ピクシブ百科事典

ルガール・バーンシュタイン

るがーるばーんしゅたいん

ルガール・バーンシュタインとは、KOF'94~98(通称オロチ編)でのキーマンでもあるボスキャラ。初代KOF版「みんなのトラウマ」。
目次[非表示]

「悪こそ、この世界の原動力なのだ!」

プロフィール

格闘スタイルあらゆる格闘技をマスターした総合格闘術
誕生日2月10日
身長197cm
体重95kg(94)、103kg(95~)
血液型不明
3サイズ不明
出身地不明
趣味格闘家を銅像にしてコレクションする事(94)、世界征服(95,2002)、復活(98)、ただし数ある趣味のひとつに過ぎない(共通)
大切なもの悪の心
好きな食べ物好き嫌いはない
嫌いなもの正義、とりあえず自分の邪魔をする奴(95,98のみ)
得意スポーツ特にないが、何でもそつなくこなす
C.V.新居利光若本規夫(KOF2002無印のみ)、銀河万丈(ドラマCD)


概要

シリーズ第一作目であるKOF94にて、主催者兼ラスボスとして登場。
続編のKOF95においてもKOFを主催し、『オメガ・ルガール』として再登場。隠しコマンドを入力すればプレイヤーキャラとなる。(一部の家庭用版では最初から登場しているものもある。)

CVはハイデルンも担当している新居利光氏。98までは悪人らしい声だったが、2002UMではハイデルンと同じ声質になっている。
KOF2002(UMじゃない方)では何故か声が若本になっていた。(もちろんUMの方は新居氏に戻っている)

人物

武器・麻薬等、世界のブラックマーケットを牛耳る死の商人。
世界中の戦争の裏には必ず「R」という組織の影があるという。
武器密売のメイン艦、空母「ブラックノア」には軽く世界を滅ぼせるだけの核装備量がある。

自らの趣味のために格闘家を殺して銅像コレクションにしたり、草薙柴舟を洗脳して息子と戦わせる等、我儘な幼児の如き残虐さを発揮する悪人。
過去にはハイデルンの強さを聞きつけ彼の所属する基地を襲撃、部隊をたった一人で壊滅させ彼の妻子までも殺害。
(KOF94にてハイデルンと対峙した際に「妻子を殺してしまったことに関してはすまないと思っている」と語っている。)

オメガルガール


「死して名を残したいか!いいだろう!最高の技で刻んでやろう!」

KOF95ではオロチの暗黒パワーを吸収、失った右腕はマチュアにより機械化され『オメガ・ルガール』として復活。
だがオロチの力に耐えきれず、自滅に近い敗北をしたルガールは塵となって消滅。
奪い取ったオロチの力の暴走によって塵となり消えてしまうという、因果応報というべき末路を迎えた。

予てよりオロチの力に目を付けていたルガールは、25歳の時にゲーニッツに一度挑んでおり、その際に片目を潰されている。
そのお返しなのかは定かではないが「98」ではゲーニッツの首を引っこ抜いている。

また、両者がプレイヤーキャラとして使用できる作品では、オプティックブラスト宜しく、失われた片目から赤い光を真上へ打ち出すという特殊な掛け合いがあったりと、ゲーニッツとは因縁な関係にある。

性格と趣味

94では紳士的、95では復讐鬼、98ではアクティヴ、2002では風格がある性格。

なお、銅像コレクションが趣味で女性格闘家のみを剥製にするのだが、彼がボスとして登場した作品はほぼ例外無く、自爆と復活を毎回繰り返し、基地施設等の自爆(or自滅)で終わるため「自爆が一番な趣味なのでは?」といわれたり「爆破オチ野郎」等と呼ばれる事もある。

自爆するしかねぇ


他人の技をパクったり、98のインタビューではノリノリで回答していたりと、色々とコメディっぽい要素も持ち合わせているR氏。
そういやぁ、どっかのゲーム会社アーケードガンシューティングゲームにも自爆が趣味なオジさんがいたなぁ・・・。

形態


家族構成


ロデム

ルガールがペットとして飼っている黒豹で、ルガールが気絶した際はロデムが援護攻撃を行う。ルガールが勝つと吠えて、負けると項を垂れる。CAPCOM VS. SNK(以下、CvS)シリーズのルガール登場シーンにも出演。CvSの勝利メッセージによると、ナコルルにも心を許している。クローンの方が高性能なネスツ幹部といい、ペットに猛獣を飼うのは強者の嗜みなのかも知れない。
なお、ユリに「クロちゃん」と呼ばれている。

KOF95以降

その後はドリームマッチにしか登場していない。
KOF98では、「もしもオロチの力に飲み込まれていなかったら」、KOF2002では「もしも、ネスツの科学力で復活していたら」という設定で復活。
('98も2002もストーリー間のお祭りの様なもので、一種のIFストーリーと見た方が良い。また機械化していた腕も元に戻っている。)

KOF2000ではゲストストライカーとして登場。
しかし死んでいるオロチ一族のように消える演出にはならず、普通に退場するので、「こいつまだ生きているんじゃね?」「まぁ、ルガールだし」とか言われる始末。

制作者インタビューでは、「彼は星になりました。合掌。」、『ネオジオフリーク』の最終号や当時の公式HPでは「消滅後は空気中を分子単位で漂っている」と、されていたので、95で公式に亡くなったのは間違いない。
正史での再登場は絶望的であると思われる。

