ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

初出作品KOF2003
格闘スタイルあらゆる格闘技をマスターした総合格闘術
出身地不明
誕生日2月15日
身長183cm
体重74kg
血液型O型
好きな食べ物不明
たいせつなもの不明
嫌いなもの不明
趣味不明
得意スポーツ不明
CV田中哲哉


人物

ザ・キング・オブ・ファイターズ2003』(アッシュ編)から登場する貴族の青年。
初期のボスキャラクターである、ルガール・バーンシュタインの長男。使う必殺技も同じような技を使用する(ただし、ドイツ語読みのルガールに対し、アーデルハイドは英語読みである)。妹にローズがいる。
ファミリーネームである「バーンシュタイン」が明らかになったのは『XI』から。

「スカイノア」と呼ばれる巨大飛行船を所持しており、その内部が『2003』の登場ステージや、家庭版『XIII』の追加ステージとなっている。
性格は礼儀正しく、紳士的で自分に厳しく、騎士道精神旺盛な反面、弱気とも取れる消極的な面があり、気性が激しい妹のローズには頭が上がらなかった。しかし、『XI』のエンディングでは、ローズが今まで闘ってきた相手を愚弄した際に初めて声を荒げ叱責した。
均整の取れた体格で、金髪に赤い瞳、白い肌の貴公子然とした容姿であることが公式ストーリーにて言及されている。服装も含め父によく似たイメージで描かれているものの、その性格や考え方は全く異なる。

ちなみに「アーデルハイド」という名前はドイツ語における女性名だが(略称は「ハイジ」、つまり日本で最も有名なアーデルハイドと行ったら彼女の事である)、ルガールが娘をほしがっていたため用意していたこの名前になったと言及している。本人にとってはコンプレックスでもある。
父と大いなる因縁があるハイデルンの亡くなった実娘は「クララ」という名前であり、そういう意味で対となる名前である。
なお、実際の発音は「アーデルハイト」が最も近い。おそらくこれは元ネタがそのように呼ばれていたためと考えられる。

『2003』では、中ボスであるKUSANAGIをある条件で倒した場合、ラスボスの一人として登場。続く『XI』でも途中から使用可能なタイムリリースキャラクターとして登場した。アッシュ編最終章の『XIII』では操作キャラになっていないどころか名前すら出てこなかった。家庭版『XIII』ではサブキャラクターとしてストーリーモードのデモに出演しており、アッシュから助言を受けた後、ハイデルン達と協力しスタジアムの地下に隠された儀式の間を捜し出した。また、追加ステージの背景にもこっそり映っている。
その後は、ローズが牡丹に操られてどうのこうのと言う伏線も斎祀と共に霧散してしまった。

実父との因縁や若さゆえの不安定さ、容姿、父と同じ技を使うなど、どことなくロックを髣髴とさせるところがある。

ルガールとの関係

技や風貌、戦闘ステージの背景など、ルガールとの共通点が多くあり、アーデルハイドが語る「父」の特徴がルガールを思わせる内容など、登場初期から関係が示唆されていた。しかしながら、明確に父であるかは触れられておらず、当初はファミリーネームも明かしていなかった。
その後、『XIII』のバックストーリーにて、ローズが「ルガールの娘」だと名言した。これにより(
『2003』のバックストーリーでは、父の思想、立ち振る舞いなどを好んでおらず、また父と似通った面がある妹に複雑な感情を抱いていることをハイデルン(このときは「ヘビシュタイン」と偽名で名乗った。)に語っている。
ハイデルンはこの会話の最後で自身の名前を明かしており、おそらく本編の段階ではアーデルハイド本人もハイデルンの立場や過去、父との関係を把握しているものと思われる。

関連タグ

ルガール・バーンシュタイン ローズ・バーンシュタイン アーデルハイド

ロック・ハワード:世界的大悪党の父親を持つサラブレッド繋がり。父親と同じ技、父親を全く快く思っていないところも共演する。

関連記事

親記事

アッシュ編 あっしゅへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アーデルハイド・バーンシュタイン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アーデルハイド・バーンシュタイン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62395

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました