ピクシブ百科事典

タクマ・サカザキ

たくまさかざき

タクマ・サカザキとは龍虎の拳シリーズの登場人物。漢字表記では「坂崎拓馬」
目次[非表示]

プロフィール

格闘スタイル極限流空手
出身地日本
誕生日2月4日
身長180cm
体重
  • 70kg(龍虎2、KOF94~98)
  • 88kg(99~XIII)
血液型O型
趣味ソバ打ち
職業極限流空手の師範
家族構成リョウ・サカザキ(息子)、ユリ・サカザキ(娘)
大切なもの二人の子供、門下生、極限流空手
好きな食べ物白米、味噌汁、青粒、酢大豆
嫌いな食べ物フランス料理のような高級なもの(緊張するから)
嫌いなものヘビ
好きな音楽演歌一筋
得意スポーツ格闘技全般
ライバル自分自身
好きな言葉百戦錬磨
キャッチコピー
  • 極限流の偉大なる父(龍虎の拳、XIII)
  • 剛拳(KOF98)
CV貝出啓(龍虎の拳)、津田英治(龍虎の拳2~KOFXIII)、大塚芳忠(電撃文庫ドラマCD「KOF94」)、丸山壮史(KOF ALLSTAR)


このワシとて未だ道なかば… 貴様等も精進せいっ!

人物

リョウ・サカザキユリ・サカザキの実父であり、極限流空手の創始者。
リー・パイロンの師であるリー・ガクスウとの死闘で、胸部に大けがを負った事もあり全盛期の強さこそなりを潜めているものの、その強さはヤバいを通り越してヤヴァいレベルで、全力の覇王至高拳で軍事衛星から放たれたレーザーキャノン砲のエネルギーを一方的にかき消すほど。(後にKOF作品で超必殺技として登場)
近年のKOF作品でこそ「ヘンなオヤジ」のイメージが強くなっているが、上記のセリフや「ライバル:自分自身」と言う点からから分かるように、本来は非常に求道的な人物。
大門五郎からは流派こそ違えど、「師範」と慕われている事からもその本質的な人物像をうかがい知れる。

フランス料理のような高級料理を嫌いな食べ物に挙げているが、理由は味ではなく前に出されると緊張するからである。

天獅子悦也の漫画版『龍虎の拳2』では欧米人とのハーフではないかと推測されており、当時としては大柄な体格や息子のリョウが金髪である点等が根拠としてあげられている。
さらに「純粋な日本人でないコンプレックスから日本の伝統武道である空手にのめり込んでいったのでは」と考察されている。

『龍虎2』では上半身裸だが、『KOF』シリーズでは大門五郎と外見が被るという理由で道着を着ている。

交友関係

交友関係が多く、テリーアンディの養父であるジェフ・ボガードやの父草薙柴舟とは知り合いである。
ハイデルンとは大会でしか会ったことしかないが、柴舟の行きつけの飲み屋で偶然ハイデルンと出会い、そこで意気投合してからの付き合いとなり、そこから「98」での親父チーム結成となったのである。
ハイデルンとは何について意気投合したかは不明である、なんか気になるわぁ~。

来歴

龍虎の拳及び餓狼伝説の主舞台となるサウスタウンに移住する前から名のある格闘家で、様々な流派を独学で学ぶうちに八極聖拳(タン・フー・ルーが創始し、テリー・ボガードのスタイルのベースとなった流派)とは異なる『気』の力を操る極限流空手を生み出す。
その後世界を渡り歩き(この時にロバート・ガルシアの父と知り合い、後にロバートが入門するきっかけを生んでいる)、サウスタウンに定住するように。
しかし妻・ロネットをひき逃げで殺害され、自身への恨みによるものと感じ取ったタクマはリョウとユリを置いて失踪する。この時リョウは10歳。ヒデェオヤジだ
その裏には極限流空手の軍事的利用を目論んだMr.BIGとの確執があり、その後ユリが誘拐される原因を産み、10年ぶりに息子と再会するも実父として接することは叶わず、父子で凄惨な闘いを繰り広げる悲劇を呼んだ。

