ピクシブ百科事典

ユリ・サカザキ

ゆりさかざき

ユリ・サカザキとは『龍虎の拳』、『キングオブファイターズ』の登場人物の一人。
目次[非表示]

こう見えても私だって空手の達人なんだからね

プロフィール

格闘スタイル極限流空手(ただし彼女なりにアレンジされている(龍虎2)or少しだけユリ流アレンジ(MI))、+自己流アレンジ(KOF2003)
出身地日本
職業学生
誕生日12月7日
身長168cm
体重
  • 50kg(龍虎2、KOF94~97、MI)
  • 53kg(KOF98、2003、XI、XIII)
  • 54kg(KOF99~2002)
スリーサイズ
  • B82・W56・H80(龍虎2、KOF94~98)
  • B84・W56・H82(龍虎外伝)
  • B82・W58・H86(KOF99~2002)
  • B85・W58・H86(KOF2003、XI、XIII)
血液型A型
宝物、大切なもの友達、お父さん(そう書けと本人に言われた)、ママの形見のイヤリング(またはママの形見のパールのイヤリング)
好きな食べ物自分の作ったもの(2)、甘口カレー('94)、梅干し(自家製)('99)、かす汁('2002)、ショートケーキ('2003)
嫌いな食べ物人が作ったもの(食べるけど…)
嫌いな物タコ、もしくはタコみたいな人('94)、Mr.カラテ('98)、優柔不断な男('99)
趣味カラオケ('94)、新しい料理の研究(MI)
得意スポーツソフトボール
好きな音楽ジャンル演歌以外
好きな言葉一生懸命
家族構成タクマ・サカザキ(父)リョウ・サカザキ(兄)
好きな異性のタイプ背が高くって、かっこよくて、スポーツマンで、面白くて、私の事を大切にしてくれる人、なんてね!よくわかんないっす
尊敬する人物お父さん(タクマ)、お母さん(ロネット)
ライバルお兄ちゃんロバートさんかな?(笑)
CV


概要

SNK格闘ゲーム龍虎の拳」の初代ヒロイン。
「龍虎の拳2」ではまさかのプレイヤーキャラとなった。「龍虎の拳外伝」ではNPCでストーリーモードに出演している。

KOFシリーズでは女性格闘家チーム極限流チームのメンバーとして登場する。

生い立ち

【幼少期】
ユリは父タクマ、母ロネット、兄リョウの4人家族だった。しかし、リョウ10歳の誕生日に悲劇が起きる。
サウスタウンへ出かけていた両親の乗った車にトラックが追突してきたのである。
ロネットは即死だった…タクマはこの事故の真相を究明するため失踪してしまう、置手紙を一枚残して…

「リョウへ ユリのことを頼む 父」

幼いユリには事情が飲み込めず、ただ両親がいなくなった悲しみに暮れるだけだった。
それからは兄妹二人暮らしとなり、リョウは幼い妹を養うためとにかく休みなく働いた。

【龍虎の拳】
17歳JKになったユリに魔の手が迫り、リョウの留守中に拉致誘拐されてしまう。 
実はギース・ハワードとタクマの接触を危険視したMr.ビックがタクマを従わせるためにユリを誘拐したという。

格闘家として

初代「龍虎の拳」では、格闘経験などまるでない普通の女学生だったのだが、それ故に誘拐されてしまった事を恥じた結果、護身術の習得も兼ねて極限流空手を父から習う事になる。
キング同様脱衣KOが存在する(しかもユリの場合、パーフェクト勝利した場合もなぜか自主的に脱いだりする。)。

