ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゴッド・ルガール

ごっどるがーる

「CAPCOMvs.SNK2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001 (以下CvS2)」に登場した、KOFキャラクター「ルガール・バーンシュタイン」の変異体である。
目次 [非表示]

「進化の権利を行使できるのは、選ばれし者のみ…それが私だ!」


概要編集

CvS2において、隠しボスとして登場。

ミリオネアファイティング2001決勝戦直後、大阪城天守閣豪鬼と雌雄を決したルガールが、豪鬼を破り、さらにその際に豪鬼の持つ『殺意の波動』の力を吸収。

暗黒パワー』そして『殺意の波動』の両方を手に入れ、驚異的なパワーを得たことでこの姿となった。(逆に豪鬼が勝つと、豪鬼が死に際のルガールによって刺し違える形で暗黒パワーを注入され神人豪鬼【しんごうき】となる)

神人豪鬼と違い自分の意思で異なる二つの力を融合させたためか、意識を保っており普通に会話も可能であるが、『殺意の波動』に呑まれているような節も見受けられる。


通称GルガールGルガ。海外版ではゴッド表記に問題があるのか、アルティメット・ルガールとなっている。


タキシードの肩巾やワイシャツに破れが見られ、画面奥側の片手は血に染まっている。


髪は白、肌が赤褐色に変色。


目も殺意の波動によって真紅に発光しているのだが、元々隻眼である筈なのにこの形態の彼は両目とも同様に紅く光っている

この体となった際にゲーニッツ奪われた右眼球が再生されたのだろうか。

あるいは、「全てが見える。原子の理さえも」と勝利台詞で発言している事からも、最早健在の左眼球すら必要無い様な、肉体的ではない仕組みの『視覚』を両眼窩に獲得している可能性もある。


ラウンド開始時の登場パターンとして、敗北した豪鬼の体を片手で放り投げるCPU専用の演出も存在。勝利ラウンドでタキシードワイシャツを破る演出もあるが、この際に彼の胸に豪鬼の象徴である【】の文字が浮かび上がる。(ただし、字体はかなり荒々しい)


性能編集

KOFシリーズでのボスとしての登場時と同様に、その脅威的な戦闘力は健在。

通常版ルガールと比べると、歩行速度が異常に早く、飛び込みの高さも低い。

素早い突進投げのルガールエクスキュージョンが使用可能になっており、ジェノサイドカッターに無敵が付く、カイザーウェイブの溜め時間が短くなるなどパワーアップ。


さらに豪鬼の『阿修羅閃空』や『瞬獄殺』までも完全にコピーし、己の技として体得。(技名は『ゴッドレーン』と『ラストジャッジメント』に変更)

ラストジャッジメントでKOした際には、画面に「天」の文字が浮かび上がると共にマッスルポーズを決める。

また専用ゲージ全消費超必殺技として、相手を胴に貫き手を突き入れたまま頭上高く掲げ、そこに上向きのエネルギーの奔流(ぶっちゃけオロチ勢に壁や地面に叩きつけられた時とかに出る、ドクロがコンニチハしてくるアレ)をブチ上げまくる『G・エンド』という見た目も威力もエグい技も編み出しており、その際の「君の死に場所はここだ…!」は「勝利など容易い」と並んでゴッド・ルガールの代名詞的な台詞ともいえる。


対戦でプレイヤーキャラとしても使えるが、その際にはステータス全体が大きくグレードダウン。CPU特有の異常な攻撃力補正が無くなり、体力も通常版ルガールの6割ほどしかない。


余談編集

パワーアップの演出の一環として台詞にエコーが入っている。

……が、この影響で空耳がひどい

主なものは以下の2つ。

  • 審査員カッター」(ジェノサイドカッター)
  • 送料などが安い」(勝利など容易い)

特に二番目に至っては、ルガールの代名詞の一つである、相手を掴んで壁にぶつける投げ技 (通称:運送技・運送投げ)『ギガンティックプレッシャー』の影響もあってルガール運送という一大ジャンルを確立してしまった。

・・・・すごい漢だ。


ただしルガールから見れば許しがたい存在らしく、対戦でルガールが勝った場合はこの勝利台詞が用意されている。


あいにく許してはおらんのだよ。無粋極まるニセモノの登場など!!


関連タグ編集

pixiv内ではルガールルガール・バーンシュタインとして描かれていることが多い。


CVS KOF ルガール・バーンシュタイン ルガール

豪鬼 神人豪鬼 コラボ


結末(ネタバレ注意)編集

プレイヤー側に敗北しても結局それすら本気ではなかったのかすぐに立ち上がり、渾身のパワーによる一撃(カイザーウェイブか同系統のものと思われる)で全てを終わらせようとするが、そこでパワーを完全に掌握していた筈の肉体の内側より声が…


「…タリヌ…」


「…ソノ器デハ、タリヌ…」


「キサマノ自我ノミデハ、タリヌ!」


制御出来ていた筈の力が突如として体内より噴き出してルガールを包み込み、それが晴れた時には…


…その肉体は打ち倒され死亡した筈の豪鬼(あるいは豪鬼に瓜二つの何か)にとって替わられていた。


その人物は「我…何者にもあらず…境地、彼岸にも此岸にもあらず…」という言葉を残しながらそのまま二度目の炎上を迎えた大阪城の炎の向こうへと歩み去って行った…



どういう意味なのか今をもって尚詳細が語られていないこの演出であるが、考えてみればオメガルガールの姿になっても尚御する事に失敗して消滅する羽目になった暗黒パワーに加えてあのリュウですら制御しきれず暴走させてられてしまう殺意の波動という『格ゲー界2大制御激ムズパワー』とも言える2つを、ナンボ肉体が人外に格上げされているからといって生身で2個持ちするなんて事自体が土台ムチャ過ぎる話であり、どんな結末になろうかなんてわかったものじゃなかったと言える。

実際に、既に殺意の波動の制御に成功している豪鬼ですら、神人豪鬼になった際には流し込まれた暗黒パワーの影響でまともな言葉を発せず、いつ崩壊してもおかしくないギリギリのラインでバランスを保っている非常に危険な状態であった。

関連記事

親記事

ルガール・バーンシュタイン るがーるばーんしゅたいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26686

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました