ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「弱いしウザイしその上しつこいし。 生きてる価値あるの? アハハ♪」

プロフィール

格闘スタイル我流(特殊な炎を使う)
誕生日2月14日(17歳?)
出身地不明(フランス育ち)
身長178cm
体重59kg
血液型O型
趣味ネイルアート
大切なもの
好きな食べ物ザッハトルテ(甘いもの)
嫌いなもの面倒な事、興味の無いもの
得意スポーツ無し(面倒なので嫌い)
キャッチコピー嘲笑う火影
CV長代聡之介


人物

『KOF2003』より展開された「アッシュ編(Fate of Ash)」その主人公にしてラスボス
草薙京の赤・八神庵の紫に対抗するものとして泡のような緑炎を操る。
「主人公」ではあるが初登場から周囲を欺き、引っ掻き回し、三種の神器を奪うなど、どちらかといえば悪役のようなポジションとして行動をとる。
前主人公のK’や草薙京と比べるとアンチヒーローである。

性格

性格は飄々しているが、言動や態度は子供っぽく、他人の不幸をヘラヘラ笑って平然としていたり、小馬鹿にするような発言を平気でするなど冷酷な面を持ち合わせている。まためんどくさがり屋で自分の興味がある物しか目を向けない。
時折語尾に「~だヨ」、「~ネ」、「~だよネ」とカタカナになる。

特徴

キャラの特徴としてキモい
これは蔑称等ではなく公式にもアナウンスされている、キモいは公式なのである
必殺技がタメ技。
『XI』まではオーソドックスな構えだったが、『XII』ではドット一新とニュートラルポーズ変更され、両手を腰に当てて相手を見下すような構えとなった。(一定操作がないと人差し指で前髪をクルクルいじり回す)
またストーリー上でとった彼の不可解な行動の数々がそのキモさに拍車をかけている。

アッシュ ちづる



故に、ついた通り名が「主人公(キモ)」。これはひどい。

しかしながら、そのキモさとコケティッシュな言動が相まって「キモカワイイ」と称され、なかなか人気のあるキャラである。
(確かに京やK'と言った旧作主人公に比べると知名度は下がるが、それはアッシュが人気がないというよりは当時のKOFが……

その他に

  • おしゃれ(?)
  • 喜怒哀楽が激しい
  • そばかす・歯を矯正中
当時設定指定に『そばかすと歯の矯正は絶対必要!』と念を押されているほどであった。
なお歯の矯正は「XII」でとれた模様。

アナザーコスチューム(MIA)

アナザーアッシュ
アッシュ:アナザー


KOFMIA

BGM


生い立ちからアッシュ編まで

KOF前
エリザベートとは幼馴染であり、同じ使命を持った一族の末裔であったアッシュは幼少時代に屋敷が全焼し家族をすべて失った。
身寄りのない彼は、ブラントルシュ家に引き取られた。
数十年間、エリザベートと共に暮らしていたが、ある日に忽然と姿を消してしまった。(すでに自分の宿命、運命を察したと思われる)
KOF2003
香港で滞在した際に知り合った旧知の仲であるシェン・ウー、飛賊の生き残りデュオロンとチームを組んで出場する。三種の神器EDでは、オロチを封じようとしていた神楽ちづるから八咫の力を奪い、次は八神庵の力を奪うと宣言し姿を消した。
KOFXI
デュオロンが抜けて代わりにオズワルドが参戦。
EDでは、アッシュの策略にまんまとハメられたシェンとオズワルドがそれを承知で一騎打ちしているうちにその場を離れた。
京&庵チームEDでは、オロチの影響で血の暴走を起こした八神庵から隙をついて八尺瓊の力(+オロチの力)を奪った。暴走した庵の不意打ちで気絶していた京から力を奪わずにそのまま立ち去る。運悪くエリザベート達に遭遇するが、青紫の炎を見せつけた後、奪った八咫の力で逃走した。
KOFXIII
遥けし彼の地より出づる者の一人、牡丹から招待状を受け取り、シングルで参戦。
家庭版のストーリーモードでは大会の裏側で暗躍しており、シュルームとリメロに入れ知恵を与えたり、アーデルハイドにヒントを与えた。
彼の不可解な行動は中ボスの斎祀を倒すと明らかになる。

