ピクシブ百科事典

ジョー・ヒガシ

じょーひがし

ジョー・ヒガシ(東丈)とはSNK(現SNKプレイモア)が出した格闘ゲーム「餓狼伝説」シリーズに登場する、架空の人物で同作品における主人公の一人である。
目次[非表示]

「黄金の蹴り、拝ませてやるぜ!!」

ジョー・ヒガシ(東丈)とはSNK(現SNKプレイモア)が出した格闘ゲーム餓狼伝説』シリーズに登場する、架空の人物で同作品における主人公の一人である。

プロフィール

格闘スタイルムエタイ
生年月日1972年3月29日
身長180cm
体重
  • 72kg(リアルバウト餓狼伝説まで)
  • 71kg(リアルバウト餓狼伝説スペシャル以降)
血液型AB型
出身地日本(大阪府吹田市)
職業ムエタイ選手
趣味喧嘩
大切なものハチマキ
好きな食べ物ワニの唐揚
好きな音楽ド演歌
嫌いなもの
  • 学校(餓狼伝説2~餓狼伝説3)
  • 正装すること(リアルバウト餓狼伝説スペシャル以降)
得意スポーツ格闘技全般
特技ナンパ(成功率99%と本人談)
出演作品餓狼伝説シリーズ、CAPCOMv.s.SNKシリーズ、KOFシリーズ
声優
  • 生瀬勝久(餓狼伝説2、餓狼伝説SPECIAL)
  • 檜山修之(餓狼伝説3~KOFXIII、バトルファイターズ 餓狼伝説2、餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-)
  • 矢尾一樹(餓狼伝説 〜宿命の闘い〜 CDサウンド ドラマアルバム No.1 復讐の狼、餓狼伝説 〜宿命の闘い〜 CDサウンド ドラマアルバム No.2 孤高の狼、餓狼伝説2〜新たなる闘い〜 CDサウンド ドラマアルバム、餓狼伝説スペシャル)
  • 佐竹雅昭(バトルファイターズ 餓狼伝説)
  • 三戸耕三(KOF14)
  • 沢城千春(KOFG)


初代『餓狼伝説』より登場する、同シリーズの看板キャラの一人。主な声優は熱血キャラで定評の檜山修之。他にも生瀬勝久氏、アニメ版では元・空手家の佐竹雅昭氏。

日本人黒髪にハチマキと、かなり格闘モノ主人公のテンプレ気味な雰囲気を思わせておきながら、格闘スタイルはムエタイ(しかもチャンプ)で衣装はパンツ一丁と、テンプレからテリーといい勝負出来るほど外れている。
大阪府吹田市に実家があり、開業医の末っ子。エリート揃いの一家の落ちこぼれで、近所では有名な悪ガキだった。
ボクシングと出会ったことで更生し、世界王者になるところまで行ったのだがアンディと野試合で負けてしまい、蹴り技の重要性を感じ、単身ムエタイを学びにタイに渡り現在に至る。

ギースとの直接的な因縁を持っていなかったが「ジョーといえば、ハリケーンアッパーのジョーか!」と言わしめている。

アニメ版では1作目では試合中のテリーとアンディを狙撃からかばって銃弾を受けたり、『2』ではテリーを心身ともに打ちのめしたたクラウザーに単身敵討ちを挑むも一蹴されて失明寸前の重傷を負うなど、えらい目に遭う役ばっかりになっている。

初代『餓狼伝説』での台詞に「親父のように世界一強い男になるんだ」というものがある。
前述のとおり、父親は開業医を営むインテリのはずであり、強い格闘家というイメージからは程遠い。
医者にして格闘家というキャラはいないでもないが、ジョーの家庭環境にはファンからも疑問の目が向けられている。

主人公…?

『餓狼伝説』の主人公の一人…のはずなのだが、近年においては初期のシリアスさをかけらも感じさせない言動が多い(最初からしていないと言えばしていないが)。
『餓狼伝説3』からは主人公の一人にも拘らずCPU戦で最初から選べる敵キャラの一人にされたり、リアルバウト餓狼伝説ではテリー・アンディにはあったギースとのSPエンディングデモが無かったりなど、まるで主人公扱いをされていない。

派生作品による風評被害

『KOF'96』では「ケツ出し挑発」をしでかしてしまった。
原作は拳を逆の手のひらに打ち付け、相手を指さし「オラァっ!」と不敵さ全開の挑発だったが、あろうことか相手に背を向けてパンツを下げてケツを披露するという原作レイプをやってしまった(と言うか、KOFスタッフがやった)。
これ以降ジョーは「変態」と言うレッテルが貼り付けられてしまった。(餓狼伝説スタッフの怒りを買ったという噂もある。)