わずか1年程の修行で覇王翔吼拳まで会得し、オリジナルの技まで習得してしまったのだから、その才能には驚かざるを得ない。
しかしその一方で、何度も挫折を経験して強さを磨いていったリョウとは対照的に、才能に恵まれすぎて格闘家としての挫折を殆ど知らないユリは、危ういと言えるまでに自信過剰となってしまっており、『龍虎2』との掛け合いでも、明らかに格上と言える相手に対して殆ど臆する事無く不遜な態度を取っている。それが大きく災いしてか、『外伝』ではワイラーの配下であるシンクレアに、病院へ搬送されてしまう程の怪我を負わされている。
ユリ本人としては、リョウやロバート、タクマから一人前の格闘家として認めてもらいたいと思っているらしいのだが、格闘技を始めてから僅か数年である以上、認めてもらえないのも仕方が無いとも言える。
KOFシリーズの作品
『KOF』シリーズでは、修行こそ怠っていないのだが、基礎練習よりもアレンジ技の考案や習得の方に夢中になっているという、努力の方向性を間違っている部分が目立ち、リョウやタクマからは叱責され、ロバートからも黙認されつつやはり心配されている。
加えて近年では、一部の対戦相手からも勝利メッセージで「基礎がなっていない」、「一撃が軽すぎる」と厳しく指摘されてしまったり、極限流の打倒を狙う如月影二藤堂香澄からも「極限流の亜流」扱いされ、「才能は恵まれているが、努力の方向性を間違った半人前な格闘家」のイメージがすっかり定着してしまう事に(下手すると、CAPCOMのアレよりも酷いとまで見なされている)。
しかし、本人はいくら指摘されても変える意志は無いようで、彼女が一人前の格闘家になれるのはまだまだ先である模様。

KOFXIVコミック版のユリはリョウ、ロバートが長年かかった龍虎乱舞を1年足らずで習得らしく、一度を見た技をほとんど完璧に模倣できる才能が持つが彼女とっては悪いクセで、リョウ曰くなんでも模倣できるからすぐに気移りする技が極まっていないために技が軽すぎるという致命的な弱点をもっている。

性格

1作目と2作目で性格もだいぶ変わった。
…と思われたが、実は龍虎の拳2でのおてんばがユリ本来の性格で、初代龍虎の拳では命を守るために大人しくしていたと、SNKから公式のアナウンスがされている
「龍虎の拳外伝」では初代と2のイメージを程よくミックスして描かれている。

KOFシリーズでは94、95の頃は龍虎の拳2に沿ったキャラ付けであったのだが、96以降は唐突にカプコン、アニメのパロディネタを投入され、色々はっちゃけてしまった。

カプエスでは、登場デモではフェリシア、まことの動作とセリフを真似ている。火引弾との専用の掛け合いがある
サガットからは「半端にかじった技」と苦言を呈されている。

作中のビジュアルから台詞までユリの皮を被った別の何かとまで言われてしまった『KOF2001』のユリは当時炎上した。やりすぎであった。(まあ、01はユリに限らずだが)
加えて安易に語尾に「~ッチ」と付けていた一時期のKOFのキャラニュアンスからアホの子扱いされてしまうことがある。

ゲーメストコミック「KOF94外伝」ではユリが主役となっており、キング、舞と共に「女性格闘家チーム」を結成してKOFに出場した彼女が多くの格闘家と出会いながら成長していくストーリーとなっているが、一方のKOFXIVコミック版では中国チームの明天君との対戦ではシュンエイとタンの技をアレンジした模倣技で戦うが技が極まっていないせいか明天君には通用しなかったうえに超必殺技「超撃放」で敗北という咬ませ犬の扱いとなっている。
試合終了後は、ロバートとともにタン達をタクマが経営している極限焼肉に招待しようとしたが経営にかまけて修行を怠った二人を山籠もりに連れて行こうとするリョウから逃走した。

髪型・コスチューム遍歴

コスチュームは『龍虎の拳』で着用しているものと同じスタイルで作品を通して大きな違いがないものの、スニーカーやグローブのデザイン、ソックスの長さなど細かなバリエーションが多い。

  • 龍虎の拳・初期KOF・カプエス

ユリ・サカザキ
Sakazaki Yuri


ユリサカ


ウェーブがかかった長髪を下の方で三つ編みにしている。
リョウやタクマと同じ極限流道着だが汗臭さを嫌った彼女が女子ぽくアレンジ。

  • KOF99~XI

ユリ サカザキ
センシティブな作品


普通の三つ編みに、スニーカーが変更。

  • KOF13~14

坂崎百合


KOF13ではショートヘアとなった。
(13では三つ編みを選択可能。カラーリングによってはスパッツになったりパンツになったりする。)

よゆうッチ

ユリ・サカザキWIN!