MIシリーズ

KOF本編とは異なる「KOF マキシマムインパクトレギュレーション"A"」に登場しており、ある頃から香港に現れ、真意が見えない笑顔と金離れのよさから「笑面浪子」と呼ばれている。
ある時アッシュに襲った暴力団を返り討ちにした後、龍とデュオロンのことを探している笑龍(シャオロン)に接触した。彼らを知らないふりをしながら、上海にいるシェンの名を挙げ、それでも手掛かりになければKOFへ出場を促した。
MI2の特典OVA「KOF:Another Day」では三種の神器を手中に収めようと目論むアッシュはサウスタウンを炎上させ京を誘い出そうとしていた。
放火の犯人だと勘違いしたアルバと京が闘っているところを観戦していたが、炎を取り返しに追ってきた庵やハイデルン部隊が介入してきたので面倒事になる前に逃走した。

ネタバレ注意

周囲を引っ掻き回してきたアッシュの本当の目的は「遥けし彼の地より出づる者」達を自らの手で壊滅し、目的達成を阻止するためだった。三種の神器を集めようとしていたのは、最初から彼らをおびき寄せるための作戦だった。
当作の中ボスであり彼の先祖である斎祀を倒すと、彼の背後から力を奪い去り始末した。しかし力を取り込んだときに逆に斎祀が肉体を乗っ取り、ラスボス血の螺旋に狂うアッシュになってプレイヤーの前に立ちはだかる。

アッシュなりの決着

敗北した斎祀は時空の扉をくぐって過去へ帰還しようとするが、アッシュが捨て身の覚悟で斎祀の過去へ帰還することを阻止した。しかしタイムパラドックスが発生したことで斎祀が消滅し、子孫であるアッシュは「この世界に存在しなかった」ことになり消滅した。
アッシュと面識のある人々からは断片的に残っているらしく、エリザベートチームEDでは、シェン、デュオロンからは蟹を食べに行く約束だけが残り、かろうじて記憶が残っていたエリザベートは彼の身につけていたカチューシャを握りしめて涙をこぼしていた。

アッシュ編以降

『XIV』では、バースに魂を取り込まれていたらしく撃破した後、爆散したバースの体から飛び散った魂の中からククリが見つけ出し、記憶が薄らと残っていたエリザベートが気を失っている彼を保護している。
『KOFXIV』のコミック版では最終話にてアッシュが復活した一方で、前大会の記憶が曖昧になっていたことに気づいたハイデルン達がKOFの参加者リストの中に存在しなかった人物として調査することになった。

そして『XV』で再びその姿を現し、チームを組んで出場するようだ。

余談ではあるが、同じくバースの中に取り込まれていたと思われるルガール・バーンシュタインのような所謂「この世界に生まれていたが死んだ」という状態ではなく、タイムパラドックスにより「この世界に存在しなかった」状態になったアッシュがKOF15に登場するということは単純に考えれば「KOF13での一連の出来事が無かったことになる」か「KOFMIシリーズのような並行世界のアッシュがKOF本編世界にやってきた」かのどちらかになってしまう。

そのどちらなのか、あるいは全く別の理由なのかはバースがどういう存在をどういう形で取り込んでいるのかの法則や基準が不明なため現在はどのような説も仮説の域を出ない。
一つだけ言えるのは、バースはKOF世界とは異なる世界の存在である羅将神ミヅキをも取り込んでいるためKOF世界においては存在しないことになっているアッシュを取り込めてもおかしくはないことぐらいである。

Ash KOFXV



関連タグ

SNK KOF 
シェン・ウー デュオロン オズワルド
エリザベート・ブラントルシュ 
斎祀

関連記事

親記事

アッシュ編 あっしゅへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アッシュ・クリムゾン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アッシュ・クリムゾン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1440136

コメント