翌年行われたKING OF FIGHTERSで現役を退き、後進の育成に勤しんでいる。

どうしてこうなった・・・硬派なオヤジから変なオヤジへ

上述のように龍虎の拳シリーズでの硬派な親父から一転、変なオヤジ化してしまっている。
主なものとして

  • 趣味はソバ打ち。少しでも褒めると調子に乗って一日中ソバづくしにされるため、サカザキ家では「ソバ」は禁句となっている。
  • 常軌を逸した厳しさによる弟子離れが原因で一家揃って極貧。そのせいかタクマが打ったソバが毎回のように食卓に出る。
  • 「95」のEDで「龍虎2」の自身のEDと同じく現役引退を宣言しているが、実際は「裏館長として裏から仕切る」という意味の引退であり、ネスツ編第一章の「99」にてたった4年で現役復帰した(正確には「98」から復帰しているが、同作はストーリーなしのドリームマッチであるため)。
  • 弟子が一向にできないこともあって後継ぎ探しに真剣になり、リョウとキングを強引にくっつけたがっているが、うまくいかない。「XI」ではそれが顕著になり、遂にキングの逆鱗に触れる。
  • 「96」「97」のEDではMr.カラテ名義で登場。後者では「龍虎1」終了直後に自ら正体を明かしているにも関わらず「今まで自分が誰だか知らなかっただろう」とのたまっており、リョウ、ロバート、ユリに呆れられる。ゲームボーイの「熱闘96」では条件を満たすとエキシビションマッチで登場する。ちなみにプレイヤーキャラにも条件を満たすと使う事ができ、彼のアイコンはキャラ二つ分と目立ちまくり。
  • 「99」のEDで瓦礫に潰され、死んだと勘違いしたリョウ達に生き埋めにされて、墓を建てられる。
  • 「2003」のEDでは謎の人物から不意討ちをくらい、病院送りになる。「XI」では無事に怪我が完治したが、襲撃事件に関してはうやむやにされている。
  • 14」ではサウスタウンのコンビニ跡地に「極限焼肉」を開店。(ロバートによるとその前は蕎麦屋を開いていたらしい。)EDでは余程道場よりそちらが儲かったのか、格闘ゲームなのに仕入れのコストや経営方針の話ばかりで、格闘家としての話題を出さなくなった。ユリとロバートは乗り気であった一方、リョウとマルコは格闘家としての威厳を無くしたタクマに愛想を尽かし、サウスタウンから出ていく決心をするようになってしまった。
ユリとムイムイの会話では月に一度の「極限焼肉パーティ」なるものが開かれているらしい(SNKヒロインズ参照)
  • なぜここまでダメオヤジ化したかというと、KOFシリーズでの弄りが原因の一端ではあるのだが、そもそも初代龍虎の拳でリョウとユリを置き去りにして失踪した時点で家庭人としては失格。そのうえSFC版EDでは犯人探しに行き詰まり酒とギャンブルに溺れて借金までこさえた(そこをギースとMr.BIGに利用された)という設定まで追加され、完全にダメ人間の烙印を押されていたため。つまりKOFで弄られる前に原作の時点で下地は十分に出来ていたのである。

性能

KOFシリーズにおいては、リョウやロバートらと異なり有効的な対空技を持たないので、切り返しに難がある。よってゲージを利用した行動を多用する事になるので、ゲージが貯まっている状態である事が多い中堅・大将向け。
なお、攻めの場面においては追撃可能な「飛燕疾風脚」を持つので火力の面においては、極限流随一。
父は偉大なのだ

演出面においても息子らとは一線を画しており、中でも極限流最強奥義である「龍虎乱舞」は対空技で〆るのではなく、息子らよりも少ない手数で相手をグロッキー(気絶)状態にし、飛び退いた後に「覇王至高拳」を叩き込むと言う豪快極まる内容になっている(MAX版に至っては3発)。

関連タグ

SNK
龍虎の拳
リョウ・サカザキ - 息子
ユリ・サカザキ - 娘
ロネット・サカザキ - 妻(故人)
ロバート・ガルシア - 弟子
藤堂竜白 - ライバル
リー・ガクスウ - 唯一、引き分けた相手
ギース・ハワード - かつてタクマを部下に引き入れようとした
Mr.ビッグ - ユリを人質に取り、タクマを利用した
ジェフ・ボガード - 知り合い
草薙柴舟 - 友人兼チームメイト]
ハイデルン - チームメイト(親父チーム
良く似た技を使う赤の他人(?)

アナベベ……同じ末路を辿った者

関連記事

親記事

龍虎の拳 りゅうこのけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タクマ・サカザキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203151

コメント