ユリを代表する決め台詞、勝利ポーズ。画面に向かってサムズアップしながら「よゆうッチ」と笑顔をみせる。
(言うまでもなく、火引弾の「よゆうッス」はこれが元ネタである。)

なお、「龍虎の拳」では顔にダメージを食らうと顔面のビジュアルもボコボコになるため、場合によっては、このセリフがまったく説得力のないことになるが、それも健気でよろしい。

センシティブな作品


(ユリの場合、女性キャラなのでボコボコといっても表現は控えめであるが、ジョン・クローリーの「口ほどにもない!」は目も当てられない有様になる。)

ブラコン…?

リョウ程ではないが、彼女にはブラコン疑惑が付きまとっている。
キングに、リョウとの結婚を勧めたりするなど、一概にはブラコンとは言い難い。
…のだが、彼女の好物「甘口カレー」は、辛口が食べられないユリの為にリョウが作ったもので、以降カレーは甘口しか口にしなかったり、更にはユリが窮地に陥った時に、「お兄ちゃんに言いつけてやる~!!」と言って逃げ出したりという場面が描かれていたり、酒に酔って近くにいたテリーをリョウと間違えた挙句、「お兄ちゃんのこと大好きだよ~」とのたまったり…
どう考えてもかなり重症に近いブラコンです。本当にありがとうございます。

永遠の20歳

年齢は『龍虎の拳2』の時点で18歳。
KOF94で19歳、KOF95で20歳となり以降は年齢が固定されている。(ユリに限った話ではないが)
相応に年齢を重ねた姿が描かれ、プレイヤーキャラにまで昇格したリョウやロバートに対してユリは永遠の20歳のまま…と思われたが、『餓狼MOW』のイメージイラストで描かれた極限流のポスターの中で、相応に年齢を重ねたユリの姿が描かれている。
持ち前の明るさは鳴りを潜め、落ち着いた感じの美女となっている。

ドット絵45「龍虎ファミリーMOW」


補足しておくと『餓狼伝説』と『龍虎の拳』は時代設定に10年以上の開きがあり、さらに『餓狼MOW』はテリー・ボガードが35歳になった時代である。
つまり、この時代のユリの年齢は低く見積もっても4…

余談

  • なお、アニメ版の声優と『龍虎の拳2』のCMでは、当時アイドルであった濱崎 歩(現:浜崎 あゆみ)がユリ役を演じていた。ただし、浜崎がメジャーな歌手となった今日、この件に関して浜崎サイドから言及されることは一切なく、DVD版ではユリの声がゲーム版の声優に差し替えとなっている。
  • ちなみにキャラクター名の誤植・改変が著しいコミックボンボンで連載されていた所謂「ゴッセージ版」では、「マリ(・ナガサキ)」にされている…ダリナンダアンダイッタイ。
  • 「ユリ、またさらわれる」

ザウルスの怪作『クイズキングオブファイターズ』では、「お兄ちゃん!クイズシティが危ないわ!」という謎の言葉を残して再び失踪。謎の組織「Q」によって拉致されてしまう。


関連タグ

龍虎の拳 リョウ・サカザキ ロバート・ガルシア タクマ・サカザキ Mr.BIG キング 藤堂香澄
KOF 不知火舞 四条雛子 メイ・リー
覇王翔吼拳 空手 空手少女 三つ編み 飛燕鳳凰脚

関連イラスト

センシティブな作品
ユリ
余裕ないっち
<修正再うp>『見かけは大人、頭脳は子供』、その名は…
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

龍虎の拳 りゅうこのけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリ・サカザキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10023344

コメント