ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「悪は許さん!!!」

プロフィール

初出作品餓狼伝説2
格闘スタイルテコンドー
生年月日1964年12月21日
年齢(2〜SPECIAL)28歳、(RBS〜RB2)32歳、(KOF'94)29歳、(KOF95〜2001、XII)30歳
出身地韓国
血液型A型
身長176cm
体重78kg
趣味カラオケ
好きな食べ物イカフェ焼肉キムチ
得意スポーツ体操
大切なもの妻(ミョンサク)、2人の息子
好きな音楽ムード歌謡曲
嫌いなもの
職業テコンドー師範
特技熱湯風呂でガマンすること
CV
  • 橋本さとし(『餓狼』シリーズ全作並びに『KOF XI』までの各タイトル)
  • 長田和彦(『KOF XII』以降)
  • 中村大樹(『バトルファイターズ 餓狼伝説2』及び劇場版『餓狼伝説-THE MOTION PICTURE-』)
  • 河本邦弘(『KOF ALLSTAR』3DCGアニメ『KOF:DESTINY』)
  • 大橋彩香(プリティー・キム役『KOF ALLSTAR』)
  • 江口拓也(『KOF for GIRLS』)


概要

『餓狼伝説2』で初登場。韓国出身のテコンドー師範。
公式漢字表記は「金甲喚」。
家族構成は夫人(キム・ミョンサク)と2男(キム・ドンファンキム・ジェイフン
子孫のキム・スイルが『風雲スーパータッグバトル』に登場している。

人物

テコンドーこそ世界最強の格闘技と自負し、正義を重んじ悪を許さない真面目で誠実な性格の持ち主。
しかし悪を正そうとする矯正的な行動からか、作中で偽善者と揶揄される事もあり、『リアルバウト餓狼伝説』ではギースに、『SVCカオス』ではゲーニッツに偽善者呼ばわりされており、『KOF』シリーズではその正義感という性格が悪い意味で強調され、融通の利かない堅物のように描かれる事も少なくない。
しかし、『KOFXIII』では偽善者的な側面を助長するような描写が抑えられ、本来の真面目で誠実な人物像を強調する形で描かれており、対戦前の掛け合いデモでは復学しようとしない草薙京を真面目に叱ったり、K'が単なる悪人ではない事を理解している様子も見せている。
また、同キャラ対戦では「力無き正義は無意味」と説いたり、自身の正義を嘲笑する斎祀に対しても毅然とした意志を貫く等、強い正義と信念の持ち主である事が強調されている。
キムはそれまで周囲を振り回してきたが『XIV』に参戦したキムの師であるガンイルと彼の愛人であるルオンによって振り回されるコミカルな一面を見せる。

こう見えて非常に酒癖が悪く、泥酔して他人に絡む事ある。(『XI』餓狼伝説チームEDより)また、韓国出身だけあって兵役に就いていた過去があり、『KOFXIII』における怒チームとの掛け合いや勝利メッセージでその事を語っている。

KOFには凶悪犯罪者であるチャン・コーハンチョイ・ボンゲを更生させる目的で参加している(チーム名はキムチーム)。
同門のライバル(?)にジョン・フーンがいる他、『餓狼』シリーズに出ているホンフゥも同門として修行していた事がある。後に師のガンイルも登場。
弟子にメイ・リーチェ・リム、アリス・クライスラー(『餓狼3』の没キャラ)がいる(なんか女子が多いな…)。
また『RB2』のエンディングでは秦兄弟も入門していた。
『KOFXIV』でキム曰く「出来れば会いたくない」彼の師匠がまさかの登場
彼のチームEDでは、キムの珍しい狼狽する様子が描かれているので必見。

『KOFXV』でガンイルの修行に付き合う事になり、『'94』以降皆勤だったナンバリングタイトルでの初期プレイアブルキャラクター枠から途絶えた。DLCで追加するかは現状不明である。

『CAPCOM VS. SNK』ではガイルに対し、彼の蹴りの鋭さを賞賛している。キムもまた飛燕斬という名のサマーソルトキックを使うためだろう。
また、ザンギエフに向かってチャンにそっくりといって怒らしている(片や犯罪者、片やインテリレスラーで東京都知事までなっているのでそら怒るわ)。
『2』ではチャン本人も参戦したためさすがにもう間違えず、これに関しては謝っている。

人間なのか…?