が、現行の新シリーズ『KOF14』にて謎の存在バースを通してルガールと思しき声が…
「どうした………また秘書にしてやってもいいぞ………」

性能

KOF94ではまずスーツで戦う。この状態では必殺技の大半が使えず、削り性能のある2HITパンチくらいしか特筆する技はない。(アルゴリズムのおかげでこれでもそれなりに強いが)
倒すとスーツを脱ぎ、本気を出す。ボスキャラだけあって全面的に高性能だが、なかでもジェノサイドカッターの性能がおかしく、出初めから攻撃終了まで完全無敵(飛び道具ぬけられるくらい長い)で、スキがほとんどなく、非常に高威力。特にパワーMAXで喰らうと即死する。他にも硬直が少ない烈風拳や、あらゆる飛び道具を貫通するカイザーウェイヴ、突進し画面端に追い込むゴッドプレス、発生が早い跳ね返し技のダークバリアと言った凶悪な必殺技ばかりである。

KOF95ではプレイヤーが使えるようになったためなのか、前作よりかなりパワーダウン。威力とスキが全体的に調整されている。ジェノサイドカッターは無敵時間がかなり短くなって割り込みや対空に使うのは難しくなり、威力も大幅ダウン(即死はムリ)。それなりには強いが、トップキャラといわれる草薙京と比べると大分見劣りする。

KOF98(UM)では正式にプレイヤーキャラになったが必殺技が弱体化し、弱キャラに落ちているもののカイザーウェイブやゴッドプレスがあるので腕次第で上位に食い込むことができる。98UMだと飛び道具の隙が減り、ジェノサイドカッターの攻撃判定が大幅に強化、遠距離立ちの弱キックと強パンチがキャンセル可能となり、だいぶ改善された。
この作品のみの超必殺技で、飛びかかった後に相手を踏み付けて押し潰し仰向けになった相手の腹部に直立して高笑いしながら高速に回転して相手の体をえぐる「デッドエンドスクリーマー」が実装されるのだが、その演出が実に面白く、ルガールが腕を組んで笑いながら高速で回りその後マッスルポーズをとる、相手キャラが踏まれてジタバタしているなど、技名とは裏腹に見た目が非常にコミカル過ぎて一種のネタになった。
ただお世辞にも性能が良いとは言えず、投げ判定の技の為に空中の相手には掴めず、飛びかかる速度もゆっくりなために「見てから迎撃余裕でした」とばかりに潰されがち。
ねらいどころとしては、起き上がりに烈風拳を重ねて時間差で出すぐらいだが、これも確実ではない。

その一方でボス版のオメガ・ルガールは歴代でも非常に凶悪な性能を持っており、殆どの通常飛び道具を打ち消すグラビディスマッシュ、超強力な対空技ダークジェノサイド、画面を七割くらい瞬間移動して攻撃するバニシングラッシュ等、食らってもガードしても受けるダメージが半端では無い。特にバニシングラッシュは連続HIT終了前にルガールの硬直が解けるので、もう1回出すと連続HIT。そのまま連発しているだけで簡単に永久パターンになる。CPUはそんなことしてこないので安心だが、プレイヤーが使ったらヤバすぎる。

カプエスでは性能があまり良くない。カプエス2ではダークスマッシュ等で攻撃力が上がった。しかしゲージ依存が激しい為大将に向いていると言える。

KOF2002では、一部技を追加しただけであとはあまり変わらない。余談だがCPU戦では、K9999の弱割れろォ!を出し続けるとルガールがジェノサイドカッターしか出さなくなる。

2002UMでは、全ての超必殺技にどこでも判定が付いて凶悪性能に拍車を掛けている。その上攻撃力・防御力共に高めに設定されている。

その他・余談

・名前の元ネタは「宇宙戦艦ヤマト」のルガール。ハイデルンや「96」のラスボスのゲーニッツもヤマトのキャラから名前をとっている。

・実は「94」でギースとクラウザーと組ます予定だったが、スタッフがルガールを推したためオジャンとなった。

・余談だが、彼の苗字「バーンシュタイン(Bernstein)」は英語とドイツ語の発音が混ざったもので、英語読みに統一すると「バーンスタイン」、ドイツ語だと「ベルンシュタイン」となる。

・初代KOFにおいて、ルガールのもとまで進めると銅像に囲まれた彼の姿が描かれているが、その銅像の中にどこかで見た事ある人々の姿が…
その内一人とは、後年共演した際に特殊イントロとして扱われている。
またなんでもありの某ゲームでは運送屋の社長というネタキャラとして描かれており、結構人気が高い。

オメガ・ルガール
教官誕生日おめでとう!


ひとをのろわばあなふたつ



関連動画

決着R&D

KOF'94において、本気を出したルガールとの最終決戦。KOF'98でもこのBGM

ギターとオメガとルガールと

KOF'95、オメガルガール戦BGM

Last Dance

KOF2002でのBGM

Unlimited R

KOF2002UMでのBGM

関連タグ

ルガール オメガ・ルガール ゴッド・ルガール
KOF アーデルハイド ローズ(ローズ・バーンシュタイン) マチュア バイス オロチ
ジェノサイドカッター

ルガール運送 社長

pixivに投稿された作品 pixivで「ルガール・バーンシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 369456

コメント