ピクシブ百科事典

SNKヒロインズ

えすえぬけーひろいんず

2018年9月6日に発売された対戦格闘ゲーム。正式名称はSNKヒロインズTag Team Frenzy(タッグチーム・フレンジー)。
目次[非表示]

フェティシズム・・・エクスプロージョン!!

概要

2018年9月6日に発売、SNKどうかしちゃった対戦格闘アクションゲームである。

ストーリー

ある日、何者か(変態砂野郎)によって、あられもない姿に着せ替えられ、趣味の悪い館に閉じ込められたSNKヒロインたち。
彼女たちは館からの脱出をかけて熾烈なバトルを繰り広げる。

なお本作は『KOFXIV』の大会終了後、後日談の設定になっている。

ネオジオポケットでリリースされた「SNKギャルズファイターズ」とタイトルが似ているが、特に参戦キャラクターの一部を除いては無関係。

システム

  • 必殺技がワンボタンで出せるシステムが採用されている。
  • バトルは2対2のタッグマッチ一本勝負を採用。戦闘に参加する『アタッカー』とバックで応援する『サポート』に別れており、交代は自由。ただし体力は共用となっており、超必殺技で倒す『ドリームフィニッシュ』でしか勝利を得る事は出来ない。特殊なアイテムを駆使し、超必殺技へと如何に繋げるのかが勝敗を分ける。
  • デフォルトでは一部を除いて過激なコスチュームとなっている。カスタマイズ機能があり、本来の『KOFXIV』のコスチュームに戻したり、アテナの場合だと赤ビキニを着せたり、眼鏡を掛けたりと思うがままの姿でバトルに参加できる。

キャラクター

1名を除きKOFデビュー順、キャラクター名右隣は担当声優

much more kof


センシティブな作品


センシティブな作品


センシティブな作品


DLCを除くデフォルトキャラの中では唯一『KOFXIV』に参戦していなかった新規キャラクター。

無題。


久々の参戦でKOF97の後は彼女曰く「ざっくり死んでいた」とのこと。

センシティブな作品


センシティブな作品


シルヴィポーラポーラ


センシティブな作品


センシティブな作品


ヒロインズナコ


センシティブな作品


センシティブな作品


ご存知、伝説の狼ことサウスタウンヒーロー。本来は男性だが、砂野郎の圧倒的妄想力によりセクシーダイナマイト化(※肉体のみの変化で、精神はいつもの男性のまま)させられてしまった。(ふぁ○き○ー
デフォルトの姿は『SVC』で某吸血鬼からミッドナイトブリスを受けた時のものに近い。

センシティブな作品


 ⇒公式サイト内 テリー紹介ページ

コラボ・追加キャラクター

キャラ名、担当声優、原作の順に表記する。

ミリアサの主人公の一人。
彼女がこちらに転移すると今度は庵が異世界転移したがそれは別の話。

センシティブな作品


「体が砂まみれに…お風呂に入りたい」

テリー・ボガード同様、彼も本来は男性ヒーローだったが、謎の変態砂男によるイマジネーションパワーにより強制的に女性の姿に変えられてしまったのである、危うしスカロマニア!

スカロマニア


「なんじゃこりゃー!」

『SNKギャルズファイターズ』より謎の女性格闘家。どう見ても、あの、赤毛のバンドマンだが気にしてはいけない。
砂男的には彼女(?)の存在はイレギュラーだったらしい、きっともっと悪い大人達の遊びに巻き込まれてしまったのだろう。

えっくすちゃん


従来通りの女装と女体化、好きな方を選んで遊べ!

ADK『ワールドヒーローズシリーズ』より参戦。
※メーカーADKは既に解散しているが、版権は現SNKが確保している。

センシティブな作品


「やっぱり私が宇宙一の美少女剣士だから連れてこられたのかしら?美しいって罪よね」

ボスキャラクター

CPU専用。本作の黒幕で、女性格闘家達を己の精神世界に閉じ込めた謎の人物。
女体化しているキャラを除けば、本作唯一の男性キャラ。
その正体は謎に包まれている。ということにしておいてください。
奇抜なコスチュームやテリーらの女体化などは全て彼の妄想力が原因である。

SNKヒロインズ


「ここから逃げ出したくば、これから始まる闘いの宴に勝ち抜くことだカス共。」

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

SNK えすえぬけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SNKヒロインズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2240683

コメント