ピクシブ百科事典

アナベベ

あなべべ

キャラクターの名前・愛称のこと。
  1. ジャングルの王者ターちゃんの登場キャラクター。本稿で解説。
  2. アイドルマスターシンデレラガールズの登場キャラクター安部菜々のファンが付けた愛称。詳しくは該当記事参照。


概要

CV:石井康嗣

アフリカでも最強の部族と名高いウポポ族の戦士。身長197㎝、体重130㎏の巨漢
かつてターちゃんヂェーンを巡って決闘したが引き分けに終わり、5年後にターちゃんと再戦を望む。しかし約束の日、激太りしたヂェーンの姿を見て立ち去る(漫画ではターちゃんが「今ヂェーンを引き取ってくれたら大量の食べ物とエテ吉を付けるぞ」と言っている)。
カバアルマジロバーベル代わりに使い、水牛相撲を取る(アニメではアフリカゾウを投げ飛ばしていた)など、アフリカならではのトレーニングで体を鍛えている。
第2部「新ジャングルの王者ターちゃん」ではユンケル帝国格闘トーナメントの優勝賞金で大富豪になってから(アニメではダイヤモンド鉱床を発見してから)はすっかりギャグキャラが板につき、ただのバカスケベヘタレオッサンに成り下がったが、仲間のためになら命を懸けて戦う男らしさを見せた。因みにこの男らしいアナベベと情けないアナベベは魂により目つきが凄まじく異なる例として出された。
シリアス長編では「ゼブラちゃんちゃこりんマン」「まっててコイサンマン」「あたりはずれ江戸っ子破魔矢マン」などといった覆面レスラーとして参戦するが、これは「敗北したら自害せねばならない」というウポポ族の掟から、別人を名乗っているのである。
原作では「ズベタ」という名前のとてつもなくブサイクで強い鬼嫁がいる恐妻家。本来はサリサという美人の恋人がいたのだが、強さこそが価値であり、強い血統を残すウポポ族の掟から、ズベタと結婚せざるを得なくなった。同様に、ウポポ族の強豪の配偶者は、全員屈強かつブサイク。
強さが安定しない事に定評が有り、昔の話とは言え素手の戦いでターちゃんと引き分けると言う大金星を挙げ(アニメ版ではペットシマウマ地上から成層圏までぶん投げていた)ながら、西派のトーナメントでは精神面の弱さがモロに戦績に影響し、一流の格闘家が揃うパンピングアイアンホテルトーナメントでは「大抵の相手には楽勝」と嘯きながら凶器だまし討ちを駆使して挑むなど(一応)表の世界では上位と思わしき戦績だったが、裏の格闘技団体MAX主催トーナメントでは梁師範ペドロと異なりバンパイアの血を飲んでパワーアップしていないにもかかわらず所属レスラーをものともせず勝ち上がっていた(最終的に親MAX派の審判による反則負けで終わるが)。アニメ版ではペドロと共に遥か格上のアイアンマスクに対し掴みかかっていく描写も追加されている。

関連項目

黒人 ネタキャラ 成金

pixivに投稿された作品 pixivで「アナベベ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 399142

コメント