餓狼伝説の開発スタッフが新生SNKのKOFの開発を担当するようになり再び硬派な路線へ回帰しつつある。

性能

通常技での牽制技が攻撃判定が強く優秀でバランスはいいが、シリーズを重ねるにつれて必殺技の性能が中途半端になり、それにつれてキャラクターの使用率は低くなっている。

大体の作品で避け攻撃のリーチが長く、特に性能のよい『餓狼伝説2』と自発的に出すことのできる『RB餓狼伝説2』では主力となる。『餓狼伝説SPECIAL』では前進しながら弱Pをヒットし続けられる永久連続技がある(ただし、本作では通常技キャンセルで出せる必殺技が連打技の「爆裂拳」しかなく、しかもつなげにくい事情もある。)。『餓狼伝説3』以降は基本的にほとんどの通常必殺技が通常技キャンセルでつなげることができ、多彩な攻めができるようになった。

派生作品での性能

『KOF』における絶頂期は『'97』。空中の判定が非常に強く飛び込みを潰し易いうえ、ガードされても隙が皆無。
地上で当たれば直接超必殺技の「爆裂ハリケーンタイガーカカト」に繋がり、端に追い込んでいる状況で空中の相手に当てれば、
気絶するまでHITさせられる擬似永久コンボが確定するほど高性能の「黄金のカカト」や、
一定の距離を保たれるとチョイ以外のキャラは攻めの主力となる中ジャンプで飛び越すことができないほど判定が強く、
緊急回避で回避しても、投げぬけ不可のC投げが確定してしまう程隙が小さい弱「ハリケーンアッパー」。
ガードされても有利なうえ削りダメージが高く、2回連続で当てると確実にガードクラッシュが起こる超必殺技「スクリューアッパー」などが凄まじい強さを誇る。

特に『'97』では最強キャラである暴走庵をほぼ詰ませることができる唯一のキャラクターとして高い人気を誇る。

・・・が、悪さがすぎたのか98以降は本作品同様、必殺技の性能が中途半端になり弱体化の一途を辿る。
『2000』ではプレイヤーキャラクターとしての性能は低いが、ストライカー性能が強力で、猛威を振るった。

『2002』シリーズでは見た目に反して隙が非常に小さいスライディングと、全ての動作を強制的にキャンセルして出せる爆裂拳を使った連続技が高火力で、そこそこに強い。

『XIII』ではゲージを駆使した連続技が高火力だが、チームメイトのアンディが最強の一角なため陰に隠れがち。

カプエスシリーズでは『CVS2』において前転キャンセル爆裂拳、ランによる接近→しゃがみ弱キックからの爆裂拳といった強引な攻めが持ち味。同作では似た動きができてより高性能なエドモンド本田がいるものの、ラッシュ力は全キャラ中屈指のひとりである。また、最弱とされる火引弾と張り合われるという目にもあっている。

総じて通常技及び必殺技の癖が少ないため、初心者でも使いやすい。


検索に関して

実はジョー・ヒガシをpixivで検索しようとしてもヒット件数が少ない。
なので1件でも多くヒットさせようと思ったら、「ジョー 餓狼伝説」が一番確実と思われる。

関連タグ

テリー・ボガードアンディ・ボガード…親友。テリーはジョーを「自分と互角に戦える唯一の人物」とその実力を認めている。
不知火舞…嫌いな物「正装」は、彼女が無理やりスーツとネクタイを着用させた事から由来する。1994年の餓狼伝説カレンダーでは、スーツ・ネクタイ姿のジョーの姿が描かれている。
KOFシリーズでは「パンツ男」と愚痴るなどアンディ以外とは組まないと言いながら『99』以外では同一のチームとして出場していない。カプエスではSNK側で唯一試合前の掛け合いが用意されている。
ビリー・カーン…お義兄ちゃん?(餓狼伝説3のエンディングで、ビリーの妹・リリィに「ギースの野郎は俺様がきっちり退治してやったし、あのバカ兄貴も目を覚ますだろうぜ」と親しげに声をかけながら、二人で連れ立って町を歩いている。気づいているのかいないのか、少し後ろから、怒り狂って三節棍を振り回す『そのバカ兄貴』に追われながら…)
サガット - カプエスで対決する同じムエタイ使い。ただ、サガットから見ればジョーは「貴様にはまだ見えぬ」と格下扱いとしている。
火引弾 - カプエス1では優勝コンビとなっているが、ダンの実力を疑問視しており、「どうやってここまで勝ち上がってきた?」とジョー自身が言うほど。

外部リンク

餓狼伝説総合公式サイト
【CHARACTER】ジョー・ヒガシ
ゲームプロパティ 餓狼伝説

関連記事

親記事

餓狼伝説 がろうでんせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョー・ヒガシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 688398

コメント