ピクシブ百科事典

神人豪鬼

しんごうき

カプコンの格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズのキャラクター「豪鬼」の派生キャラクター。 『CAPCOM vs SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001』の隠しボスであり、ルガール・バーンシュタインに暗黒パワーを注入されたことで暴走した豪鬼。

神人豪鬼とは、『CAPCOM vs SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001』に登場した豪鬼の派生系の一つである。

概説

初出は先の『CVS2』。
ゴッド・ルガールと双璧を成す、当作の隠しボスの一人として登場する。

プレイヤーがトーナメントを勝ち進んでいく間、大阪城ルガール・バーンシュタインとの「死合い」を制した豪鬼が、敗北を悟ったルガールの最後の悪足搔きによって暗黒パワー(オロチの力)を体内に注入され、殺意の波動」と「暗黒パワー」のせめぎ合いによって変貌した姿
人類の破滅を願うオロチの力に引っ張られるせいか、普段以上に加減が効いておらず、暴走気味で荒々しく昂ぶっている。

神人」は正しくは、」の下に「」を無理矢理ねじ込んだような外字(創作漢字)であり、便宜上として「神人豪鬼」もしく「神豪鬼」と表記される。

真豪鬼のように、肌は赤銅のように赤み掛かり、さらに髪は白髪化している。
登場時には、背中に向かって暗黒パワーが宿るパターンがある。
また「瞬獄殺」や、本形態で初実装された「」でトドメを刺すと、背景に「天」ではなく先の外字が表記される。道着の背面に浮かぶ文字も、同様に「天」から「神人」になっている。

基本は豪鬼と同様だが、「百鬼襲」並びに派生技は丸々使えなくなっている。
どの技も高性能で、硬直が短くガードをさせて有利に働く技が多い。特に空間制圧能力が図抜けており、当たり判定の大きいキャラクターは、空中から波動拳を連射する「斬空波動拳」を連発されるだけで封殺される危険に見舞われるほど。
何より攻撃が非常に重くスーパーコンボ一発で体力ゲージの大半を持っていかれるほどの高火力を有する。どれだけ追い詰めようと、油断した隙に「瞬獄殺」や「禊」をぶち込まれようものなら、その瞬間に敗北を喫してしまう危険さえある。

プレイヤーキャラとしても使用できるが、その際には火力は並程度に収まる。そして体力をほぼ半分に減らされて神ならぬっぺらとなってしまうため、ちょっと威力の高いコンボを貰うだけであっという間に敗北の危機に瀕してしまう。
ただ、技の性能自体はそのままなので、上手く立ち回って攻め続けることを要求されるハイリスクハイリターンな仕上がりとなっている。

」を初披露した形態であり、そのインパクトからクロスオーバー作品では神人豪鬼でなくとも、禊を繰り出す作品が散見されるようになった。

後に『カプコンファイティングジャム』でも、隠しボスとして登場。
自身の専用エンディングでは、地球に迫った巨大隕石を「大赤焉」という技で粉砕するというとんでもないポテンシャルを見せつけた。
しかも地上から宇宙へ一直線に跳び上がり、大気圏を突破して破壊しているのだから、本気で人外の領域に突入している。


ちなみに――

豪鬼(ブリス)


何を隠そう、この神人豪鬼のミッドナイトブリスされた姿がメイド豪鬼だったりする。

関連タグ

豪鬼 真豪鬼
殺意の波動 オロチ(KOF)
暴走

狂オシキ鬼 …… 後年に登場した豪鬼の暴走形態。ネタ元として参照されたのか、類似点が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「神人豪鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 823

コメント