必殺技は飛翔脚、半月斬、飛燕斬等で、超必殺技の鳳凰脚は特に有名。
技の大幅強化により『餓狼SP』では強キャラとなり、以降韓国補正というわけではないが登場する多くの作品で強キャラとして認知されている。
『KOF』シリーズでも強いが大門五郎八神庵ラルフ・ジョーンズなどといった化け物が勢ぞろいしているため影が薄い…という印象もあるようだが、空中から鳳凰脚で真横にすっ飛んでいく彼も十分人間離れしている気がする。
ちなみに鳳凰脚で片足を上げて突っ込むあのポーズ(餓狼2~SP)、元々は実際のテコンドーで牽制しつつ相手との間合いを詰める時にとるとされており、キムの場合は鍛え上げられた脚力によって一歩歩いているだけである。
というかそもそも『餓狼SP』の時点で背景の空を飛んでたり、『MOW』でも長男が調子に乗ってると上空から超スピードで降りてくる。あんた本当に人間なのか。

その他メディアでのキム

漫画版
ボンボン餓狼(堀井雄二著)ではなぜかクラウザーの配下の悪人として登場している。
真の目的は、クラウザーの力で集められた格闘家を自らが倒すことによってテコンドーを武闘の頂点に君臨するためだった。
最後はジョーに倒された上に乱入してきたビリーによって脳天を棒で突かされて倒される。
同作品に登場する彼のクローン体がオリジナル技「飛燕返し」の技を使うだが、のちに『RB餓狼』で追加された「天昇斬」と似ているのは気のせいだろうか……。
同じく堀井雄二氏によるコミックボンボン増刊号にて読み切り連載されていた漫画版『KOF'95』では『ボンボン餓狼』の技を見切る能力を継承しているが、性格は原作同様に正義の人になっている。
その一方でボンボン餓狼を除いた餓狼伝説、KOFコミカライズ版では原作と同様に真っ当な正義キャラとして描かれている。(多少強引なところもあるが)
アニメ・映画
アニメ『バトルファイターズ 餓狼伝説2』では、冒頭でギースを倒したテリーの噂を聞きつけ、その実力を確かめるために彼と正々堂々とした戦いを繰り広げた。
劇場版『餓狼伝説-THE MOTION PICTURE-』では妻と二人の息子を連れてジョーの祝賀パーティに出席するために来日した。
しかし会場に仮面の男が突如現れて一人の少女(スーリア)に襲うが、仮面の男との決死の戦いを繰り広げ事なき得た。
外部ゲームの客演での扱い
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALのDLCの追加ステージ「KOFスタジアム」にて背景キャラとして出演しており、さらにチャンとチョイも出演している。
アプリゲーム『KOF ALLSTAR』ではキムが女体化した姿『プリティー・キム』が登場。
姿が変わっても性格は変わらず、しかし自分の体型が変わっていることを忘れて失敗することもある。

性能

テコンドーの使い手だけあって大半の技が足技で構成されており、パンチ系のボタンでもキックが出る技が多い。

飛び道具こそ無いが、通常技の性能が良く、無敵対空技や多彩な突進技もあり近距離戦が得意。連続技も強力である。
一部のタイトルではハキキャンや構えといったテクニカルな要素もあり、全体的に見て中級者向けのキャラと言える。

『餓狼伝説SPECIAL』では飛翔脚やキャンセルからの鳳凰脚がガードされても隙が無いなど驚異的な強さを誇り、『ゲーメスト』増刊号に掲載されたダイヤグラムでも1位となっている。

『KOF』では空中鳳凰脚やハキキャンといった、もともとバグ技だったものが正式採用にされている事もあって、やはり圧倒的なまでの強さになる事が少なくない。
この理不尽なほどの強さも「偽善者」呼ばわりされる一因である。
『XII』では新たに「空中半月斬」という技が追加され、『XIII』NEO MAX超必殺技『零式鳳凰脚』が追加され他のキャラに比べるとかなり優遇されている。

