ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

KOFシリーズに登場するルガール・バーンシュタインがオロチの血を取り込んだ姿、『'95』などのラスボス、『'98』ではラスボス且つルガール・バーンシュタインのアナザーキャラ。

ちなみに『'95』のみ中黒がないオメガルガールと表記される。


Boss Syndrome Omega Rugal

初出の『'95』では上半身裸で白目を向いており、如何にも正気を失くしたような有様だが、この状態でも表面上紳士的な部分は変わっておらず普通に会話もしている。


KOFシリーズではもっぱらこのオメガ・ルガールが出演しておりノーマルな状態のルガールの出番はほとんどない。

元々は重傷を負った自身を改造した姿なのだが、『'98』などでは機械化していた部分は存在しない。


2002』ではネスツの技術力でパワーアップしたという設定。登場時のみ機械に接続されたマントを着込んでおり、カイザーウェイブを使う際に背中から機械がせり出す描写がある。


決着R&D -KOFXV-

XV』ではバースの影響により復活した。『'98』『2002』は個別ストーリーがないドリームマッチ作品なので、正史で復活するのは『'95』以来となる。『XIV』のエンディングで「死者が復活する」という伏線が張られて真っ先に帰ってきそうだと思われた男だろう。

同作ではノーマルなルガールが登場せず、ボス仕様ではない「プレイヤー仕様にデチューンされたオメガ・ルガール」を初めて使用可能になった。

ボス仕様では『2002』の登場時に着ていたマントを着用したまま戦い、撃破することでプレイヤー仕様でもコスチュームを変更可能になる。


結末編集

プレイヤーに倒された後、2種類の結末を迎える。

『'95』『2002』:オロチの力に体が耐えきれなくなり消滅エンド。

『'98』『2002UM』:『'94』のエンディングと同じように自爆スチッチを押して自爆エンド。

※『'98UM』ではデモ自体はなくすぐにスタッフロールに移行する。


使用技編集

『'95』では純粋に『'94』ルガールの強化版であり、超必殺技のギガンテックプレッシャーが追加されたのみ。


『'98』ではプレイヤー仕様の通常ルガールと差別化がされ、烈風拳とカイザーウェイブ、ゴッドプレスを使わず、カイザーウェイブのように溜められるが溜めの最中はバリアのように展開される上に当然のように相手の飛び道具は貫通するという強力な飛び道具のグラビティスマッシュと超高速多段かつガードされても画面端じゃない限り離れるから隙の少ない突進技のバニシングラッシュといった上位互換のような凶悪な技を追加。ジェノサイドカッターも強化されたダークジェノサイドに変更。さらに 新たな超必殺技としてデストラクション・オメガとルガール・エクスキュージョンが追加された。


『2002』では『'95』をベースに新必殺技のビース・デストラクション、『'98』から登場のデストラクション・オメガ、MAX2のカイザーフェニックスが追加されている。

代表技であるジェノサイドカッターも敢えてカス当たりをさせることで追撃可能状態で浮かせることが可能で、追撃のゴッドプレスで簡単に画面端に追い詰めることが可能など『'98』以上と言うべき強化がされている(名称はあくまでジェノサイドカッター。というよりも『'98』のオメガ以外はダークジェノサイドの名称が使用されていない)。


『XV』では『'98』をベースとしているが、グラビティスマッシュが無い代わりに烈風拳と目からビームを出す新技のバイオレントレイを上下に撃ち分けられる。もう一つの超必殺技も『'98』に登場した2つではなく目からビームを出す新技のデスペレイトレイ。


関連タグ編集

ルガール・バーンシュタイン KOF

ゴッド・ルガール - カプコンとのクロスオーバー作品に登場。殺意の波動を取り込みさらにパワーアップした姿。

関連記事

親記事

ルガール・バーンシュタイン るがーるばーんしゅたいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40630

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました