精肉店の店主であり、奥さんと二人の子供がいたりする。家族仲は円満の様子で、通り魔は家族に内緒でおこなっていた。
なぜ切り裂き魔になろうとしたんだろうか・・・?
円満すぎる人生に刺激が欲しかったというには、やらかしたことのツケがキムに見つかったことと考えると・・・(-人-;)。
キムには一向に頭は上がらず、だからといって悪知恵を回して出し抜いても結局は元の木阿弥で終了する。更生した振りをしてチャンと何度か脱走や下克上を試みたが、どれも失敗に終わっている。また、あるEDではキムの抹殺を企てるが、そこに虚しさを感じて「自分も丸くなった」と感慨深げになるなど、ある程度まともにはなってきている。

ものを切り刻むのが大好きとい非常にアレな性格だが、基本は陽気でひょうきんな面白いオッサン。

カニが好物で優勝したらカニを食べ放題と『'97』のキャラソンで明らかとなっているが、カニは身が濃厚かつ脂が多いので食べ過ぎると吐いてしまうのである。このおっさんはそのことを知っているのだろうか?

キムのホームグラウンドである『餓狼伝説』にも「リアルバウト」シリーズで相棒とともに客演を果たしている。
なお、『2003』以降はリストラの憂き目に遭っており、以降はキムのオマケとして登場している。
そしてKOFXIVで13年ぶりに復活。ただし今回はチャンと共にザナドゥをリーダーとした悪人チームとしての参戦となる
『CAPCOM VS. SNK2』ではチャンのオプションという扱いで出場している。

CVはラルフ紅丸の声でお馴染みの前塚あつしさんである。

性能

鉤爪とキム仕込みのテコンドーで戦うスピードファイター。

『KOF』のキワモノキャラの代表格で、『'96』以前や外部出演でこそ底辺性能だが、それ以外では一貫して強キャラである。
最大の特徴はその小柄さと俊敏さで、画面をところせましと駆け回りながり、相手のミスを突いて攻め落とすという非常に憎たらしい戦法を得意とする。得意なキャラにはめっぽう強いが、苦手なキャラはとことん苦手という、キャラの相性が非常にはっきりと出るタイプでもある。

はじめはテコンドー技が無かったが、シリーズを重ねるごとに飛翔脚や鳳凰脚などをマスターしていき、後のシリーズほど性能がアップしている傾向にある。
『'99』では特殊技の骸突き(通称「びよよん」)がガードクラッシュ確定でキャンセル可能という性能であり、相手のガードを崩してキャンセル鳳凰脚という戦法が猛威を振るっていた(流石にヤバかったのか『2000』以降はガード崩し能力が無くなった)。
『2002』においては、体力一定以下の時にゲージ2本消費で出せるMAX2技「杓死」が、「出現位置がランダムで、ステージ端を背負っても裏周りで喰らう事があり、運が悪いと2HIT」と言う、シリーズ屈指の性能を持っていた(運が悪いと1発も当たらないが)。ちなみに元ネタは漫画ONEPIECEキャプテン・クロの必殺技『杓死』。

『NEOWAVE』では共通システムの「ヒートモード」とモードセレクトで選べる「MAX2モード」が凄まじいシナジーを発揮する。「ヒートモード」は発動すると体力が徐々に減る代わりに攻撃力が上がるシステムで、「MAX2モード」は緊急回避が使えなくなりゲージストックが1本固定になるが、ゲージが自動回復し、体力が減るとMAX2が使用可能になる。これによりヒートモードで低い攻撃力を補いながら能動的に体力を減らし、使用条件を満たしたら杓死をぶっ放すという図々しい戦法が可能になる。

チャン・コーハン同様『KOF2000』ではマニアックストライカーとしてまったく別人のような見た目のバージョンも出ており、チョイの場合、「クールチョイ」というのが登場する。元のチョイよりも身長が伸びており、風貌も大きく異なる。服装は『KOF'94』の物をアレンジしているが、帽子の下に髪の毛がある。ストライカー動作は地面を滑るように前方へ突進しながら爪を振り回して攻撃するというもの。なお、ストライカー動作の攻撃の後には手の平でサングラスを上げる動作を取る(これも上記のクロと同様)。

『2002』以来の復活参戦になる『XIV』では、チャンと共にキムと別れ、新キャラのザナドゥをリーダーとした悪人チームとして登場する。そのせいなのか、飛翔脚や鳳凰脚などのキムから教わった技を忘れている(封印しているのかも…)。
え、飛翔脚は使ってるのを見たって? あれは「禿鷲蹴り」っていう新しい特殊技ですよ(ダカダカ踏み続けていかないし)。

小ネタ

外見

ソフト帽に丸型のサングラス、手には鉤爪、さらに『'96』以前は茶色いズボンをサスペンダーで吊るし、緑の横縞Tシャツを着ていたりと、あまりにも元ネタ(エルム街の悪夢)丸出しの姿だったため、さすがの開発陣も、これではいつ版権で「待った」を掛けられるかと危機感を持ったため、以降はキムの道着を着せてどうにかごまかした。
 ――ってか、最初に気づけよ?!
格闘ゲームのキャラでこの手のオマージュは珍しくないが、チョイは「本人が憧れて真似している」と設定されている点で特筆される。
ところが『カプエス2』の客演の際には元のファッションに戻り、『XIV』でも緑シャツに戻っている(ズボンはオレンジの囚人服に)。「真似しているだけ」なので問題ないという判断になったのだろうか?

あと、なんとなく桂小枝山西惇(『'97』からビリー・カーン役)にそっくりである。

キャラソン

そんな彼は何とキャラソンがある。『'97』のアレンジサウンドトラックに収録されており、八神庵の後に彼の歌が続く。どういう待遇・・・・。所々にラルフや紅丸の声も聞こえる
『'98』でも聴け、チョイを先頭に出すと、試合前にこの曲が流れる(イントロがちょっとだけだが)。阿波踊りに使われる「よしこの」の替え歌で、「踊る阿呆にあたしアホ」と言いながら奇妙な踊りを踊る。韓国…人……?

関連タグ

KOF
エルム街の悪夢 フレディ・クルーガー 鉤爪
キム・カッファン チャン・コーハン ザナドゥ(KOF)
桂小枝 山西惇

pixivに投稿された作品 pixivで「チョイ・ボンゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102714

コメント