歴代テーマ

『'94』:憂
雷雨が降り続くステージのように不穏さが満ちているテーマ。題名はもしかして他の二人がまだ改心しないキムの心配を示唆しているか?
『'95』:慮
去年のステージと一貫したスタイルで、さらに不安さを強くした曲。題名は去年のと合わせて「憂慮」となり、非常にいい掛け合わせである。
『'96』:Seoul Road
曲風を一変し、勇壮なるリズムと堅実なメロディになり、いかにも正義な味方のように堂々としている。ここで、過去二年連続で韓国ステージが土砂降りで不穏なBGMだったが、三年目でようやく雨上がりで、明るくて熱いBGMになった。これはチャンとチョイの二人がとうとう改心した(と思い込んでいるキム)の気持ちを現したメタファーではないかと思える。長らく隠された良テーマだが、『XIV』にてなんとVS.チャン・チョイでアレンジされて再起用を果たした。
『'97』:実装なし
韓国ステージはあるが、ステージ背景音のみである。
『'98』:Seoul Town
Seoul Roadと似た曲風だが、こっちはもっと疾走感があり、勇敢に戦う意志を表す面が強い。
ちなみにこの曲は餓狼Realboutからの実装であり、『'98』では実際アレンジの再起用である。『2002UM』にもアレンジされて再起用、韓国チームの代表テーマである。この曲もキムの個人バージョンがあり、紛れもなくキムの個人テーマである。
『'99』:Way to Rebirth
和訳「再生の道」。まさにキムがチャン・チョイを更生への導きを象徴するテーマである。曲風とリズムはSeoul Townよりだが少し重めで、更生の道のりは遠くて辛いを示している。
『'00』:Wild Party
題名と少し合わないが、従来のスタイルと比べ、リズムが少し軽くなったものだが、メロディはやはり重みを失っていない。
『2001』:ネリチャギ
キムの近Dから取った名前である。従来の曲風から一新し、すこレトロ的なゲームの英雄っぽさを感じ、メイ・リーという特撮ヒーローの参入によってスタイル変更ではないかと思われる。
『2002』:Let's Go to Seoul
さらに軽快になった旋律で、疾走感と宿命感のあるメロディから組み合わすテーマ。もっとも題名「一緒にソウルへ行こう」には全く連想できないが...。
『2003』:Seoul Love
激しい旋律で激烈な交戦を連想させるテーマ。『2003』の随時交代システムの高速なペースには相性が抜群なテーマである。
『XI』:Street Dancer
初めて他チーム参加にあたって、テリーのテーマを流用することになっている。
『XIII』:Tame a Bad Boy
和訳「悪ガキを手馴れさせる」。チャン・チョイではなくライデンとホア・ジャイがチームメイトだが、やはり更生チームとして作動している。Seoul Townと似たスタイルで、現代の技術で高音質なギターで大変熱いメロディとなっている。
『XIV』:Belief
熱血なギターを用いた曲風は変わらないが、女性であるルオンに当たる優雅なメロディも追加されている。

備考

  • 名前は当初「キム・ハイフォン」となる予定だったがあり得ない名前と指摘があったため、それを指摘したVICOM社(『ファイトフィーバー』を作った会社)の社長であった金甲煥の名前を一文字変えて(煥→喚)拝借した(次男であるキム・ジェイフンの名前もこの社長の息子の名前から)。
  • 公式の漢字表記があるものの、中国語圏ではこの名前があまり流通せず、「金家藩」、「金卡法」もしくはモチーフであるキム社長と全く同じ「金甲煥」と表記されることが多い。
  • 最近の出演作品において、フルネームで表記されることは無く、単に「キム」としか呼ばれていない。その理由は、詳細は割愛させて頂くが、一言で言えば「大人の事情」である。
  • 設定上世界の繋がりは無い作品である「サムライスピリッツ閃」に、同じキム姓で、さらにキムの超必殺技「鳳凰脚」と同名の技を持つ「キム・ヘリョン」というキャラが存在している。
  • 作品ごとに構えの向きが違い、『リアルバウト』以降の『餓狼』シリーズでは後ろ向き(背中が見える)、それ以外では前向き(背中が見えない)となっている。


関連タグ

餓狼伝説 KOF ジョン・フーン ガンイル キム・ドンファン
キム・ジェイフン メイ・リー チェ・リム チャン・コーハン チョイ・ボンゲ

関連記事

親記事

餓狼伝説 がろうでんせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キム・カッファン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キム・カッファン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349808

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました